読書通信2017年11月号

■ 環境史観をご存じだろうか。私見によれば地球環境を歴史的に探ることによって文明の特質を解明し、歴史的視点に立った生き方を提示する学問である。その基本には環境考古学があるが、その第一人者による大著、安田喜憲『人類一万年の文明論』東洋経済新報社、2592円)は業界紙に長期掲載された時評から成る。
『一神教の闇』『稲作漁撈文明』『山は市場原理主義と闘っている』など著者の名著のエッセンスに再三、言及しつつ、グローバリズムと市場原理主義を厳しく論難している。一方で、自然と共存するアニミズム文明、資源循環利用、森を守る島国根性、地震予知のための年縞研究、防潮堤より防潮林など話題は多様に広がる。物質文明偏重やマネー至上主義から離れて自然との共生を考えたい人には格好の書である。
■ 個人的には中国・アメリカ産の食品は全面的に遠慮してきたが、奥野修司・徳山大樹『怖い中国食品、不気味なアメリカ食品』講談社文庫、799円)は徹底的に中国の現場を踏んでレポートしていて、どれも驚くべき劣悪さだ。不衛生極まりないだけではない。有害物質に対する観念がまるでない。それを「自分たちが食べるのではないから」と言って製造出荷する。
一方、アメリカ産で怖いのは牛、豚、鶏肉に含まれる化学物質で、特に成長促進のためのホルモン(エストロゲン)が大量に含まれていて、日本では乳がんの激増、成長や生殖への重大な影響が報告されている。もう一つ怖いのはGM作物で、特にGMとうもろこしが加工品に多用されて日本人の体内に入り込んでいるという。
一次産品は気をつけられても、加工品は内実を知りようがない点で、中国、アメリカどちらも怖いと言うしかない。数年前、「週刊文春」に連載され大きな反響を呼んだ記事を加筆して文庫化した本書は、特に若い世代には必読と思う。 続きを読む »

読書通信2017年10月号

■ 「内に立憲、外に帝国」という明治時代に多用されたスローガンは、一見、あの時代を象徴しているように見えなくもない。しかし、坂野潤治『帝国と立憲』筑摩書房、1836円)によると、立憲と帝国はあざなえるかのごとく交互に登場して日本を振り回した。1874年の台湾出兵から日中全面戦争が始まる1937年まで、立憲主義の拡大と帝国主義化が同時並立することはまれで、前者の時代は国会開設、政党内閣制、普選運動、さらには軍拡予算への抑制も働いた。一方、帝国化では日清・日露戦争から日韓併合、満蒙特殊権益へと進む。
問題は立憲の名のもとでの民主主義の定着および抑止力である。本書は「デモクラシーが戦争を抑え込み…発展するという好循環は、リベラルな政党内閣…の下でしか生じない」という歴史教訓を提示し、現下の日本政治を考える上で貴重な示唆を与えてくれる。リベラル派では原敬が「天皇統帥権否認」を、高橋是清が「参謀本部廃止」を主張したという驚くべき事実も知る。原、高橋や浜口雄幸、若槻礼次郎らの政党内閣が実現させた「立憲と非帝国の両立」からは、歴史の「if」が楽しめるだろう。
■ 9条もさることながら個人的には緊急事態条項のほうが心配なのは、首相への権限集中により、国民の権利を縛り奪うことになりかねないだろうから。長谷部恭男・石田勇治『ナチスの「手口」と緊急事態条項』集英社新書、777円)は憲法学者とドイツ史の専門家の懇切丁寧な対談で問題の所在がよくわかる。
この国が危ない、と言われれば、テロやミサイルや震災が迫る中、備えは当然と思ってしまう人もいるだろう。だが緊急事態条項を突破口にヒトラー独裁を実現したナチスの先例を見れば、事はそれほど単純ではない。難しい法律論もあるが、そこは飛ばして読んでもいい。「ナチスの手口に学んではどうか」という政治家に負けずに、こちらもしっかり学ばないと…。
続きを読む »

読書通信2017年9月号

■ 劣化し続ける政治、袋小路の経済金融に企業、脅かされる平和と、石橋湛山の現代的意義が見直される事象ばかりである。「もし今、湛山ありせば」と考えてみることは、私たちに突きつけられた課題を自らに問うことにほかならない。増田弘『石橋湛山』ミネルヴァ書房、3780円)は湛山研究の第一人者による、現時点における最高の湛山論である。
ジャーナリスト、エコノミスト、政治家、思想家としての波乱の生涯を、石橋湛山全集全16巻はもとより多くの文献や証言を駆使して、見事に描き切っている。そしてそれらに挟み込まれた著者のコメントには教えられるところが多い。湛山の言説だけでなくその時代背景や彼を取り巻く人々の動きなどにも光を当てて、充実した明治・大正・昭和史にもなっている。終章「湛山イズム」はその主義主張や行動の基底にあるものを簡にして要を得た分析で締めくくり読者の理解を助けるだろう。400ページ近い大冊だが、一気に読了した(これぞ湛山の魅力か)。本書と湛山の評論集(たとえば岩波文庫)を併読すれば、湛山理解は一挙に進むはずだ。
■ 経済人でこれほど活字好きの人は寡聞にして知らない。読書の傾向もとても個性的だが、その人の読書論が初めて出た。丹羽宇一郎『死ぬほど読書』幻冬舎新書、842円)がそれで、経済人らしい視点がたくさん織り込まれているところが特徴である。旺盛な好奇心が猛烈な読書の原点にあることが浮かんでくる。
読みながら考えることが大事で、ハウツー本やベストセラー本は読まない、本にカネは惜しまない、人を見る目は本で養われる、など本をめぐる多様な生き方、勉強の仕方、見極める力のつけ方などが述べられて、大いに参考になる。ほんとに幸せな人生だなとほぼ全編、同感し、読書のない人生なんてと改めて口走りかけた。
続きを読む »

読書通信2017年8月号

■ 安倍内閣の支持率はつるべ落とし。政策とか理屈よりも、国会答弁の仕方とか、お友だち内閣の惨状とかに対する感覚感情的な批判が強い。こういう人気離反はかなり手ごわそうな気がする。そんな折、古賀茂明『日本中枢の凶謀』講談社、1836円)の熱気にはいささか辟易しながら圧倒された。テレビ中心にメディア関連の話が多いが、とりわけ「報道ステーション」をめぐる古舘伊知郎、官邸、テレ朝首脳の内幕話は自身が絡むだけに真に迫っている。
もとより政権批判はとどまるところを知らず、ここまで言うかと思う糾弾、そしてその根拠たる事実が次々に炸裂する。与党だけでなく、民進党批判も強烈で、白眉は原発マフィアの告発だ。読み進むにつれて、著者にはやはりテレビで批判相手たちと丁々発止の論争をしてもらうのが一番だという気になってくる。個々の論点すべてがそのとおりというつもりはないが、なるほどと思うことの多い告発の書である。
続きを読む »

読書通信2017年7月号

■ 明治29年から120年余にわたり東洋経済がリベラルな立場を(幸運にも)保ち続けられた歴史を振り返るにつけても、日本政治から健全な保守が消滅しかかっていることを残念に思う。その意味で、塚田穂高『徹底検証 日本の右傾化』筑摩選書、1944円)はなかなか時宜を得た企画である。壊れる社会、政治と市民、国家と教育、家族と女性、言論と報道、蠢動する宗教の6部構成で21人の筆者がそれぞれの論点から右傾化の実態を探っている。
■中北浩爾「自民党の右傾化」、竹中佳彦「有権者の右傾化」、清末愛砂「憲法24条はなぜ狙われるのか」はじめ興味深い論文が多く、多様性に富んだ構成だが、さすがに21編にはややばらつきが感じられたことは否めない。このうち中北、竹中両論文によれば、安倍政治は確かに右傾化が著しいけれども、世論に支えられてそうなっているというよりも、政治が進んで右傾化しているにすぎない、という。とはいえ民主主義下でもナチスは誕生した。重要な論点が取り上げられている本として熟読したい。
続きを読む »

読書通信2017年6月号

■ 昨今、立憲制も天皇制のあり方の議論もおかしな雲行きである。この際、天皇機関説と国体明徴問題について知っておくことは「神の子孫としての天皇という権威」を錦の御旗にした軍部による戦前の忌まわしい歴史の再現を防ぐ意味でも極めて重要だろう。山崎雅弘『「天皇機関説」事件』集英社新書、820円)は天皇を神格化して自分たちに都合の良い方向へ日本をもっていこうとした軍部や政治家たちによって立憲主義が機能停止させられる一部始終を述べきたって間然するところがない。
「陛下を機関呼ばわりするとは何事か」というのは大衆受けのする「糾弾」だった。しかし大事なのは党利党略に走った立憲政友会などの政治家と美濃部達吉に冷たい態度を取り続けたメディアの責任の大きさである。いつの時代にも政治とメディアがしっかりしているか否かが問われる。昭和天皇は一貫して機関説に同意し機関説排撃に不快感を抱いていたが、その真意が広く国民に共有されることはなかった。「万世一系」を唱える人々が立憲主義を脅かしている今の時代が、本書の描写と二重写しになって見えるのが杞憂でなければ幸いである。

続きを読む »

読書通信2017年5月号

■ 昭和の自由主義者といえば長谷川如是閑、清沢洌、石橋湛山、河合栄治郎だろうか。彼らに共通するのは個が確立されていて、世の中がどう動いても座標軸は全く揺るがないことだ。湯浅博『全体主義と闘った男 河合栄治郎』産経新聞出版、2052円)はアカデミズムの世界にあってぶれることなく主張を貫き通した男の気骨の生涯を描き切っている。最初は大内兵衛などマルクス主義、次はファシズムと闘ったが、後者によって東大教授の職を追われても死を賭して自由主義の気概を守ろうとする。死の直前まで著述に専念する壮絶な生き様がベテランジャーナリストによって活写される。
評者は読み進む中で再三、石橋湛山との比較に入り込んだ。二人とも剛直でありながらリアリストで、膨張主義に反対しながらも愛国者だった。「日米戦争は不可避」でそうなれば「日本は朝鮮、満州、台湾、沖縄も失うだろう」という河合の先見性も湛山にほぼ共通していた。もし二人が語り合えば意気投合したのではないか。だが惜しいことになぜか接点はなかった。河合が戦後まで生きたら首相になっただろうと著者は推量の翼を広げている。確かに河合と湛山が戦後政治をリードしたら日本の道筋はまるで変わっていただろう。惜しまれる“if”である。 続きを読む »

読書通信2017年4月号

■ トランプ大統領がメディアに登場する頻度は下降気味だが、トランプ旋風の意味を考える重要性はなんら低下していない。アメリカがどんな状況にあるのかをしっかり理解しておく必要はむしろこれから高まるのだろう。その意味で格好なのが金成隆一『ルポ トランプ王国』岩波新書、928円)で、著者は朝日新聞NY支局員として、メディアの予測とは真逆のトランプ陣営の異常な勢いに気づき、旧工業地帯や東部諸州を丹念に取材して歩く。
オハイオやヴァージニアで「生まれたときから」民主党支持だった(現・元)労働者や女性たちが熱烈なトランプ支持に変わっていく。その思いや生活実態が率直に語られる、庶民それぞれの発言はどれも軽視しえない種類のものである。ミドルクラスの消滅がたかだか20年かそこらの間にこれほどの勢いで進んだ理由、NAFTAの経済的影響は劇的でトランプのTPP反対が熱烈に受け入れられた背景などがよく理解できる。文章は読みやすく軽妙で、この春、見逃せぬ一冊である。 続きを読む »

読書通信2017年3月号

■ ポピュリズムは大衆迎合的政治という意味で使われがちだが、これは少々正確さを欠く。既存の政党政治を超えて幅広く国民に訴えようとする政治スタイル、あるいは既成の政治を批判する立場からの政治運動、いずれかの意味で使うのが正しい。水島治郎『ポピュリズムとは何か』(中公新書、885円)はポピュリズムの定義と背景を整理した上で、南米と欧州での近年の動きを詳説し、ポピュリズムがグローバル化していると指摘している。
しばしば右傾化として認識されがちだが実態は非常に多様で、ベルギーのポピュリズム政党VBのようにリベラルでありながらイスラム教徒の非民主主義性だけは厳しく排斥して勢力を拡大する例もある。スイスやオランダなどあまり知られていない政治勢力についての事例や日本への言及は興味深く、「デモクラシーという上品なパーティに飛び込んできた招かれざる泥酔客」という比喩もなかなか面白い。
■ 母方の祖父、岸信介との因縁はともかく、安倍首相には父系の祖父に安倍寛という政治家がいた。村民の敬愛の念は強く、戦時中、大政翼賛会に加わらず無所属から立候補した劣勢の寛を草の根的に当選させたりした。寛は反戦を貫く硬骨の政治家として活躍するが、惜しくも戦後初の総選挙目前で亡くなっている。
青木理『安倍三代』朝日新聞出版、1728円)は村民や同級生たちへの丹念なインタビューをもとに三代の政治家を探っている。右寄りと見られた晋太郎が意外にリベラルでバランス感覚にあふれていたこと、成蹊小から成蹊大までの晋三が凡庸で目立ったところもなく政治に対する感度もほぼゼロだったことが明らかにされる。それがなぜ一強と言われる存在になったのか。日本の政界はその程度なのか、本人が劇的に変化したのか。ただし孫は父と祖父にはなぜかほとんど言及しない…。力作である。 続きを読む »

読書通信2017年2月号

■ 宇沢弘文先生には7~8年前、経済倶楽部で年初に2度、講演していただいたが、80歳を超えてかくしゃく、奔放な話しぶりが印象的だった。亡くなられて2年余、残された2000本の論文の中から選び抜いて生まれたのが宇沢弘文『宇沢弘文傑作論文全ファイル』東洋経済新報社、4860円)である。著者が切り開いた社会的共通資本に関連する論文が多数収録されているが、個別テーマとしては環境、医療、教育、農業という柱が注目点だ。執筆当時の現状批判と理想像の提示が今なお新鮮で十二分に通用する点、本書の価値は極めて高い。
通奏低音として流れるのは市場原理主義的な思考や政策への強烈な批判であり、シカゴ大学時代のエピソードなどまたしても引き込まれた。宇沢経済学の特徴を一言で言えば、時代を先取りした問題提起と、弱者への温かい視点ということになろうか。420ページに及ぶ大著だが、倦むことなく通読し、今後は書棚の特等席に置いて折にふれて読み返したいと思った。 続きを読む »