第164回経済金融懇話会 2/22(金)

第164回 2月22日(金)

  • 1)   テーマ:(フリートーク)
  • (1)  戦後の国際秩序は終わるのか(外交、経済、金融、軍事の各面からみる)(資料)
  • (2)5分間スピーチ.    最近の国内外の金融事業について
  •  参加者皆さんのご意見を一言。(例えば(1)を含めて、“改元”大典行事に伴う長期休日、THE 5G等について何でも)
  • 2グローバル・トピックス     FTやEconomistなど海外紙誌から(資料)
  • 3)読書案内: 新刊書の書評を中心に(報告)
  • 4)報告事項: 好調アメリカ経済の死角(資料)

時間 14時30分~16時30分  場所 第一会議室

会費 不要です    事前予約 不要です。お気軽にどうぞ

 

第107回 物申す会  2/15(金)

第107回 2月15日(金) ~第3金曜日です~

「日露問題を考える~北方領土問題を中心に~」

2月7日は「北方領土の日」です。安倍首相はロシアのプーチン大統領との親密な関係をテコとして、日露関係を大きく進展させようとしています。

外交と安全保障は→専門家に任せるしかないという意見もありますが、ここは一つ、素人なりに考えてみたいと思います。いわゆる識者の意見を参考にしつつも、ご自分のお考えをご披露頂ければと思っています。奮ってご参加ください。(事務局に最近の識者の意見の一部を用意してあります。事前にお目通し頂ければ幸いです。)

 

時間 14時30分~16時30分  場所 第一会議室

会費 無料(資料代200円)  事前予約 不要。お気軽にご参加ください

第106回 物申し会 1/18(金)

第106回 1月18日(金) ~第3金曜日です~

「安藤百福翁の生き方から何を学ぶか」

今回はお正月でもあり肩のこらないテーマを選びました。今、朝のNHK・TVで放送中の連続テレビ小説「まんぷく」は、インスタントラーメンの発明で有名な安藤百福さんとその妻の奮闘物語です。妻役の安藤サクラさんはドラマでは「福子さん」です。「百福」に「福子」そして「まんぷく」とまさに「福づくし」です。百福さんは、何度失敗してもどん底から立ち上がって、平成19年1月に96歳で亡くなるまで生涯現役を通した大実業家でもあります。人生百年時代といわれる現在、安藤百福翁の生き方から何を学ぶことができるか、皆様と一緒に語り合いたいという趣旨です。奮ってご参加下さい。(事務局に『安藤百福の年譜1910~2008』を用意してあります。事前にご覧頂ければ幸いです。)

(参考図書)「転んでもただでは起きるな!定本・安藤百福」(中公文庫2013年)

なお、当日ご参加の方には、「今年の元旦の社説等読み比べ」をお渡しします。

 

時間 14時30分~16時30分  場所 第一会議室

会費 無料(資料代200円)  事前予約 不要。お気軽にご参加ください

第163回 経済金融懇話会 1/25(金)

第163回 1月25日(金)

  • テーマ:(フリートーク)日本と世界の経済・金融・政治・社会など。
  1. 特に回顧では、
  2. 回顧と展望―2018年(平成30年)と2019年
  • 気になった人物、企業、論評、書籍など。
  • 感動したこと、腹の立ったことなども。
  • 皆さんの忌憚ないご意見をご披露下さい。
  • 2グローバル・トピックス FTやEconomistなど海外紙誌から(報告 
  • 3読書案内: 新刊書の書評を中心に(報告)
  • 4)報告事項: 2019年をどう予測しているか(ユーラシヤグループ他について)

時間 14時30分~16時30分  場所 第一会議室

会費 不要です    事前予約 不要です。お気軽にどうぞ

第163回 経済金融懇話会 12/21(金)

第163回 12月21日(金)

1)テーマ:

(1)乱気流の中の内外経済

―2019年への視野を開く―

世界的“ねじれ現象”の中、サプライズの年となるか、想定外予想外裏切られるか、それを読み解く。

(2)日銀展望レポート今後の金融政策の何れかを選択してテーマとします

2報告事項は

①貿易統計を考える

3グローバル・トピックス FTやEconomistなど海外紙誌から(報告)

4読書案内 新刊書の書評を中心に(報告)

 

時間 15時~17時  場所 第三会議室

会費 不要です    事前予約 不要です。お気軽にどうぞ

第162回 経済金融懇話会  11/30(金)

1自由討論(フリートーク)

“好調の米国経済”?“粘り腰の中国経済”?

10月10日、大巾な株価調整に見舞われた米国市場.

中間選挙後の波瀾の前兆か。米中貿易戦争激化の予兆か?検証する.(予告)(基調資料有り).

2グローバル・トピックス FTやEconomistなど海外紙誌から(報告)

3読書案内 新刊書の書評を中心に(報告)

4報告事項は

①欧米、中南米の政情リスクと世界経済への影響.(多国間協調貿易から二国間ディール貿易への転換の流れ).(資料)

②移民、難民問題を経済的、人文的視野から考察する(資料)

時間 14時30分~16時30分  場所 第一会議室

会費 不要です          事前予約 不要です。お気軽にどうぞ

第105回 物申す会   12/21(金)

「外国人労働者の受け入れ拡大で日本社会はどう変わるか」

政府は今、「移民政策への転換ではない」と言いつつも、外国人労働者の受け入れ拡大を進めようとしています。

しかし、現在日本で暮らす外国人は既に256万人。この数は先進国ではドイツ、アメリカ、イギリスに次いで4番目に多く、

「隠れ移民大国」だとの指摘もあります。我々はこの問題をどう考えたら良いのか。難しいテーマですが挑戦することにしました。

皆さん一緒に考えてみましょう。

(参考資料)文芸春秋11月号:激論 亡国の「移民政策」他

なお、例会終了後「ミニ忘年会」を予定しています。(詳細は別途、参加自由)

 

時間 14時30分~16時30分  場所 第一会議室

会費 無料(資料代200円)  事前予約 不要。お気軽にご参加ください

 

第162回 経済金融懇話会  11/30(金)

第162回 11月30日(金)

 今月のテーマ 

1自由討論(フリートーク)

“好調の米国経済”?“粘り腰の中国経済”?

10月10日、大巾な株価調整に見舞われた米国市場.

中間選挙後の波瀾の前兆か。米中貿易戦争激化の予兆か?検証する.(予告)(基調資料有り).

2グローバル・トピックス FTやEconomistなど海外紙誌から(報告)

3読書案内 新刊書の書評を中心に(報告)

4報告事項は

①欧米、中南米の政情リスクと世界経済への影響.(多国間協調貿易から二国間ディール貿易への転換の流れ).(資料)

②移民、難民問題を経済的、人文的視野から考察する(資料)

時間:  14時30分~16時30分  場所:  第一会議室

会費、 事前予約は不要です。お気軽にどうぞ

第104回 物申す会   11/16(金)

第104回 11月16日(金) ~第3金曜日です~

「日本の祝日を考える」

戦後制定された祝日法では当初、祝日は9日でした。その後、昭和の代に新たに3日(建国記念の日、敬老の日、体育の日)、さらに平成に入り4日(昭和の日、みどりの日、海の日、山の日)の計7日が追加され、現在16日となっていて、これは先進国中、最多です。

さて来年は4月末に今上天皇が退位されるので、天皇誕生日(12月23日)という祝日のない珍しい年になります。その反面で新天皇が即位される5月1日が1年限りの祝日となり、祝日法の規定で4月27日から5月6日まで10連休が見込まれています。

一方で、明治天皇誕生日の文化の日(11月3日)を「明治の日」に改称しようという動きもあります。また再来年からは2月23日が天皇誕生日になるとして、12月23日はどういう祝日になるのか。いずれにせよ祝日は17日に増えそうです。この機会に祝日のあり方を考えてみるのも一興かつ大事なことかと思われます。多数の皆様のご参加をお待ちします。 

時間:   14時30分~16時30分  場所: 第一会議室

会費: 無料(資料代200円)  事前予約は不要です。お気軽にご参加ください

 

第161回 経済金融懇話会  10/26(金)

第161回 10月26日(金)

テーマ:     1)自由討論(フリートーク)

リーマン・ショックから10年、転換点を迎えた米国経済の今後。

2海外誌にみるグローバル.トピックス他。

3“読書案内”新刊書、書評を中心に。

4“報告事項”

“国土強靭化”(アベノミクスの1つ)と関連産業。

“改元”は社会経済のインパクトになるか。

 

時間 14時30分~16時30分  

場所 第一会議室 会費 無料 事前予約 不要