編集後記 2011年9月号

 田舎の村長さんのイメージとは全く違い、ウォームハートにクールヘッドという感の菅野典雄さん。講演を聞いた会員が異口同音に言われたのは抑制が利いたいい話だったということ。話がうまいね、という感想もありましたが、これは「村議会でいじめられてきたから」でしょうか。経済倶楽部80年、初めての村長登壇でした。
 
 大相撲、お寺、おばさんと経済学にはなりそうもないジャンルを開拓する中島隆信さんは貴重な挑戦的学者です。ご専門は?とよく聞かれるので、「生産性分析や費用構造で赫々たる業績を上げておられますよ」と説明させていただいています。自ら撮影したまだ三段目当時の白鵬のお宝映像を講演最後に披露されました。
 
 岩手県知事三期の実績はだてではない講演内料でした。増田寛也さんは母方が岩手県旧前沢町(現奥州市)、浅野も同じなので呼吸は合っている(はず …)。ブランド前沢牛も風評被害で大変だとか。経済倶楽部パーティの福引特賞にでもして増田さんから手渡しでもしてもらいますか。

 政治記者で女性に人気ナンバーワンといえば星浩さんでしょう。テレビでのさわやかな話しっぷりが受けるのだろうと思いますが、明快な講演は男性会員にも好評でした。忙しいのに経済倶楽部のパーティにも律儀に顔を出していただけるありがたい存在です。

 次号は矢野義昭氏(米中対決と日本の安全保障)、国分良成氏(世界の中の中国)、山内昌之氏(激動の中東)です。