読書通信2017年1月号

■ 年頭に当たり、昨年1~12月号で紹介した48冊の中からベストテンを選んでみた。ジャンルが片寄らないように心掛けたのと、知的な面白さを優先した点、ご了承いただきたい。知的という以上、当方の知的レベルが問われる点で忸怩たるものがあるけれど、もしお読みでない本があれば、バックナンバーでご確認を。
馬場錬成『大村智物語』(2)、上野千鶴子『おひとりさまの最後』(4)、中路啓太『ロンドン狂爛』(5)、樋口陽一・小林節『憲法改正』(6)、菅野完『日本会議の研究』(7)、福嶋聡『書店と民主主義』(9)、楊海英『逆転の大中国史』(10)、神奈川新聞『ヘイトデモをとめた街』(11)、竹村公太郎『水力発電が日本を救う』(11)、橋本明『知られざる天皇明仁』(12) (カッコ内は月号)
日本会議では青木理『日本会議の正体』(9)も加えておくのが公平だろう。ノンフィクションでのベストは『ロンドン狂爛』、エンタメならベストテンには加えなかったが立川談春『赤めだか』(2)が抱腹絶倒の「傑作」である。
■ 年末に永野健二『バブル』新潮社、1836円)を読んだが非常に面白かった。本書の良さは80年代バブルについて、マクロ経済と個々の産業・企業・経済人をバランスよく取り上げていること、そして登場人物が生き生きと描かれていること、にあるが、日経の敏腕記者として鳴らした豊富な取材がその裏側にある。
特金・ファントラでバブルを膨らませた大蔵省の失政や、興銀・住銀などの銀行スキャンダル、山一の経営無策などバブルの主因に対しての厳しい筆致の一方で、投機の世界に跳梁した小林茂、小谷光浩、高橋治則らを単純に断罪していないところが面白い。著者の言うとおり、バブルに学ぶことは今という時代に向き合う上で重要な意味をもつはずである。
■ たまには女性が主役の本を。長尾剛『近代日本を創った7人の女性』PHP文庫、691円)は、明治この方、婦人の地位向上に努めた女性たちを簡明に紹介している。津田梅子、羽仁もと子、福田英子、下田歌子など名前だけ知っているという人も、本書にある程度の事実はぜひ知ってほしい。あの時代にこれほど意志の強い、行動力にあふれた女性たちがいたことは、頭に入れておいて活かしたいものである。
■ 最高裁の司法行政部門は判事以上に重要である。事務総局には人事局、総務局など行政部門と、民事、行政、刑事などの事件系の局があって、全国の高裁、地裁に決定的な指揮権、人事権をもつ。瀬木比呂志『黒い巨塔 最高裁判所』講談社、1728円)は事務総局を舞台にした司法小説だが、著者は裁判官の体験をもとに内部矛盾、対立を生々しく描いている。フィクションであっても最高裁の内実をうかがわせるに十分で、同じ著者による『絶望の裁判所』(講談社現代新書)と併せ読めば司法の現状(惨状)を知る手掛かりが得られるだろう。(浅野 純次)