経済倶楽部・沿革

歴史

1931年(昭和 6年)6月 東京市日本橋区本町(後に本石町と改称)東洋経済新報社社屋内において
創立総会を開催。
設立趣旨書を可決し、評議員と常任委員を選出。
1944年(昭和19年)12月 太平洋戦争激化により「重大化せる比島戦局」(講師上田良武氏)を最後に
講演会を中断。
1946年(昭和21年)2月 戦後、「緊縮政策か膨張政策か」(講師石橋湛山氏)から講演会を再開。
1946年(昭和21年)12月 社団法人の設立許可を与えられる。
1947年(昭和22年)1月 評議会と会員総会を開催し、初代理事長に三浦銕太郎氏を選任。
1950年(昭和25年)4月 法人会員の募集を開始。
1960年(昭和35年)10月 2代目理事長に宮川三郎氏就任。
1961年(昭和36年)11月 東洋経済新報社のビル移転(現在地)に伴い、新社屋の8、9階に移転。
1984年(昭和59年)5月 3代目理事長に原田運治氏就任。
1991年(平成3年)9月 4代目理事長に高柳弘氏就任。
2004年(平成16年)1月 5代目理事長に浅野純次が就任。
2013年(平成25年)5月 6代目理事長に柴生田晴四が就任。

経済倶楽部・今と昔

この5月をもって9年半務めた経済倶楽部の理事長を退任したので、思いつくままに書いてみます。三浦銕太郎さんと石橋湛山さんが中心となって経済倶楽部が誕生したのは1931(昭和6)年だったので、2006年に75周年、2011年には80周年を迎えました。近年の収支状況は小幅とはいえ赤字が続いているのと日常業務に終われて周年事業に手間やおカネをかける余裕はありませんでした。
75周年は会員と講師による恒例の銷夏パーティを感謝の夕べとし、定例講演会4回を75周年記念と銘打って開催した(竹内弘高一橋大学教授、増田弘東洋英和女学院大学教授、松本健一麗澤大学教授、川勝平太国際日本文化研究センター教授の各氏)程度でしたし、東日本大震災直後の80周年は新機軸の会員名簿発行とホームページの全面刷新でなんとか面目を施すにとどまりました。
さらに昨2012年10月19日の定例講演会が記念すべき4000回でしたので、山内昌之東大名誉教授に白熱講義をお願いしました。継続は力なりでやはり4000回というのはすごいことだと思います。最近は年に45回前後の開催ですが、80年で3600回です(昔は年60回を超える年もありました)。ともかく4000回はギネスブックものだと思いましたが、ギネスへの申請は思っただけで実行に至りませんでした(10年後、4500回での登録を今から期待しておきます)。
経済倶楽部は1931年、今の日銀新館のところに新築された東洋経済新報社ビルの3~5階を活用しようとしたのが一つのきっかけとなって生まれたそうです。もちろん理念はきちんとあって「経済の実務家と理論家との親密な接触を保ち、知識を交換し、研究に努めることを目的として、経済倶楽部と名づくる研究クラブを設立する」(設立趣意書)ということでした。
五・一五事件の前年という物情穏やかならぬ時代に、新たに産業人と理論家の議論の場をつくろうという構想には敬服するほかありません。戦前から戦後にかけては自由闊達な議論の場、交流の場は極めて少なかったので、経済倶楽部は重宝されたようです。食堂、談話室、図書室、碁会所、ビリヤード室などを備え、情報の限られた時代にあって講演や歓談を通じて貴重な情報を得ることができた。たぶん少々「危ない」議論もできたのでしょう。
情報があふれ、いかにもあわただしくなった現在と比べ、当初と現在では経済倶楽部の性質が一変しているように見えるのはやむをえないのかもしれません。今の経済倶楽部は、主としてリタイアした方々が生涯学習の趣で毎週の講演会を楽しみにしています。互いに議論する場も後述のようにありますが、毎金曜の講演会の日以外に会員がふらっと立ち寄ることが少ないのが惜しまれるところです。
収支のカギである会員数は、1931年末には予定した定員500名を超える盛況だったとか。法人会員制度を開始した1950年には法人会員(一社3人)が200社以上になると三浦さんは想定していて、実際、総会員数は1000人を超えたようです。ですから原田運治理事長時代の1980年代後半までは収支は好調でした。
しかしバブル崩壊とともに法人会員の退会が相次ぎ、今では総会員数は650人余となり財政的に少々厳しくなっているのは前述のとおりです。ただし、講演会への平均出席数はここ3年平均で240人強に達しており、経済倶楽部82年の歴史の中でも最多レベルなのではないかと思われます(思われるというのは毎回の出席人数をカウントし始めたのが7年前からだから)。戦前は写真から見る限り100人前後の出席だったようです。
もちろん出席者数が多いだけで喜んでいるわけにはいきません。講演会で大事なのは、講演の質とそれをめぐる議論です。経済倶楽部創立当初から知識の一方的な流れでなく「知識の交換」が目指されてきたのだし、講演会は議論、質疑があってこそ充実したものになるとの思いからフロアからの意見、質問を求めることにして8年になります。おかげで参加会員も張り合いを持ち、多くの講師がそれを楽しみにしてくれています。昔の講演録を見ると講演だけで終わっている時期が長く続いていますが、今の形式の講演会は創立当初の理念を多少は反映できているのではないかと思います。
それと会員の勉強の場として「経済金融懇話会」が2004年から、「物申す会」が2009年から始まり、会員同士の積極的な議論が行われています(いずれも月一回、2時間)。これも経済倶楽部創立の理念を多少なりとも継承するものと思っています。特に物申す会では時折、学者などの講師を招いて議論を重ねています。
というわけで経済倶楽部は単に講演を聞くだけの場ではないとの考えから、会員、講師の意見交流の場として発展していくことを期待するとともに、理事長を退任して余裕ができるはずなので、第三の切磋琢磨の場をつくりたいと想を練っているところです。七七四号に達した経済倶楽部講演録についても触れたいところですが、紙数が尽きたので他日を期したいと思います。  ―『自由思想』8月号より
(あさの・じゅんじ 一般社団法人経済倶楽部理事)

創立者と歴代理事長

経済倶楽部創立者
石橋 湛山
(1884~1973)


早稲田大学で哲学を学び、明治44年(1911年)東洋経済新報社入社。敗戦直後までの22年間、第5代主幹。藩閥政治、領土拡張主義、軍国主義への痛烈な批判を展開する一方、金解禁論争でも大活躍した。戦後、政界入りし蔵相、通産相、首相を歴任、日中、日ソ関係改善にも尽力した。湛山全集全16巻がある。

経済倶楽部初代理事長
三浦 銕太郎
(1874~1972)

早稲田大学で経済学を学び、明治32年(1899年)東洋経済新報社入社。 大正期の14年間、第4代主幹として「東洋経済新報」を主宰。満州放棄、小日本主義を提唱した。特に「大日本主義の幻想」の主張は石橋湛山へ引き継がれ、大正・昭和前期の日本思想における金字塔となった。 石橋湛山とともに経済倶楽部を立ち上げ初代理事長に。 三浦 銕太郎評論選集(全1巻)がある。

第2代理事長
宮川 三郎
(1896~1984)

大正12年慶応義塾大学卒業。昭和8年(1933年)東洋経済新報社入社。 戦前は管理部門の幹部だったが、石橋湛山の政界入りとともに昭和21年からの12年間、東洋経済新報社代表取締役会長。戦後混乱期に経営の任に当たるとともに、石橋湛山の政界活動を財務担当として支えた。23年余にわたり経済倶楽部第2代理事長を務めた。 『雑司が谷日記』などのエッセイがある。

第3代理事長
原田 運治
(1911~2017)

東京大学経済学部を卒業し、昭和9年(1934年)東洋経済新報社入社。
『東洋経済新報』編集長、編集局長などを務めた後、代表取締役専務。退社後、東海大学教授、中労委委員などを経て、経済倶楽部第3代理事長を7年余、務めた。その後、東京大学経済学部同窓会「経友会」会長も務めた。 俳句をたしなみ、『花八つ手』などの句集がある。

第4代理事長
高柳 弘
(1929~2016)

早稲田大学大学院卒業後、昭和29年(1954年)東洋経済新報社入社。 金融、証券、紙パ業界などを担当した後、『オール投資』『週刊東洋経済』編集長、編集局長などを経て社長、会長。その後、経済倶楽部第4代理事長を12年余、務めた。

浅野 純次

第5代理事長
浅野 純次
(1940~  )

1962年に横浜国立大学経済学部を卒業。 同年、株式会社東洋経済新報社へ入社。『会社四季報』『週刊東洋経済』各編集長の後、1989年取締役。常務取締役を経て、1995年社長、2001年会長。2002年4月から2004年4月まで日本雑誌協会理事長。2004年から2013年5月まで9年間、経済倶楽部理事長を務めた。現在、経済倶楽部理事。公益財団法人石橋湛山記念財団評議員を兼務。