事務局便り 2013.11.01号

政権誕生以来、安倍首相は歴代の首相をはるかに上回るペースで、海外の国々を歴訪してきました。関係が冷却している中国や韓国との関係改善を急がず、これまでは関係の薄かった国々も含めて、友好関係の強化と経済関係の緊密化に努めてきたわけです。中国や韓国の対日強硬姿勢は、それぞれの国の国内事情の反映でもあります。中国に関しては、初めての首脳会談が実現するなど、変化の兆しも見え始めています。日本人はとかく自国の側からの目で外交を論じがちですが、外交は相手があってのもの。相手国の置かれている状況を知らなければ、正しい判断も不可能です。本日は藤原帰一先生に、東アジアにおける安倍外交の評価をお伺いします。

映画サロン 本日は、今年度アカデミー賞作品賞ベン・アフレック監督・出演「アルゴ」です。講演後。

ゴルフ親睦会「青空会」 11月6日(水)に芙蓉ccで開催。別紙ご参照。最終申し込みになります。

秋の事業所見学会 11月12日(火)東京ガス袖ヶ浦工場がメイン。昼食を変更。別紙をご参照ください。

物申す会 11月22日(金) 2時半~4時半。第一会議室。テーマ「50回の軌跡をたどり、日本の明日を論ず」