事務局便り 2017.6.9

安倍政権は政権与党の圧倒的な数の力と国民の高い支持率を背景に長期政権への道を歩んでいます。しかし、国会においては、その強引な政治手法と説明責任を無視した乱暴な答弁が目立っています。政治の安定と着実な政策の実行を望む国民の支持も、その結果として獲得された権力がその権力に連なる一部の「お友達」の利害のために恣意的に使われ、期待された改革が実は遅々として進んでいないことに気づけば、急速に失われていくことになるでしょう。対抗する民進党が弱いことで支えられている一強ですが、実は党内の実態は面従腹背なのです。満ちた月は必ず欠けていきます。安倍政権の賞味期限はいつ切れるのか。本日は時事通信の山田さんに解説していただきます。

*事業所見学会について

  開催日:6月21日(水)

  見学先:今回は野田市にあるキッコーマン「もの知りしょうゆ館」をメインとして、終戦時の首相、鈴木貫太郎氏の記念館やアサヒビールの茨城工場を訪問します。

ご昼食:懐石「あた宕」(江戸時代後期から醤油醸造を始めた茂木房五郎氏(キッコーマン創業家一族)の旧宅です。屋敷内を見学の後、仕出し料理をご賞味頂きます。

 野田市野田721 ℡ 04-7126-6711)                            (参加希望の方は事務局まで)

*中部経済倶楽部 6月は28日(水)が経済評論家の山崎 元氏(会場:名古屋国際ホテル)です。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 4月からは西部劇名画特集。6月9日はモーリン・オハラ主演の『荒野のガンマン』です。14時40分開始。上映時間は93分です。