事務局便り 2017.6.16

トランプ政権が発足して半年近くになりました。選挙期間中に掲げてきた公約を大統領令などの形で実行に移そうとしてきましたが、そのほとんどが司法や議会の壁に阻まれ、実現できない状況に陥っています。その一方で、TPPやパリ協定からの離脱を断行し、国際社会からの孤立も進んでいます。選挙期間中のロシア政府との「不適切」な関係については、側近が辞任に追い込まれただけでなく、特別検察官による捜査が開始されています。CIA長官の罷免による反撃も、果たして吉と出るのかどうか、はなはだ疑問です。日本では断片的にしか報道されないトランプ批判ですが、本国では連日厳しいメディアの攻撃にさらされているのが現実です。本日は改めて中岡さんにアメリカ政治においてトランプ政権を位置付けていただきます。

*銷夏パーティーについて

  開催日:7月21日(金) *定例講演会の終了後の開催となります。

  開場:15:00、開宴:15:10

会員相互の親睦や講師、理事とのご歓談をお楽しみください。音楽タイムには恒例となっております

日本フィル首席奏者による演奏を予定しているほか、例年通り福引もご用意いたします。詳細は事務

局まで。

                                   

*中部経済倶楽部 6月は28日(水)が経済評論家の山崎 元氏(会場:名古屋国際ホテル)を予定しています。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 4月からは西部劇名画特集です。6月16日はゲーリー・クーパー主演の『真昼の決闘』です。14時40分開始。上映時間は84分。