事務局便り 2017.7.14

都議会議員選挙における自民党の歴史的敗北をうけて、安倍政権に対する逆風がにわかに強まっています。安倍首相は、8月初めにも内閣改造を断行し、支持率の再浮揚を図る構えですが、果たしてここまで落ち込んだ国民の支持が簡単に回復するかどうか。安倍政権の前途は極めて厳しいと言わざるを得ません。支持率の低下と都議選の敗北について、相次ぐ大臣の失言に原因を求める声もあります。しかし、いわゆる「共謀罪」成立に際しての強引な国会運営は、都議選前の幕引きを急ぐあまり、議論を途中で打ち切って数の力で押し切ったもので、まさに民主主義の基本を踏みにじる行為でした。そして、安倍首相の国会答弁でここのところ目立っていた異様な高揚は、投票日前日の唯一の街頭演説での「こんな人たち」発言で頂点に達しました。どんなに「真摯に反省」しても、失われた信頼は容易に帰ってはきません。永田町周辺の人たちは、これまでもこうした国民の側の変化にいつも鈍感でした。政局の流動化が一気に進むかどうか。本日は、おなじみの塩田潮さんに、これからの政治を展望していただきます。

本年前半の講演会は7月21日で終了し、8月は講演会はありません。後半は9月1日(金)から再開します。

 

*銷夏パーティーについて

  開催日:7月21日(金) *定例講演会終了後の開催となります。

開場:15:00、開宴:15:10

詳細は事務局まで。

懇親ゴルフ「青空会」  恒例のゴルフ会を今年も開催します。奮ってご参加ください。

 日時:9月26日(火)、場所:相模原ゴルフクラブ(東コース)    詳細は事務局まで。

                                   

*中部経済倶楽部 7月は25日(火)が第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏の「ここからの日本経済展望」(同:名古屋国際ホテル)です。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 4月からは西部劇名画特集です。7月14日はマーロン・ブランド主演の『片目のジャック』です。14時40分開始。上映時間は141分です。