事務局便り 2017.9.8

北朝鮮の脅威が日増しに高まっています。ICBMの能力が急速に向上しつつあるのに加えて、水素爆弾の小型化とミサイルの多弾頭化技術の完成によって、北朝鮮の軍事的脅威は、もはや完全に現実のものになりました。すでに米国内でも、北朝鮮の核保有を認めた上で交渉を行うべきだとする意見が浮上しつつあります。こうした中で、日本政府は、追加的経済制裁による圧力の強化を唱え続けてきましたが、その効果は全く現れていません。さて、北朝鮮問題の深刻化は、皮肉なことに安倍政権の苦境を一時棚上げしたようです。しかし、世論調査での支持率は改善したものの、安倍首相の続投を支持する声は戻っていません。本日は次期首相候補第一位の石破さんに、自民党と日本の今後について語っていただきます。

*倶楽部施設を改装 8月に改装工事を行い、エレベーターホール、第一会議室、廊下の照明を間接照明に変更。老朽化した事務所の天井も張り替えました。また、談話室に常設されているテレビを1台、大型の壁掛けテレビに変更しております。

*懇親ゴルフ「青空会」  恒例のゴルフ会を今年も開催します。奮ってご参加ください。

 日時:9月26日(火)

場所:相模原ゴルフクラブ(東outコース)            詳細は事務局まで。                                   

中部経済倶楽部 9月は20日(水)が軍事アナリストの小川和久氏による「日本の安全保障を考える」。10月10日(火)が小峰隆夫・法政大学大学院教授で「日本経済の現状と展望」です。会場はいずれも名古屋国際ホテルになります。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 9月8日はゲーリー・クーパー主演による『遠い太鼓』です。開始は午後2時40分から。上映時間は101分になります。