事務局便り 2018.2.9

超高齢化社会が到来する中で、今、多くの人に最も恐れられているのが認知症でしょう。いくら体が元気であっても頭がはっきりしなくては生きている甲斐がないと考える人は多いはずです。脳が正常に働いているうちにこの世を去りたいという思いが、長寿社会を迎える中で多くの人の願いに違いありません。脳科学の発展によって、人間の脳が持つ神秘的な秘密のベールが徐々にはがされています。最も恐れられているアルツハイマー病の特効薬や治療法も開発が進んでいます。しかし、人間の脳細胞は90歳まで再生が続けられているという最近の研究もあります。脳を活性化して健康に生き抜くために何か必要なのでしょうか。本日は加齢医学の第一人者である東北大学の川島先生のお話を伺います。

中部経済倶楽部   2月は21日(水)がノンフィクション作家、評論家の塩田潮氏で「ここからの政治・政局動向」(会場:名古屋国際ホテル)です。3月の講演会は、6日(火)が福富満久・一橋大学大学院教授の「2018年の中東情勢を読む」(同:東京第一ホテル錦)です。ご都合のつく方はご参加可能です。

*映画鑑賞会 2月からは日本の名作シリーズです。第2回目の9日は衣笠貞之助監督、長谷川一夫主演による『地獄門』です。上映時間は89分。午後2時40分頃から開始します。