事務局便り 2018.4.27

大使館のエルサレムへの移転を決定するなど、トランプ政権によって米国の中東政策が大きく変容し、中東情勢は不確実性を増しています。イスラエル・サウジアラビアにおいても国内政治の変化が新たな地域内でのかく乱要因になりつつあります。IS勢力の後退にも関わらず、シリア情勢は依然として混迷が続いています。イランへの強硬策を掲げるトランプ政権の動きも新たな不安定要因になりそうです。複雑に絡み合う関係国の利害をどのように読み解き、これからの中東情勢をどう展望するのか。本日は酒井先生に詳しく分析していただきます。

*事業所見学会 6月20日(水)に成田国際空港を見学します。貨物ヤード、旧管制塔、第一滑走路など、出発・到着ロビーといった馴染みある場所ではない所を中心に見学。昼食は空港内唯一のホテル、成田エアポートレストハウスになります。併せて近郊の成田山新勝寺にも立ち寄りますが、先着30名の募集です。詳細は事務局まで。

中部経済倶楽部 5月の定例講演会は16日(水)が国際金融マーケット研究家・豊島逸夫氏の「内外マーケットを読む」、29日(火)が曽我豪・朝日新聞編集委員の「ここからの政治・政局動向」です。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 4月からしばらくは「小津安二郎」特集です。27日は「晩春」です。主演は原節子、笠智衆、杉村春子  上映時間は108分。午後2時40分頃の開始を予定しています。