事務局便り 2018.7.20

米国トランプ政権の対中政策が強硬の度を強めつつあります。単なる中間選挙対策ではなく、ハイテク分野での中国の急速な台頭が、古くから存在する中国脅威論に火をつけたのかもしれません。権力の掌握に成功した習近平独裁政権ですが、米国との貿易戦争は中国経済を根底から揺るがすことになりかねません。独裁者は独裁が得意であるがゆえに、自分の意のままにならない相手と向き合うことは得手ではありません。民主主義から生まれ落ちた破天荒なトランプ政権にどう立ち向かうか、けだし見ものと言うるでしょう。そして、強引な経済対策で立て直した中国経済は、この新たな危機にどこまで耐えられるでしょうか。本日は富坂さんに変貌する中国と東アジアを読み解いて頂きます。

☆8月は夏休みで定例講演会は休会とさせていただきます。ただし、事務局は館内清掃日の8月13日~15日以外は出社しております。よろしくお願いします。

 

*銷夏パーティー  本日、定例講演会後に、恒例となっております銷夏パーティーをホールで開催します。開場:午後3時、開宴:午後3時10分、終了は午後5時を予定しております。一部の講師、理事の参加があるほか、音楽タイム、福引抽選会があります。今回の音楽タイムでは、世界的なオーボエ奏者、渡辺克也氏に久しぶりのご登場いただきます。参加費はお一人様5000円です。詳細は事務局までお願いします。

*中部経済倶楽部 8月の定例講演会はお休みですが、特別講演会として経済評論家の杉村富生氏のよる「ここからの株式市場をどうみるか」(会場:名古屋国際ホテル)を予定しています。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 20日と27日の映画鑑賞会は銷夏パーティーの開催や講演時間変更のためお休みです。次回は9月7日(金)の『隠し砦の三悪人』(主演は三船敏郎、上映時間139分)からとなります。