事務局便り 2018.10.19

混迷を深めるイタリアの政治情勢や旧東欧圏の政治の不安定化、そして難航する英国のEU離脱交渉など、欧州の行方は依然として不透明感がぬぐえません。ISを巡る動きは沈静化していますが、イランとサウジアラビアの対立やサウジ政府による亡命ジャーナリストの暗殺など、中東のきな臭い動きは強まるばかりで、欧州への難民の流入も相変わらず深刻な状況が続いています。こうした混沌の一方で、ECBは緩やかな経済の回復を背景に出口戦略を模索しつつあります。が、米国の強引な通商戦略と金融引き締めによって、新興国からのマネー流出が急速にすすみつつあり、世界経済の先行きには暗雲が垂れ込め始めています。本日は日本のメディアからは十分に伝わってこない欧州経済の最新動向をみずほ銀行の唐鎌さんにお話しいただきます。

*チケット進呈 明日(10月20日)13:00~のコンサート(イタリアから来日した新時代のマンドリン演奏)ですが、読響のチケットが1枚あります。ご希望の方(先着1名)に進呈致します。会場は東京芸術劇場コンサートホールです。

*事業所見学会 日時:11月13日(火) 訪問先:日清製粉グループ・製粉ミュージアムをメインに忍城(のぼうの城)、さきたま古墳公園などを予定しています。

詳細は事務局まで。

*中部経済倶楽部 10月は23日(火)が吉川洋・東大名誉大学教授を予定しています。

*映画鑑賞会 引き続き黒澤明特集で本日は『どん底』(主演は三船敏郎 上映時間125分)。午後2時40分頃の開始となります。