事務局便り  2019.6.28

お互いに傷口を深くしないうちに手打ちになるだろうと思われていた米中貿易戦争ですが、解決の糸口を見いだせないまま、G20という最後の直接対決の場を迎えることになりました。自らの再選戦略のためにできる限り相手を追い詰めたいトランプ氏に対して、自らの足元で反対勢力が声を上げ始めている習近平氏もまた安易な妥協が許されない状況にあります。そして、貿易戦争そのものは、どちらの国にも何の利益ももたらすことがないだけでなく、両国の経済と、そこに関わる多くの国の経済を痛めるものでしかありません。自らの人気取りのためだけにこうした事態を引き起こしたトランプ氏は、米国の歴史に汚点を残した大統領として歴史に名を留めることになるでしょう。とはいえ、この勝負は対岸の火事ではありません。中国経済の失速は、日本の産業に深刻な影響をもたらし、その後に控える日米通商協議もまた日本に有利な展開はまったく期待できません。トランプ氏との盟友関係を誇示してきた安倍首相の真価が問われることになります。本日は吉崎さんに米中関係のこれからと日本の選択についてお話いただきます。

銷夏パーティー 7月19日(金)の定例講演会後に開催します。開場:15:00 開宴:15:10 詳しくは事務局まで。

中部経済倶楽部 7月は2日(火)がコリアレポート編集長の辺真一氏(会場:名古屋国際ホテル)、25日(木)が田中秀征・元経済企画庁長官(同:名古屋国際ホテル)を予定しています。ご都合のつく方はご参加下さい。

*映画鑑賞会 本日はハワード・ホークス監督、ケーリー・グラント主演の「赤ちゃん教育」です。上映時間102分。午後2時40分頃開始します。