迷走する共和党予備選挙 ―オバマ再選の決め手は何か

3月2日(金) 第3972回   東洋英和女学院大学教授 中岡 望氏
3月6日のスーパーチューズデーが共和党候補選びのヤマ場。大統領選の展望とその背景にある米国の課題を屈指の米国通が分析します。

講師略歴

1947年生まれ。71年国際基督教大学卒業。旧東京銀行入行。73年東洋経済新報社入社。81~82年Fulbright奨学生としてHarvard大学、93年East West Center(Hawaii)留学。「Tokyo Business Today」「Japan Company Handbook」各編集長、編集委員を経て退社。02~03年Washington大学visiting scholar。国際基督教大学講師を経て10年より現職。主著に『米国発世界不況で日本はどうなる!?』(共著、洋泉社mook、08)、『アメリカの保守革命』(中公新書、04)、主な訳書にPaul Krugman『恐慌の罠』(中央公論新社、02)。

≪午餐会メニュー≫幕の内弁当