成長ありきの戦略は幻想になった ―どうする?日本企業

3月9日(金) 第3973回   神戸大学大学院教授 三品 和広

エレクトロニクス企業はなぜこれほど凋落したのか。日本企業がはまった成長前提の経営の落とし穴とは。イノベーションや多角化など産業界の常識の間違いの数々・・。第一人者による目から鱗の経営論です。

講師略歴

1959年愛知県生まれ。82年一橋大学商学部卒業。84年一橋大学大学院商学研究科修士課程修了、89年Harvard大学経済学博士課程修了。89年Harvard大学ビジネススクール助教授、北陸先端科学技術大学院助教授等を経て、現職。著書に『どうする?日本企業』(東洋経済新報社、11)、『戦略暴走』(同、10)、『戦略不全の因果』(同、07)、『経営戦略を問い直す』(ちくま新書、06)、『経営は十年にして成らず』(編著、東洋経済新報社、05)、『戦略不全の論理』(同、04、=第45回エコノミスト賞、組織学会賞;高宮賞、日経BP・BizTech図書賞受賞)。

*当日『どうする? 日本企業』を割引価格(予価1300円)で販売します。