日本企業、復活の条件

1月25日(金) 第4012回  一橋大学大学院教授 伊藤 邦雄氏

「もはや技術力では差異化できない」という現実にどう立ち向かえばよいか。業績急回復などの先行事例を例示しつつ、その突破口を企業経営論の第一人者が斬新な切り口により具体的に提示していきます。

 

講師略歴

1951年千葉県生まれ。一橋大学商学部卒業。一橋大学助教授、Stanford大学フルブライト研究員を経て一橋大学教授。商学博士。2002~04年一橋大学大学院商学研究科長・商学部長。2004~06年一橋大学副学長・理事。2004年以降、東京海上日動監査役、曙ブレーキ、三菱商事、日東電工、シャープ、東京海上HC各取締役など歴任。現在、 住友化学取締役、日本証券アナリスト協会・証券アナリスト試験委員、日本ベンチャー学会副会長、日本IR学会会長、 ディスクロージャー研究学会副会長、東京証券取引所・上場会社ディスクロージャー 表彰委員会座長など兼務。著書に『企業会計研究のダイナミズム』(中央経済社、12)、『ゼミナール現代会計入門 (第9版)』(日本経済新聞出版社、12)、『危機を超える経営』(同、11)、『医薬品メーカー勝ち残りの競争戦略』(同、10)、『ゼミナール企業価値評価』(同、07)など多数