新年の政治はどうなる

12月13日(金) 第4053回    ノンフィクション作家  塩田 潮氏

民主党から政権を奪還し、「安倍マジック」によって経済も息を吹き返しています。対中対韓外交の立て直し、TPPの早期妥結など継続的な課題に加え持論の憲法改正にどう取り組むのか。新年政治展望です。

講師略歴

1946年高知県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。「文藝春秋」編集記者を経て83年独立、『霞が関が震えた日』(講談社文庫)で第5回講談社ノンフィクション賞受賞。著書に『国家の危機と首相の決断』(角川SSC新書、12)、『日本の内閣総理大臣事典』(監修、辰巳出版、11 )、『辞める首相 辞めない首相』(日経プレミアシリーズ、11)、『まるわかり政治語辞典』(平凡社新書、11)、『民主党政権の真実』(毎日新聞社、10)、『熱い夜明け』(講談社、10)、『憲法政戦』(日本経済新聞出版社、10)、『民主党の研究』(平凡社新書、09)、『危機の政権』(東洋経済新報社、07)、『昭和30年代』(平凡社新書、07)、『首長』(講談社、07)、『安倍晋三の力量』(平凡社新書、06)。