日本政治と政治報道の未来

9月2日(金)第4170回  朝日新聞編集委員 曽我 豪氏

安倍政権の長期戦略が見えてきました。憲法改正への思い、任期延長の戦略。その成否のカギを握るのは何か。また民進党には挽回の手があるのか。そして政治報道が信頼を回復するには等について論じます。

講師紹介

1962年生まれ。85年東京大学法学部(政治コース)卒業後、朝日新聞入社。熊本支局、西部本社社会部を経て89年、政治部へ。主に自民党竹下派と内政官庁を担当。94年から週刊朝日、2000年には月刊論座で出版系記者・編集者も経験。01年、自民党平河倶楽部、03年、政党担当デスク。11年より政治部長、現在は編集委員。