2017、2018年度マクロ経済の見通し

6月2日(金)第4206回       佐治  信行氏(三菱モルガン・スタンレー証券チーフエコノミスト)

昨年来の英EU離脱、欧州大陸での極右勢力の台頭、米国トランプ新大統領出現、北朝鮮の軍事挑発からの地政学的リスクなどなど。この1年の間に先行き不安は高まるばかりです。そうした中で、保険料、税制見直しで国民平等化を進める日本の政治。経済分析からみて日本が向うべき方向を探ります。

講師紹介
1958年 愛知県生まれ。関西学院大学法学部卒業。日興証券(現SMBC日興証券)入社。日興リサーチセンターへ出向。証券調査部、経済調査部を経て98年投資戦略部長、99年4月興銀証券エクイティ調査部。06年5月より三菱UFJ証券(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券)エクイティリサーチ部。現在、同証券チーフエコノミスト。Institutional Investor THE ALL JAPAN RESEARCH TEAM RANKING エコノミスト部門 2002年~14年13年連続第1位。共著書に『「景気循環」で読む日本経済』がある。