完全雇用なのになぜ追加財政、金融緩和を続けるのか

10月27日(金)第4222回       河野  龍太郎氏(BNPパリバ証券チーフエコノミスト)

最近、経済専門家の集まりで議論しましたが、驚いたのは労働需給の逼迫を認めつつ、景気刺激的な財政・金融政策の終了が主張されなかった点です。資源配分や財政規律に悪影響を及ぼす政策の転換を論じます。

講師紹介
1964年愛媛県生まれ。87年横浜国立大学経済学部卒、住友銀行入行。68年大和投資顧問(現大和住銀投信投資顧問)、94年米国駐在エコノミスト。97年第一生命経済研究所上席主任研究員、2000年BNPパリバ証券チーフエコノミスト、現在、経済調査本部長兼務。著書に『円安再生』(東洋経済新報社、03)、共訳書にブラインダー『金融政策の理論と実践』(同、99)、クルーグマン『通貨政策の経済学』(同、98)。