2018年日本経済の課題

1月19日(金)第4230回          吉川  洋氏(立正大学経済学部教授)

労働市場を別にすると、好況感に欠ける日本経済。その原因を人口減少に求めるのは誤りです。財政の拡張、非伝統的な金融政策で問題を解決しようとしても限界があります。税と社会保障について改めて考えます。

講師紹介

1951年生まれ。70年東京教育大学付属駒場高校卒。74年東京大学経済学部卒業。78年エール大学大学院博士課程修了(指導教官はジェームズ・トービン)。88年東京大学助教授。93年同教授。2009年同学部長を経て現職。小泉内閣、麻生内閣で経済財政諮問会議民間議員。主な著作に『デフレーション-“日本の慢性病”の全貌を解明する』(日本経済新聞出版社、2013)、『いまこそケインズとシュンペーター』(ダイヤモンド社、09)、『転換期の日本経済』(岩波書店、1999)、『日本経済とマクロ経済学』(東洋経済新報社、92)など。