スマート・エイジング~認知症ゼロ社会を目指す東北大学の挑戦

2月9日(金)第4233回       川島  隆太氏(東北大学加齢医学研究所教授)

超高齢社会にある我が国で、認知症予防を可能とすることは健全な社会を営むうえで喫緊の課題です。東北大学では学際研究により、この問題に正面から取り組み始めており、その先端研究について紹介します。

講師紹介

1959年生まれ。85年東北大学医学部卒業。89年東北大学大学院医学研究科修了(医学博士)。91年スウェーデン王国カロリンスカ研究所客員研究員。93年東北大学加齢医学研究所助手。2001年同教授。06年同加齢医学研究所 脳機能開発研究分野教授。主な著書に『さらば脳ブーム』(2010年、新潮新書)、『現代人のための脳鍛錬』(2007、文春新書)、『脳年齢チェック』(2006、PHP研究所)、『川島隆太教授の脳を鍛える大人のドリル』(2004、くもん出版)がある。