プーチン政権下のロシアとこれからの日ロ関係

2月16日(金)第4234回      アジア平和貢献センター共催シンポジウム(パネリストによる講演とディスカッション) 13:00~15:45(予定)

プーチン政権が2000年に権力を掌握してから18年がたつ。プーチンは、どこまで「強い」ロシアをつくれるのか。トランプと習近平との間で激震が走る国際情勢の中で、どこまで日ロ関係は動くのか。外交・政治・経済・安保の観点から徹底的に議論する。

 

<パネリスト>

東郷和彦・京都産業大学教授、世界問題研究所長

下斗米伸夫・法政大学法学部教授

隈部兼作・(株)ロシアユーラシア政治経済ビジネス研究所代表取締役

小泉悠・未来工学研究所特別研究員