戸籍アパルトヘイト国家、中国の未来

3月9日(金)第4237回      川島 博之氏(東京大学大学院教授)

中国が中進国の罠を乗り越えて成長を続けるためには、これまでの奇跡とも言える成長から取り残されてしまった
農民戸籍を持つ9億人にものぼる人々を豊かにしなければならない。農民戸籍をキーワードに中国の今後を考えます。

講師紹介

1953年東京生まれ。77年東京水産大学卒業。83年東京大学大学院工学系研究科博士課程を単位取得のうえ退学(工学博士)。
東京大学生産技術研究所助手。農林水産省農業環境技術研究所主任研究官。ロンドン大学客員研究員などを経て現職。
主な著書に『データで読み解く中国の未来』(東洋経済新報社、2015)、『データで読み解く中国経済』(東洋経済新報社、12)、
『「戦略」決定の方法』(朝日新聞出版、12)、『「作りすぎ」が日本の農業をダメにする』(日本経済新聞出版、11)など。