変動する中東域内関係:IS後のシリア、イラクとエルサレム問題を中心に

4月27日(金)第4244回        酒井  啓子氏(千葉大学法政経学部教授)

2017年末、ISがシリア、イラクからほぼ放逐されました。が、シリア内戦はトルコやイスラエルの介入でさらに混迷を深め、
また米国大使館のエルサレム移転は新たな火種を生んでいます。IS後の中東域内関係を読み解きます。(ご家族の参加も可能です)

講師紹介
1959年生まれ。82年東京大学教養学部(国際関係論)卒業。アジア経済研究所入所。86年在イラク日本国大使館専門調査員、95~97年在カイロ海外調査員(カイロ・アメリカン大学)。アジア経済研究所参事の後、東京外国語大学大学院教授を経て現職。主な著書に『中東から世界が見える イラク戦争から「アラブの春」へ』(岩波書店、2014)、『<中東>の考え方』(講談社現代新書、2010)、『イラクはどこへ行くのか』(岩波書店、2005)がある。