欧州の経済・金融・政治動向の現状と展望

10月19日(金)第4263回        唐鎌 大輔氏(からかま  だいすけ みずほ銀行チーフマーケット・エコノミスト)

欧州経済の勢いは急失速していますが、ECBは来年には利上げ着手を目論んでいます。政治面ではイタリアのポピュリスト政権、英国のEU離脱、米国の保護主義に直面。欧州の現状と展望について語ります。

講師紹介
1980年生まれ。2004年慶應義塾大学経済学部卒業後、JETRO(日本貿易振興機構)に入構。日本経済研究センターを経て、欧州委員会経済金融総局(ベルギー)に出向。2008年10月からみずほコーポレート銀行(現・みずほ銀行)国際為替部で為替市場を中心とする経済・金融分析を担当している。主な著書に『ECB欧州中央銀行:組織、戦略から銀行監督まで』(東洋経済新報社、2017)、『欧州リスク-日本化・円化・日銀化』(東洋経済新報社、2014)がある。