AIvs 教科書が読めない子どもたち

11月30日(金)第4268回        新井  紀子氏(国立情報学研究所教授)

AI技術の浸透につれて、規模を拡大する企業がある一方、淘汰される企業も増えて行きます。
AIと人間がともに生きる時代に必要なことは何か。人工知能研究の最前線から解明します。

講師紹介

1962年生まれ。都立国立高校を経て一橋大学法学部入学。在学中にイリノイ大学数学科に留学。その後、同大学数学科大学院修士課程に進学。
90年に修士号取得。専業主婦を経て97年に東京工業大学で理学博士号取得。2006年から国立情報学研究所教授。
11年から人工知能「東ロボくん」研究開発プロジェクトのプロジェクトディレクタ。