人口成熟で激変する日本、東アジア、世界の2020年代:壊滅するのは過疎地なのか、それとも大都市圏か?

5月10日(金)第4288回       藻谷  浩介氏((株)日本総合研究所主席研究員)

今東アジアを襲っている巨大な人口成熟の波、即ち出世数の減少と(後期)高齢者の激増は、経済にいかなるインパクトを
与えるのか。先行する日本、なかんづく過疎地で起きていることから、世界の未来を推論します。

講師紹介

1964年生まれ。83年山口県立徳山高校卒業。88年東京大学法学部私法コースを卒業し、日本開発銀行入行。94年米国コロンビア大学経営大学院修了。99年日本政策投資銀行地域企画部調査役。12年より現職。主な著書に『観光立国の正体』(新潮社 2016)、『デフレの正体』(角川書店 2010)、『ニッポンの地域力』(日本経済新聞出版、2007)がある。