読書通信 2022年1月号

■ 昨年取り上げた47冊の中からベストテンを選んでみた(〇数字は月号)。まずアンデシュ・ハンセン『スマホ脳』②は大ベストセラーになったがまだならぜひ。マイケル・ルイス『最悪の予感』⑨はさすがルイス、片山善博『知事の真贋』①、保阪正康『石橋湛山の65日』⑥、芝健介『ヒトラー』⑫も力作だ。小川仁志『むかしむかしあるところに哲学者がやってきた』④は異色の哲学入門。渡辺政隆『科学の歳事記』⑤、千足伸行『画家たちのパートナー』⑥、猪木武徳『社会思想としてのクラシック音楽』⑧は楽しみながら学ぶところ大である。コロナ感染防止には西村秀一『新型コロナの大誤解』⑧が絶対のお薦めで、残る37冊も捨てがたかった。
■ 全国紙やキー局のジャーナリズム精神に疑問符がつく昨今だが、その点、地方メディアにはさまざまな優位性がある。しつこく一つのテーマに取り組む能力などはその最たるものだろう。松本創『地方メディアの逆襲』ちくま新書、946円)に登場する記者たちはほんとにしつこい。さまざまに厳しい状況下にありながら、何年もかけて一つの問題を追う。あるいはドキュメンタリー番組を何十年と続ける。
彼らのひたむきさは感動的ですらある。岡山本社に異動しても前任地高松の事件を追い続ける記者と、それを認める会社。人口減の中で財政的困難は増す一方だろうに、つい応援したくなる。登場するのは秋田魁新報、琉球新報、毎日放送、瀬戸内海放送、京都新聞、東海テレビ放送の6メディア。でも類似の例はほかにもたくさんあるはずだ。読み応え十分の力作である。 続きを読む »

読書通信 2021年12月号

■ ヒトラー死して76年、いまだにヒトラーは忘れ去られずにいる。ナチ的なものの復権の動きもある。日本もひとごとではなく、芝健介『ヒトラー』岩波新書、1276円)もよく売れているらしい。著者はヒトラーの波乱の人生を縦軸に、広域ドイツの国内事情、政治家や軍人たちの動きを織り成して描き切った。ヒトラーの野心や偏執性、さらに疑心や葛藤も追究され、特異な個性が熱狂の時代に浮かび上がる。
ナチスを論じるに際しては、ヒトラーの役割を重視する「意図派」と体制全体の構造を重視する「機能派」の対立が続いたが、本書は両者を統合的にとらえる歴史家カーショーを高く評価して同様のアプローチをとっているため、結果的にバランスのとれたナチス分析となった。エピソードも適宜織り込み、充実度において新書のイメージを超えた、専門家と一般読者の双方を満足させうるだろう力作である。余談だが、本書読了後、水木しげるの傑作「劇画ヒットラー」(ちくま文庫)を読み直して余韻が膨らんだ。
■ 問題のあまりに多い昨今の経済社会だが、識者たちの作為とも無作為ともとれる発言がそれに覆いかぶさってうっとうしい。もっとしっかり勉強しておけばよかったと思っても後の祭りだが、それでも猪木武徳『経済社会の学び方』(中公新書、946円)を読んで、好奇心を忘れず、経済社会を有機的連関をもつ仕組みとして懐疑的に考え抜くことが重要だと痛感した。理論、データ、因果、歴史、心理などをどう落とし込みどう推理していけばいいのか、経済学の泰斗が自らの体験を踏まえ縦横無尽のヒントを展開してくれる。とはいえ内容的には歯応え十分で喉越しするするとはいかないが、世代を超えて大いに参考になるだろう好著である。 続きを読む »

読書通信 2021年11月号

■ 一部政治家にとっては、面従腹背していたとはいえこうした人物が文部科学次官にまで上り詰めるとは腹立たしい限りだろう。前川喜平『権力は腐敗する』毎日新聞出版、1760円)は前著『面従腹背』同様、官邸官僚政治と二代首相による国政私物化を徹底批判している。冒頭でアクトンの「絶対的な権力は絶対的に腐敗する」を引き「この警句は直接には教皇庁の権威主義に宛てたものだ。彼は教皇無謬説を厳しく批判した。それは良心の自由に反する専制主義にほかならなかったから」だと言う。本書の言いたいことはこの一点に集約される。つまり至上の価値としての良心の自由である。
後半部分には教育を中心にした論考が並ぶ。白眉は安倍首相の全国一斉休校問題で、感染についての科学的知見の欠如もさることながら、教育の本質に関わる決定的過ちが糾弾される。すなわち「子どもたちから学校教育と学校生活の機会を奪う休校は彼らの生存権と学習権を侵す」重大な憲法(25、26条)違反だ、というのである。これは当時のみならず、いつの時代にあっても見落とせない論点だろう。
■ 「官報複合体」という言葉は「権力と一体化するメディア」を揶揄した著者(元日経記者)による造語である。牧野洋『官報複合体』河出文庫、990円)は9年前に出版された同名の書を大幅に加筆修正し文庫化された。まずジョージ・オーウェルの名言が引用される。「権力が報じてほしくないと思うことを報じるのがジャーナリズム。それ以外はすべてPR」だと。
かくして日本のマスメディアの現状が徹底分析され、米国ジャーナリズムの歴史と実情が対比される。両者の差の大きさには慄然とせざるをえないが、とくに著者がコロンビア大学ジャーナリズム校で学んだ事例が再三紹介され説得力がいや増す。毎朝の紙面にいかに独自情報が少ないか、改めて痛感させられた(夕刊は少し改善)。「PR」は読み飛ばすしかないのだろう。 続きを読む »

読書通信 2021年10月号

■ なんとか200回の節目を迎えた。16年前、理事長時代に始めてからざっと800冊、おかげさまでたくさんの良書に出会えた。激励の言葉を折折いただけたからこそ続いたのだろう。もうしばらく多少ともお役に立てればと思う。
■ デジタル一辺倒の世界は危ないのではないか。そう心配していたところに堤未果『デジタル・ファシズム』NHK出版新書、968円)が目に入った。スーパーシティこと丸ごとデジタル化された街(中国が先行)は落とし穴だらけ、効率追求のデジタル政府(エストニアなど)はとてつもなく危うい、キャッシュレス化世界一の韓国はカード地獄でもある、などの事例はしっかり頭に入れておく必要があると感じた。
いちばんショックだったのは「教育のデジタル化」だ。生徒の膨大なデータをグーグルが収集する、ベンチャーが教育を投資商品にする、AI教師で生身の先生はいらなくなる、生徒たちはタブレットのおかげで考えなくてすむようになる、などという話を読んで、デジタルと権力が一体化した世界の怖さはひとしおでなかった。広く読まれるべき問題提起の書と思う。
■ 異なる意見に耳を傾けずしかも常に説明不足だったという点で安倍、菅両政権は似たもの同士であり、官邸官僚を跋扈させた点でも強い相似性をもっていた。森功『墜落 「官邸一強支配」はなぜ崩れたのか』(文藝春秋、1815円)は、コロナ対策がなぜ迷走したのか、五輪開催強行の裏側に何があったのか、政治の私物化がどのように進んだのかなどを、綿密な取材によって政権周辺から描いて読み応え十分だ。
安倍政権で「総理の分身」の異名をとった今井尚哉、警察OBとして凄みを発揮した杉田和博、菅政権で強権を振るった和泉洋人など多くの官邸官僚が登場し、官僚ににらみを利かせ、政策を立案し、政治家さえも手玉にとる。官邸官僚政治極まれりの感があるが、ここまで政権は劣化していたのかと改めて慄然としてしまった。 続きを読む »

読書通信 2021年9月号

■ 傑作『マネー・ボール』の著者ならでは、今回も(とくに後半は)一気に読ませる。冒頭の章でカリフォルニアの衛生官の仕事ぶりがコロナと無関係に延々と続き、後の章では主人公たちの生い立ちや過去のエピソードなど何度も脇道へ入り込むのも、彼らの後の行動への布石のごとくしだいに必須に思えてくる。マイケル・ルイス著、中山宥訳『最悪の予感 パンデミックとの戦い』(早川書房、2310円)の後半は、ブッシュ政権下のインフルエンザ対策からトランプ政権下のコロナ対策の混迷まで、感染症に取り組む主人公たちの苦闘が饒舌に語られる。
感染症対策なら米国は先進国かと思いきや官僚主義の跋扈により多くの犠牲者を出してきたことを知る。とくに感染症対策の中心に位置するCDC(米疾病対策センター)が感染対策の障害となってきたことなど本書から学ぶことは多い。日本にもこんな使命感にあふれた疫学者や衛生官たちがいてほしいと痛切に感じた。
■ 習近平に対してはどうも感覚的な評価が多いように感じる。その点、エドワード・ルトワック著、奥山真司訳『ラストエンペラー 習近平』文春新書、880円)はCSIS(米戦略国際問題研究所)の上級顧問として著名な著者が習の思考法や行動を情緒を排し戦略的視点から分析したもので、毛沢東に続く2人目の「皇帝」の弱点が冷静に明かされる。
とくに独裁は強そうに見えるが実は弱い権力システムであり、権力の集中と異分子排除の果てに崩壊の危険性は強まる一方だという論は納得できる。本書後半は軍事テクノロジーの逆説、戦略のロジックなど著者の専門学説が歴史的に語られていて習に限らぬ話だが、参考になる。 続きを読む »

読書通信 2021年8月号

■ 経済学の泰斗である猪木先生がこんな玄人はだしの音楽評論を上梓されるとは。猪木武徳『社会思想としてのクラシック音楽』新潮選書、1760円)は「社会思想や政治経済体制の視点から音楽の形式や内容」を見詰めようとした本である。といっても堅苦しいところはなく、楽曲の成り立ちや形式に分け入りつつ社会経済的な相互関係を多面的に探ろうとする試みは、多彩なエピソードも加わり大いに楽しめる。
バッハ、ハイドン、モーツァルト、ベートーベンからワグナー、シューマン、ショスタコビッチまで、パトロンや大衆との関係、政治や社会との関係など随所に重要な指摘がなされる。そこではアダム・スミス、トクヴィル、オルテガなどにより民主主義や自由の思想との相関性が繰り返し考究される。作曲家や演奏者をこのような角度から考察することは著者ならではの試みであり、多大な刺激を受けた。さらにいえば、東京クヮルテットや朝比奈隆などの演奏が激賞される個所では、CDを引っ張り出して楽しみながら読み進み、至福のときを過ごした。
■ 学術会議任命問題を入り口として企画された藤原辰史・内田樹ほか『「自由」の危機』集英社新書、1166円)は新書ながら26人の識者による論考を集めて400㌻に及ぶ。日本を覆う息苦しさへの危惧のもと、自由の意味、自由の難しさが多彩に論じられる。本書によって自ら考え、議論の余地があればその手掛かりとするとき編集意図は果たされることになろう。学問の自由、文化芸術の自由、社会的自由など教えられるところは多い。中でもトクヴィルによる「多数派による専制」という民主主義の欠点に警告を発した堤未果、自由を守るのは人々の生活や命を守るためであるとする山崎雅弘、世間体の戒律から自由になるためには自分で考え自分で自分を守る覚悟がいるというヤマザキマリの各氏の論考は、とりわけ勉強になった。 続きを読む »

読書通信 2021年7月号

■ 「歴史探偵」が亡くなって半年。半藤一利『戦争というもの』PHP研究所、1430円)は「記憶に残したい太平洋戦争名言集」とでもいうべき、いかにも著者らしい遺著である。著者の戦争嫌いは東京大空襲で九死に一生を得た少年期の体験から来ているので筋金入りで、最後の最後に軍人など有名無名人37の名言を選び一冊にまとめようとした。しかし体力、気力尽きて14でストップ、実現したのが本書である。
「沖縄県民斯く戦へり」(大田実)、「一に平和を守らんがためである」(山本五十六)、「敗因は傲慢の一語に尽きる」(草鹿龍之介)、「理想のために国を滅ぼしてはならない」(若槻礼次郎)から「バスに乗り遅れるな」(流行語)、「タコの遺骨はいつ還る」(流行歌)など、著者の絶筆は寸鉄で刺すがごとく鋭い。あと23本は直筆の企画書として本書に掲載されていて実現していればと惜しまれる。末利子夫人と孫の北村淳子氏の解説もいい。
■ 偉い人ほどウソをつく。そして逃げまくる。「このまま忘れてもらおう」作戦に引っ掛かってたまるか。そう憤慨するのが武田砂鉄『偉い人ほどすぐ逃げる』文藝春秋、1760円)である。『文學界』にここ数年、連載してきた43のエッセーを政治、社会、五輪、言葉、メディアの5テーマに再編成した。やや旧聞に属する話もあるが、それだけに忘れかけていた大事な問題を考え直すきっかけにもなる。
安倍前首相も逃げ切ったと思っている一人なのだろうが、看板だった「女性活躍社会」など事実上、何もできずに退陣に至ったことは著者の分析どおりだし、昨年4月の会見でイタリア人記者から「コロナ対応が失敗だったらどうする」と問われて「私が責任をとればいいというものではありません」と返した話が紹介される(当分、忘れてはならぬ迷言だろう)。歯に衣着せぬ著者のしつこさには学ぶべきところも多い。 続きを読む »

読書通信 2021年6月号

■ 石橋湛山を主題にした本はあまたあるが、昭和史の泰斗が10年以上前から構想を温めてきた本格的な湛山論がようやく上梓された。保阪正康『石橋湛山の65日』東洋経済新報社、1980円)は期待を裏切らぬ力作である。書名のとおり石橋内閣の誕生までと、病を得てわずか2カ月で歴史的な潔さで退陣するまでとを2本の柱に据えて、湛山が何を国民に訴えたか、何をしようとしたかを過不足なく描いている。
著者は「最短の在任、最大の業績」と評しているが、湛山ほどその哲学と政策を矛盾なく両立させえた政治家は、日本の政治史に他に例を見ないと言って過言ではなかろう。吉田茂との抗争、GHQとの対峙、自主平和路線、国民への真摯な誓いなど、政治家湛山の魅力には改めて感服せざるをえない。戦前からの小日本主義、実用主義、倫理主義を政治家としてぶれずに貫き通す湛山像として描き抜いたところは、人物論としても一級品といえる。昨今の政治の貧困に対する頂門の一針として読者は爽快な読後感を持つだろう。湛山に興味はあっても湛山本はまだという人にこの際、ぜひお薦めしたい。
■ 今の株高は金余り下のバブルと呼ぶしかないだろう。機関投資家も企業も個人もゼロ金利下ではほかに運用対象がないのも事実だ。そんな中、前田昌孝『株式市場の本当の話』日経プレミアシリーズ、935円)は目からウロコの指摘が詰まっている。「課題山積の投資信託」「公的年金の危うい運用」「長期投資は本当に有効か」「ESG投資の死角」など、市場に興味をもつ人にとっては面白い難問が次々登場する。
株式市場を永年ウオッチしてきたベテラン記者ならではの視点と分析はとても参考になる。しかも歯に衣着せずというか、金融庁、取引所、日銀、GPIF、投信など市場関係者に耳の痛い話が多々聞けるのも好ましい。年金基金に関係している筆者としては日頃、疑問に感じている諸点をめぐりわが意を得たりの感をもった。 続きを読む »

読書通信 2021年5月号

■ 昨秋出版されていたのに遅くなってしまったが、良い本なので紹介したい。600ページに及ぶ大著でそれなりの定価にもかかわらず、著者に先日、聞いたところではすでに6刷という。大したものだ。春名幹男『ロッキード疑獄(KADOKAWA、2640円)は田中角栄と丸紅、全日空の首脳が逮捕、起訴された昭和の大事件の真実に迫って読む者を引きつける。
ロッキード事件では「関連文書誤配説」「ニクソンの陰謀説」「三木の陰謀説」「田中の資源外交起因説」などの陰謀論が人口に膾炙した。最終的に本書はキッシンジャーという伝説的外交官の自らの外交への過信、強い猜疑心、謀略の才能などが一体となって田中を陥れた、外交的葛藤の所産としての疑獄だったと結論づける。「巨悪の正体」と題した「児玉誉士夫の先の闇」の解明も冴えている。15年もの長期取材で膨大な資料を渉猟し続けた努力の結晶としての推理ドキュメンタリーとも言うべき力作である。
■ 石橋湛山は汲めども尽きぬ泉のようだ。これだけ論じられていまだ評価され切れていない言説が次々に出てくる。原田泰・和田みき子『石橋湛山の経済政策思想』日本評論社、3960円)も、過小評価あるいは無視されている湛山の経済政策思想に新たな光を当てている。テーマの一つは湛山の昭和恐慌理解がなぜ誤解されたかだが、湛山の理解には日本のケインジアンやマル経学者たちが考えもつかない独創性があったことを本書は明らかにする。あるいは湛山がインフレーショニストというレッテルを張られたのはなぜか、また傾斜生産方式がなぜ有沢広巳の手柄として喧伝されたのか、など、データを駆使しつつ推理小説もどきに明らかにしていく著者の推理の流れは、統計を一貫して重視した湛山と通底して鮮やかである。副題の「経済分析の帰結としての自由主義、民主主義、平和主義」はまさに本書の意義(あるいは湛山の本質)を疑いなく明確に語っていると感じた。 続きを読む »

読書通信 2021年4月号

■ 地方創生ほど誰も反対しないわりに実績の乏しいスローガンは珍しい。国政や中央官庁に責任はあるにせよ地方自治体や地方全体も問題ではないかと思っていたら、格好の指南書を見つけた。木下斉『まちづくり幻想』SB新書、990円)は地方の実情を知り尽くした著者ならではの、目からウロコのヒントにあふれている。パンデミックで東京一極集中に歯止めがかかりつつあるという俗論(幻想)を本書は一蹴し、地に足のついたまちづくりを提案する。
「予算さえあれば地域は再生する」「みんなでがんばれば何とかなる」「外部の知恵を導入しよう」「よその成功例に学べ」。これでは失敗は目に見えている著者は言う。とくに中央のコンサルティング会社に丸投げするのは最悪で、カネがあったら地元で人材教育を進めよというのは至言だろう。あまた登場する成功例、失敗例を生かさない手はない。巻末の「まちづくり幻想を振り払うための12のアクション」(①外注より職員育成、②地域に向けても教育投資が必要、③役所も…)は必読の問題提起である。
■ 昨今の政治家や経営者に何より欠けているのが哲学というのは寂しい。と嘆いていたら小川仁志『むかしむかしあるところに、哲学者がやってきた。』高橋書店、1540円)が目に留まった。表紙に「7つの昔話で学ぶ哲学入門」とある。漫画で楽しませながら哲学を学ばせてやろうという著者の魂胆が気に入った。
「桃太郎」では「その桃だれのもの?」でロックの所有権、「鬼退治に行くのは運命か」でサルトルの実存主義、「鬼はほんとに悪なのか」でパスカルの繊細の精神、といった具合に見開き16コマ漫画と1ページの解説と哲学者の自己紹介によって、いやでも36の哲学思想が頭に納まる(はず)という仕組みだ。著者はれっきとした哲学教授。快作である。ただ政治家、経営者の即効薬になるかは保証の限りではない。 続きを読む »