読書通信2022年6月号

■ 経営は科学だ、「野性」などなんで必要なのか。大抵の人はそう考えるだろう。実際、多くの企業がPDCAにこだわっているが、野中郁次郎ほか『野性の経営』KADOKAWA、1980円)によれば、この科学的管理手法は人を指示待ちにし、創意工夫しなくなるという。著者が主張する経営学は株主価値最大化に代わり、人々がアニマル・スピリットによって互いに共感し感動する「野性的」企業家魂である。
本書の最大の魅力は理論と物語が一体となっている点にある。物語とはタイ北端の麻薬地帯ドイトゥンをコーヒー産地として蘇らせたクンチャイという稀有の人物の壮絶な戦いを詳細に描いたドキュメンタリーであり、これこそが「野性の経営」なのだと読み進めば腑に落ちるはずだ。マンネリ経営から抜け出すに益するところ大の貴重な経営学を学んでみよう。パソコンをにらんで終日、仕事をしている(つもりの)ビジネスパーソンには目からウロコの啓示がある。
■ アマゾンやユニクロの潜入記は大変な苦労があったと思うが、今度はもっと大変だったろう。何しろ米国で1年間も、トランプ支持の赤い帽子とTシャツ姿で共和党のボランティアを装って家々を訪れ、トランプ信者の本音を聞き出そうというのだから。横田増生『「トランプ信者」潜入一年』小学館、2200円)はそのようにして米国の深部をえぐってみせる。歩き回り続けて足を痛めてしまい、議事堂襲撃事件のときには身の危険を感じ防弾チョッキまで着て現場に入り込み、インタビューを続ける。
トランプ信者の多くは、著者がトランプに不利な質問をすると、それはフェイクだと言下に否定しいっさい疑うことをしない。このようにして米国社会の分断が生じていることがよくわかる。これは過去形の報告ではない。2年後の大統領選では、共和党内はトランプ絶対優勢で、民主党には強力な対抗馬はいないそうだから。 続きを読む »

読書通信2022年5月号

■ コロナをめぐる「専門家」とウイルス学者の考え方の違いは甚だしい。評者は以前から後者の本に注目してきたが、宮沢孝幸『ウイルス学者の責任』PHP新書、1078円)の主題は「100分の1作戦」で、浴びるウイルス量を100分の1に減らせば感染は防げるという提唱は明快で本質を突いている。等閑視されてきた「ウイルスの量」を提起しているのが肝である。
まず換気、軽い手洗い、適切な(過剰でない)マスクで十分とされる。「無症状の人と濃厚接触しても感染するリスクはほぼゼロ」で、陽性でもウイルス量を考慮した対策をとるべきだったというのは決定的に重要である。結果的に「ウイルス学の常識を知らない医師たちの意見で国の政策が決められてしまった」と手厳しい。ワクチン接種も落とし穴があり「リスクとベネフィットを個人が考えて接種を決めればよい」。確かに。
■ 日本の産業も企業もマクロ経済も沈滞が続いて久しい。他国に謙虚に学ぶことと、個を確立して独自の強靭な供給力を作り上げることの両方が必要と思うが、原田泰ほか編著『学ばなかった日本の成長戦略』中央経済社、2310円)は前者に注目して多面的に分析を行っている。具体的には日本は先進国グループから脱落した平凡な国になってしまっているとの認識の下で、規制や制約を取り払い、企業は他の国々の成功事例に学ぶべきだとの認識である。
総論に続き雇用と経営の状況が批判的に論じられ、電機、情報サービス、自動車(EV、自動運転)、金融、観光などの産業が世界標準から取り残されつつある現状が俎上に載る。個々の分析にばらつきはあるが、総じて的確な指摘が多く、効率よく現状と課題を知ることができる。沈滞は制度、官の規制と自己規制、経営者、企業組織、消費者の性向などの複合要因だろうが、これを機に議論が深まることを期待したい。 続きを読む »

読書通信 2022年4月号

■ 福島原発事故が忘却の彼方という人は年々増えているのではないか。風化は日々進まざるをえない。だが石原大史『原発事故 最悪のシナリオ』NHK出版、1870円)は原発事故が過去の物語などでないことを教えてくれる。
本書は昨年3月に放送されたNHKのドキュメンタリー番組を踏まえスタッフが書き下ろした労作である。大震災当時、最悪のシナリオを想定してどう対策を進めるべきか、混乱する官邸は手が打てなかった。自衛隊の動きも緩慢で米国は米軍が前面に出ることさえ考えたが、それは「米軍占領下」となることを意味した。官邸、東電本社、自衛隊、米軍、福島原発現場の枢要な人々が当時を振り返ったインタビューは意外性に富み、早い時期に最悪シナリオの必要性を提起した(民主党の)政治家もいたことがわかる。本書から学ぶことはあまりに多い。大事故に直面し「想定外」などと言って「最悪の可能性」を追究しないのは日本の悪い癖である。
■ 世界で今、日韓関係ほど複雑で解きほぐしにくい二国間関係は少ないだろう。木村幹『韓国愛憎』中公新書、946円)は韓国研究の第一人者が自らの研究の日々を成果や苦悩の中に振り返るとともに、韓国の躍進と対日姿勢の変容の過程をたどる異色の日韓関係史である。この30年間の韓国社会の変貌ぶりは劇的で韓国が自信を深めるほど「韓日」関係は政治的に重要性を失うが、であればこそ社会は暴走して歯止めがきかなくなることがよくわかる。
「自分史」であるだけに少々まだるっこしく感じる部分もないわけではないが、とりわけ終章の「関係悪化の本格化」は明快で教えられることが多い。著者はしばしば「それであなたは韓国が好きなんですか」と質問されるという。それへの答え(それがわかれば苦労はしない)には笑ってしまった。まさに愛憎の半生記である。 続きを読む »

読書通信 2022年3月号

■ 著者が雑誌に永く連載してきた宗教論が一冊にまとまった。寺島実郎『人間と宗教』岩波書店、2200円)は世界宗教誕生からビザンツ帝国における一神教、そして近代日本の宗教までの幅広い話題と、宗教理解に貴重な視点が提供され大いに参考になる。そこには宗教者以上に宗教を深く追究し思索した成果がある。
世界の「宗教現場」に何度も足を運んだ実体験も興味深いが、日本人にとっての宗教という点から親鸞、日蓮、本居宣長、そして迫害のキリシタンたちをめぐる考察が評者には刺激的だった。その上で内村鑑三、新渡戸稲造などにおける「日本人の心の基軸」が今の時代に新たな重要性をもって浮かび上がるように思われた。著者は昨今の国家神道への回帰には警鐘を鳴らしているが、良くも悪しくも宗教が人と時代を動かしてきたこと、そしてこれからもそうであろうことを、我がこととして自問し続けることが求められていると改めて痛感させられた。
■ 有田八郎といえば都知事選で2度惜敗し、料亭「般若苑」の女将との仲を三島由紀夫『宴のあと』で描かれプライバシー裁判になったことでも知られる。とはいえその真骨頂は戦前の外交面での活躍にある。有田八郎『馬鹿八と人はいう』中公文庫、1100円)は風雲急を告げる日本外交を回想して読み応えがある。広田、平沼、米内内閣で外相を務めた有田は日独伊軍事同盟に異を唱え、日米開戦に否定的だったため右翼の暗殺リストに挙げられたほどだった。
戦中は早期戦争終結を求め上奏文を提出するなど努力を続けた。描かれる外交の内幕はドキュメンタリー風の面白さで、資料的価値も高い。書名は片山哲や風見章と憲法擁護国民連合を立ち上げたとき「グズ哲、ノロ章、バカ八に何ができる」と揶揄されたが「ソロバンに合わぬことをやるバカに世間からは見えたかもしれぬ」と言って怒りもしなかったところから。昨今まれな自分を客観視できる骨のある人物だった。 続きを読む »

読書通信 2022年2月号

■ 戦前戦中に『東洋経済新報』の社説を書くなど石橋湛山と<RUBY CHAR=”昵懇”,”じっこん”>だった外交評論家の清<RUBY CHAR=”沢洌”,” きよし”>が残した「暗黒日記」を、文体と語句を現代風に読みやすく書き換えた清沢洌『現代語訳 暗黒日記』(東洋経済新報社、2200円)が出版された。広く読まれている岩波文庫版(山本義彦編)同様、本書も原本から抜粋、編集されている。そこで比較してみたのだが抜粋個所はかなり異なる。清沢の最も言わんとするのはどの部分か、また当時の状況をどこが的確に伝えているか、の編集判断がこれほど違うとは意外だった。削除部分も、修正された原文のニュアンスもやはり大事だし、本書を入り口に全文収録の評論社版(橋川文三編)へ進めれば何よりだろう。
それにしても今回、読み直してみた限りでも、世情への率直な物言い、痛烈な軍部・新聞批判、厳しい人物評など、屈指のリベラリストの面目躍如たることに改めて感服した。清沢の主張や感想は80年後の今もなお新鮮で、まったく意義を失っていない。丹羽宇一郎氏の解説と事項や人名の脚注が理解を助けてくれるだろう。
■ パンデミックの経済社会的な分析は極めて重要なのになお十分とは言えない。そんな中で原田泰『コロナ政策の費用対効果』ちくま新書、946円)が刊行されたのは喜ばしい。専門家会議と政府、PCR検査をめぐる百家争鳴、緊急事態宣言の効果、医療崩壊とワクチン敗戦、コロナ不況と対策の混乱などデータやファクトは豊富だし、分析も的確で興味深い指摘が多い。
とくに一律給付、Gotoキャンペーン、雇用調整助成金などでの政策対応には問題点山積だとする著者の見解は傾聴に値する。多少の異見は持ったけれども、著者の指摘が政策として受け止められていればより高い「コスパ」が得られたのではないか。残念なことである。政策担当者は言うまでもないが、広く読まれることで今後の政策に役立っていくことを期待したい。 続きを読む »

読書通信 2022年1月号

■ 昨年取り上げた47冊の中からベストテンを選んでみた(〇数字は月号)。まずアンデシュ・ハンセン『スマホ脳』②は大ベストセラーになったがまだならぜひ。マイケル・ルイス『最悪の予感』⑨はさすがルイス、片山善博『知事の真贋』①、保阪正康『石橋湛山の65日』⑥、芝健介『ヒトラー』⑫も力作だ。小川仁志『むかしむかしあるところに哲学者がやってきた』④は異色の哲学入門。渡辺政隆『科学の歳事記』⑤、千足伸行『画家たちのパートナー』⑥、猪木武徳『社会思想としてのクラシック音楽』⑧は楽しみながら学ぶところ大である。コロナ感染防止には西村秀一『新型コロナの大誤解』⑧が絶対のお薦めで、残る37冊も捨てがたかった。
■ 全国紙やキー局のジャーナリズム精神に疑問符がつく昨今だが、その点、地方メディアにはさまざまな優位性がある。しつこく一つのテーマに取り組む能力などはその最たるものだろう。松本創『地方メディアの逆襲』ちくま新書、946円)に登場する記者たちはほんとにしつこい。さまざまに厳しい状況下にありながら、何年もかけて一つの問題を追う。あるいはドキュメンタリー番組を何十年と続ける。
彼らのひたむきさは感動的ですらある。岡山本社に異動しても前任地高松の事件を追い続ける記者と、それを認める会社。人口減の中で財政的困難は増す一方だろうに、つい応援したくなる。登場するのは秋田魁新報、琉球新報、毎日放送、瀬戸内海放送、京都新聞、東海テレビ放送の6メディア。でも類似の例はほかにもたくさんあるはずだ。読み応え十分の力作である。 続きを読む »

読書通信 2021年12月号

■ ヒトラー死して76年、いまだにヒトラーは忘れ去られずにいる。ナチ的なものの復権の動きもある。日本もひとごとではなく、芝健介『ヒトラー』岩波新書、1276円)もよく売れているらしい。著者はヒトラーの波乱の人生を縦軸に、広域ドイツの国内事情、政治家や軍人たちの動きを織り成して描き切った。ヒトラーの野心や偏執性、さらに疑心や葛藤も追究され、特異な個性が熱狂の時代に浮かび上がる。
ナチスを論じるに際しては、ヒトラーの役割を重視する「意図派」と体制全体の構造を重視する「機能派」の対立が続いたが、本書は両者を統合的にとらえる歴史家カーショーを高く評価して同様のアプローチをとっているため、結果的にバランスのとれたナチス分析となった。エピソードも適宜織り込み、充実度において新書のイメージを超えた、専門家と一般読者の双方を満足させうるだろう力作である。余談だが、本書読了後、水木しげるの傑作「劇画ヒットラー」(ちくま文庫)を読み直して余韻が膨らんだ。
■ 問題のあまりに多い昨今の経済社会だが、識者たちの作為とも無作為ともとれる発言がそれに覆いかぶさってうっとうしい。もっとしっかり勉強しておけばよかったと思っても後の祭りだが、それでも猪木武徳『経済社会の学び方』(中公新書、946円)を読んで、好奇心を忘れず、経済社会を有機的連関をもつ仕組みとして懐疑的に考え抜くことが重要だと痛感した。理論、データ、因果、歴史、心理などをどう落とし込みどう推理していけばいいのか、経済学の泰斗が自らの体験を踏まえ縦横無尽のヒントを展開してくれる。とはいえ内容的には歯応え十分で喉越しするするとはいかないが、世代を超えて大いに参考になるだろう好著である。 続きを読む »

読書通信 2021年11月号

■ 一部政治家にとっては、面従腹背していたとはいえこうした人物が文部科学次官にまで上り詰めるとは腹立たしい限りだろう。前川喜平『権力は腐敗する』毎日新聞出版、1760円)は前著『面従腹背』同様、官邸官僚政治と二代首相による国政私物化を徹底批判している。冒頭でアクトンの「絶対的な権力は絶対的に腐敗する」を引き「この警句は直接には教皇庁の権威主義に宛てたものだ。彼は教皇無謬説を厳しく批判した。それは良心の自由に反する専制主義にほかならなかったから」だと言う。本書の言いたいことはこの一点に集約される。つまり至上の価値としての良心の自由である。
後半部分には教育を中心にした論考が並ぶ。白眉は安倍首相の全国一斉休校問題で、感染についての科学的知見の欠如もさることながら、教育の本質に関わる決定的過ちが糾弾される。すなわち「子どもたちから学校教育と学校生活の機会を奪う休校は彼らの生存権と学習権を侵す」重大な憲法(25、26条)違反だ、というのである。これは当時のみならず、いつの時代にあっても見落とせない論点だろう。
■ 「官報複合体」という言葉は「権力と一体化するメディア」を揶揄した著者(元日経記者)による造語である。牧野洋『官報複合体』河出文庫、990円)は9年前に出版された同名の書を大幅に加筆修正し文庫化された。まずジョージ・オーウェルの名言が引用される。「権力が報じてほしくないと思うことを報じるのがジャーナリズム。それ以外はすべてPR」だと。
かくして日本のマスメディアの現状が徹底分析され、米国ジャーナリズムの歴史と実情が対比される。両者の差の大きさには慄然とせざるをえないが、とくに著者がコロンビア大学ジャーナリズム校で学んだ事例が再三紹介され説得力がいや増す。毎朝の紙面にいかに独自情報が少ないか、改めて痛感させられた(夕刊は少し改善)。「PR」は読み飛ばすしかないのだろう。 続きを読む »

読書通信 2021年10月号

■ なんとか200回の節目を迎えた。16年前、理事長時代に始めてからざっと800冊、おかげさまでたくさんの良書に出会えた。激励の言葉を折折いただけたからこそ続いたのだろう。もうしばらく多少ともお役に立てればと思う。
■ デジタル一辺倒の世界は危ないのではないか。そう心配していたところに堤未果『デジタル・ファシズム』NHK出版新書、968円)が目に入った。スーパーシティこと丸ごとデジタル化された街(中国が先行)は落とし穴だらけ、効率追求のデジタル政府(エストニアなど)はとてつもなく危うい、キャッシュレス化世界一の韓国はカード地獄でもある、などの事例はしっかり頭に入れておく必要があると感じた。
いちばんショックだったのは「教育のデジタル化」だ。生徒の膨大なデータをグーグルが収集する、ベンチャーが教育を投資商品にする、AI教師で生身の先生はいらなくなる、生徒たちはタブレットのおかげで考えなくてすむようになる、などという話を読んで、デジタルと権力が一体化した世界の怖さはひとしおでなかった。広く読まれるべき問題提起の書と思う。
■ 異なる意見に耳を傾けずしかも常に説明不足だったという点で安倍、菅両政権は似たもの同士であり、官邸官僚を跋扈させた点でも強い相似性をもっていた。森功『墜落 「官邸一強支配」はなぜ崩れたのか』(文藝春秋、1815円)は、コロナ対策がなぜ迷走したのか、五輪開催強行の裏側に何があったのか、政治の私物化がどのように進んだのかなどを、綿密な取材によって政権周辺から描いて読み応え十分だ。
安倍政権で「総理の分身」の異名をとった今井尚哉、警察OBとして凄みを発揮した杉田和博、菅政権で強権を振るった和泉洋人など多くの官邸官僚が登場し、官僚ににらみを利かせ、政策を立案し、政治家さえも手玉にとる。官邸官僚政治極まれりの感があるが、ここまで政権は劣化していたのかと改めて慄然としてしまった。 続きを読む »

読書通信 2021年9月号

■ 傑作『マネー・ボール』の著者ならでは、今回も(とくに後半は)一気に読ませる。冒頭の章でカリフォルニアの衛生官の仕事ぶりがコロナと無関係に延々と続き、後の章では主人公たちの生い立ちや過去のエピソードなど何度も脇道へ入り込むのも、彼らの後の行動への布石のごとくしだいに必須に思えてくる。マイケル・ルイス著、中山宥訳『最悪の予感 パンデミックとの戦い』(早川書房、2310円)の後半は、ブッシュ政権下のインフルエンザ対策からトランプ政権下のコロナ対策の混迷まで、感染症に取り組む主人公たちの苦闘が饒舌に語られる。
感染症対策なら米国は先進国かと思いきや官僚主義の跋扈により多くの犠牲者を出してきたことを知る。とくに感染症対策の中心に位置するCDC(米疾病対策センター)が感染対策の障害となってきたことなど本書から学ぶことは多い。日本にもこんな使命感にあふれた疫学者や衛生官たちがいてほしいと痛切に感じた。
■ 習近平に対してはどうも感覚的な評価が多いように感じる。その点、エドワード・ルトワック著、奥山真司訳『ラストエンペラー 習近平』文春新書、880円)はCSIS(米戦略国際問題研究所)の上級顧問として著名な著者が習の思考法や行動を情緒を排し戦略的視点から分析したもので、毛沢東に続く2人目の「皇帝」の弱点が冷静に明かされる。
とくに独裁は強そうに見えるが実は弱い権力システムであり、権力の集中と異分子排除の果てに崩壊の危険性は強まる一方だという論は納得できる。本書後半は軍事テクノロジーの逆説、戦略のロジックなど著者の専門学説が歴史的に語られていて習に限らぬ話だが、参考になる。 続きを読む »