事務局便り  2020.1.31

少子高齢化が進展する中で、日本の社会は様々な問題に直面しています。その一つが地方の衰退です。都市圏への人口の集中は首都圏のみではなく、地方都市間においても中核都市へ人口が流入し、それ以外の都市は衰退の一途をたどりつつあります。こうした状況は日本社会を支えてきたコミュニティの崩壊が進行しつつある現実をうかがわせます。そしてこうした社会の変動によって、日本の社会基盤の一翼を担ってきた寺院もまた、社会の錨としての機能を失いつつあります。本日は、衰退が続く地方と宗教の問題をについて、お寺の副住職でもある鵜飼さんのお話をうかがいます。

*中部経済倶楽部 2月は4日(火)が現代中国研究家の津上俊哉氏(会場:名古屋国際ホテル)、17日(月)が笹川平和財団上席研究員の渡部恒雄氏(同:名古屋国際ホテル)です。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 本日はグレゴリー・ラトフ監督 レスリー・ハワード主演の『別 離』です。上映時間70分。午後2時40分頃開始します。