米中対立時代の日中関係

10月1日(金)第4386回     富坂  聰氏(拓殖大学海外事情研究所教授)

講師紹介
1964年生まれ。中国に留学。北京語言学院を経て、北京大学中文系に進学。その後、週刊ポスト記者、週刊文春記者を経てフリージャーナリストに。94年『「龍の伝人」たち 「天安門」後を生きる新中国人の実像』(小学館  1994)で21世紀国際ノンフィクション大賞(現・小学館ノンフィクション大賞)優秀賞受賞。2014年4月より拓殖大学海外事情研究所教授に就任し現在に至る。主な近著に『「反中」亡国論 日本が中国抜きでは生きていけない真の理由』(ビジネス社   2021)、『中国がいつまでたっても崩壊しない7つの理由』(ビジネス社   2017)、『習近平の闘い 中国共産党の転換期』(角川新書、2015)、『中国は腹の底で日本をどう思っているのか』(PHP新書、2015)がある。