習近平政権の正念場と2022年の中国経済の展望

2月4日(金)第4402回     柯 隆氏(東京財団政策研究所主席研究員)

講師紹介
1963年中国・南京市生まれ。88年に来日し愛知大学法経学部入学。94年名古屋大学大学院修士課程修了(経済学修士号取得)し、長銀総研入所。98年富士通総研経済研究所移籍。2006年より同研究所主席研究員。18年東京財団政策研究所移籍。現在同研究所主席研究員。静岡県立大学グローバル地域センター特任教授、多摩大学大学院客員教授。主な著書に『「ネオチャイナリスク」の研究』(慶応義塾大学出版会  2021)、『中国「強権復権」の条件』(慶應義塾大学出版会  2018)、『チャイナクライシスへの警鐘』(日本実業出版社  2010)、『中国の不良債権問題』(日本経済新聞社  2007)がある。