日本経済のゆくえ

2月7日(金)第4319回      野口  悠紀雄氏(一橋大学名誉教授 早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問)

講師紹介

1940年、東京生まれ。1963年、東京大学工学部卒業。1964年、大蔵省入省。1972年、エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。
一橋大学教授、東京大学教授(先端経済工学研究センター長)、スタンフォード大学客員教授などを経て、2005年4月より早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授。
2011年4月 早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問を経て17年9月より現職。主な近著に『データ資本主義』(日本経済新聞出版社   2019)、『年金崩壊を生き抜く「超」現役論』(NHK出版   2019)、『マネーの魔術師』(新潮選書 2019)、『AIと金融の未来』(PHPビジネス新書 2018)、『ブロックチェーン革命』(日本経済新聞出版、2017)、
『日本式モノづくりの敗戦』(東洋経済新報社、2013)、『製造業が日本を滅ぼす』(ダイヤモンド社、2012)がある。