ポストコロナ時代のライフスタイルとテクノロジー(★ホールでの講演会は中止)

6月5日(金)第4333回      佐々木   俊尚氏(ジャーナリスト)

講師紹介

1961年兵庫県生まれ。1981年早稲田大学政経学部政治学科入学。1988年毎日新聞社に入社。以降12年あまりにわたって事件記者の日々を送る。東京社会部で警視庁を担当した際にはオウム真理教事件に遭遇。ペルー日本大使公邸占拠事件やエジプト・ルクソール観光客虐殺事件などで海外テロも取材する。1998年脳腫瘍を患って長期休養。翌年、毎日新聞社を辞めてアスキーに移籍。月刊アスキー編集部でデスクを務める。2003年独立してフリージャーナリストに。以降たったひとりで事務所も構えず、取材執筆活動を行っている。主な著書に「『当事者』の時代」(光文社新書、2012年)、『キュレーションの時代』(ちくま新書、2011年)、『電子書籍の衝撃』(ディスカヴァートェウンティワン、2010年)、『マスコミは、もはや政治を語れない』(講談社、2010年)など多数。