事務局便り 2017.9.8

北朝鮮の脅威が日増しに高まっています。ICBMの能力が急速に向上しつつあるのに加えて、水素爆弾の小型化とミサイルの多弾頭化技術の完成によって、北朝鮮の軍事的脅威は、もはや完全に現実のものになりました。すでに米国内でも、北朝鮮の核保有を認めた上で交渉を行うべきだとする意見が浮上しつつあります。こうした中で、日本政府は、追加的経済制裁による圧力の強化を唱え続けてきましたが、その効果は全く現れていません。さて、北朝鮮問題の深刻化は、皮肉なことに安倍政権の苦境を一時棚上げしたようです。しかし、世論調査での支持率は改善したものの、安倍首相の続投を支持する声は戻っていません。本日は次期首相候補第一位の石破さんに、自民党と日本の今後について語っていただきます。

*倶楽部施設を改装 8月に改装工事を行い、エレベーターホール、第一会議室、廊下の照明を間接照明に変更。老朽化した事務所の天井も張り替えました。また、談話室に常設されているテレビを1台、大型の壁掛けテレビに変更しております。

*懇親ゴルフ「青空会」  恒例のゴルフ会を今年も開催します。奮ってご参加ください。

 日時:9月26日(火)

場所:相模原ゴルフクラブ(東outコース)            詳細は事務局まで。                                   

中部経済倶楽部 9月は20日(水)が軍事アナリストの小川和久氏による「日本の安全保障を考える」。10月10日(火)が小峰隆夫・法政大学大学院教授で「日本経済の現状と展望」です。会場はいずれも名古屋国際ホテルになります。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 9月8日はゲーリー・クーパー主演による『遠い太鼓』です。開始は午後2時40分から。上映時間は101分になります。

事務局便り 2017.9.1

今年も残暑が厳しいとの予想ですが、最近とみに少し先の予想は外れることが多いようです。日本では成長機会がないから投資が活発にならないと嘆く向きが多いのですが、ITとインターネットの分野では新しいビジネスが次々に誕生して急成長しています。アメリカを先頭にして発展を続けるこの分野での日本勢の立ち遅れぶりは目を覆うばかりです。新しい動きに対して、まず否定から入ろうとする輩が多すぎるのが、日本社会の通例ですが、こうした意識を変えない限り、日本経済の復活はないでしょう。政と官に頼らず、自らリスクをとり、必要とあれば、規制と既得権力に立ち向かう気概が何よりも不可欠です。本日はITを軸として大きく変わりつつある世界経済の行方を、この分野の第一人者である野口先生に語り尽していただきます。

*倶楽部施設を改装 8月に改装工事を行い、エレベーターホール、第一会議室、廊下の照明を間接照明に変更。老朽化した事務所の天井も張り替えました。また、談話室に常設されているテレビを1台、大型の壁掛けテレビに変更しております。

*懇親ゴルフ「青空会」  恒例のゴルフ会を今年も開催します。奮ってご参加ください。

 日時:9月26日(火)

場所:相模原ゴルフクラブ(東outコース)            詳細は事務局まで。                                   

中部経済倶楽部 9月は6日(水)が時事通信社解説委員長の山田惠資氏による「ここからの日本の政治について」、20日(水)が軍事アナリストの小川和久氏による「日本の安全保障を考える」です。いずれも会場は名古屋国際ホテルになります。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 9月1日はアラン・ラッド主演による『シェーン』です。開始は午後2時40分から。上映時間は118分になります。

事務局便り 2017.7.21

今年も例年以上に暑い夏が巡ってきました。ここ数年の夏を思い起こしても、明らかに「記録的」な気象変動が相次いで起きています。熱波だけでなく、豪雨、突風など、あらゆる形態の異常気象が、世界各地で多発しているのです。かねてから専門家たちが警告してきた地球温暖化の影響が徐々に顕在化しつつあるのは疑いようがありません。様々な利害の衝突の末にやっと締結されたパリ協定をあっさり反故にした米国は、超大国としての責任を顧みない大馬鹿者です。愚かな大統領を選んだだけでなく、その愚かな行動を放置するこの国は、長い地球の歴史に大きな汚点を残しつつあります。さて、暑い日本の夏はかつての「日本の失敗」を国民に思い起こさせる季節でもあります。本日は長きに渡って昭和史に取り組んでこられた保阪さんに、天皇の生前退位と昭和、平成を引き継ぐ新時代について語っていただきます。

*銷夏パーティーについて

  開催日:7月21日(金) *定例講演会終了後の開催となります。

開場:15:00、開宴:15:10

日本フィルのソロ・コンサートマスター 扇谷 泰朋氏のヴァイオリン独奏や福引大会もあります。

参加費用は、お1人様5000円です。                 詳細は事務局まで。

懇親ゴルフ「青空会」  恒例のゴルフ会を今年も開催します。奮ってご参加ください。

 日時:9月26日(火)、場所:相模原ゴルフクラブ(東outコース)    詳細は事務局まで。

                                   

*中部経済倶楽部 7月は25日(火)が第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏の「ここからの日本経済展望」(同:名古屋国際ホテル)です。9月は6日(水)が時事通信解説委員長の山田恵資氏による「ここからの政治動向について」、20日(水)が軍事アナリストの小川和久氏による「日本の安全保障を考える」です。いずれも会場は名古屋国際ホテルです。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 7月21日は銷夏パーティーのため、映画鑑賞会はお休みとさせて頂きます。

事務局便り 2017.7.14

都議会議員選挙における自民党の歴史的敗北をうけて、安倍政権に対する逆風がにわかに強まっています。安倍首相は、8月初めにも内閣改造を断行し、支持率の再浮揚を図る構えですが、果たしてここまで落ち込んだ国民の支持が簡単に回復するかどうか。安倍政権の前途は極めて厳しいと言わざるを得ません。支持率の低下と都議選の敗北について、相次ぐ大臣の失言に原因を求める声もあります。しかし、いわゆる「共謀罪」成立に際しての強引な国会運営は、都議選前の幕引きを急ぐあまり、議論を途中で打ち切って数の力で押し切ったもので、まさに民主主義の基本を踏みにじる行為でした。そして、安倍首相の国会答弁でここのところ目立っていた異様な高揚は、投票日前日の唯一の街頭演説での「こんな人たち」発言で頂点に達しました。どんなに「真摯に反省」しても、失われた信頼は容易に帰ってはきません。永田町周辺の人たちは、これまでもこうした国民の側の変化にいつも鈍感でした。政局の流動化が一気に進むかどうか。本日は、おなじみの塩田潮さんに、これからの政治を展望していただきます。

本年前半の講演会は7月21日で終了し、8月は講演会はありません。後半は9月1日(金)から再開します。

 

*銷夏パーティーについて

  開催日:7月21日(金) *定例講演会終了後の開催となります。

開場:15:00、開宴:15:10

詳細は事務局まで。

懇親ゴルフ「青空会」  恒例のゴルフ会を今年も開催します。奮ってご参加ください。

 日時:9月26日(火)、場所:相模原ゴルフクラブ(東コース)    詳細は事務局まで。

                                   

*中部経済倶楽部 7月は25日(火)が第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏の「ここからの日本経済展望」(同:名古屋国際ホテル)です。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 4月からは西部劇名画特集です。7月14日はマーロン・ブランド主演の『片目のジャック』です。14時40分開始。上映時間は141分です。

事務局便り 2017.7.7

都議会議員選挙で自民党が歴史的惨敗を喫しました。小池都知事が率いた都民ファーストが第1党になり、公明党などを含めた知事与党が圧倒的多数を占めることで、知事の独裁を懸念する声も出ています。しかし、議会と都庁が結託することで、密室での馴れ合い行政が跋扈してきたことを考えると、議会のチェック機能が失われるのが心配だなどと、いまさらあげつらうのは、笑止千万でしょう。一番求められているのは、都庁で行われる行政の「見える化」です。新議会の役割はそれを行政の長である知事に強力に求めていくことに尽きるでしょう。さて、本日は薬のお話です。厚生労働省の医薬行政が製薬業界と医学界の利害のために歪められていないか。そして患者はいかにして自らの健康を自らの手に取り戻すことができるのか。浜先生とともに、本来国民の健康のために存在する薬が、本当に国民のために使われているのかどうか、改めて考えたいと思います。

*銷夏パーティーについて

  開催日:7月21日(金) *定例講演会終了後の開催となります。

開場:15:00、開宴:15:10                    詳細は事務局まで。

懇親ゴルフ「青空会」  恒例のゴルフ会を今年も開催します。奮ってご参加ください。

 日時:9月26日(火)、場所:相模原ゴルフクラブ(東コース)    詳細は事務局まで。

                                   

*中部経済倶楽部 7月は10日(月)が鎌田浩毅・京都大学大学院教授の「迫る地震、火山噴火について」(会場:名古屋国際ホテル)、25日(火)が第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏の「ここからの日本経済展望」(同:名古屋国際ホテル)です。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 4月からは西部劇名画特集です。7月7日はカーク・ダグラス主演の『ガンヒルの決闘』です。14時40分開始。上映時間は95分です。

事務局便り 2017.6.30

英国のEU離脱と米国のトランプ政権誕生、そしてEU各国に広がる極右の台頭は、フランスの大統領選挙におけるマクロン氏の圧勝によって、ひとまず、歯止めがかかりました。一方、米国のトランプ政権は重要政策がほとんど実行不能に追い込まれており、英国のメイ政権も前倒しして臨んだ議会選挙で与党が過半数を割り込み、厳しい政権運営に追い込まれています。そして盤石と見られていた日本の安倍政権も、度重なる国会運営の失敗により、支持率の急低下に見舞われています。こうした政治の世界の混迷にも関わらず、世界経済は順調に回復を続けているように見えますが、方向感を失いつつあるマーケットの動きからすると、これから波乱を免れないと考えるべきでしょう。本日は現実のマーケットの動きを熟知する豊島さんに今後の市場動向をずばり解説していただきます。

*銷夏パーティーについて

  開催日:7月21日(金) *定例講演会終了後の開催となります。

開場:15:00、開宴:15:10

会員相互の親睦や講師、理事とのご歓談をお楽しみください。音楽タイムには恒例となっております

日本フィル首席奏者による演奏を予定しているほか、例年通り福引もご用意いたします。

詳細は事務局まで。

*懇親ゴルフ「青空会」 恒例のゴルフ会を今年も開催します。奮ってご参加ください。

 日時:9月26日(火)

場所:相模原ゴルフクラブ(東コース)                 詳細は事務局まで。

                                   

*中部経済倶楽部 7月は10日(月)が鎌田浩毅・京都大学大学院教授(会場:名古屋国際ホテル)、25日(火)が第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏(同:名古屋国際ホテル)です。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 4月からは西部劇名画特集です。6月30日はジェームズ・スチュアート主演の『折れた矢』です。14時40分開始。上映時間は89分です。

事務局便り 2017.6.23

安倍首相にとって憲法改正と並ぶ悲願が日露平和条約の締結と北方領土問題の解決です。しかし、日露関係改善の記念すべき1ページとなるはずだった昨年12月のプーチン大統領の来日とその後の日露首脳会談は、結局のよくわからない成果を喧伝しただけに終わり、解決は先送りされました。来日したプーチン大統領は、メディアとのインタビューで、日露交渉史を綿密にひもとき、「平和条約締結後に二島を引き渡す」という共同宣言を逸脱したのは日本側であると指摘しました。目算の立たない4島返還にこだわることで国内の強硬論に迎合し、実質的な解決を放置し続けてきた日本外交は果たして真の意味での関係改善を前進させることができるのか。周辺国との良好な関係の構築こそが日本の安全保障につながるとの原点に立ち返るべきでしょう。本日は石川さんから日露関係の最新情報をお聞きします。

*銷夏パーティーについて

  開催日:7月21日(金) *定例講演会の終了後の開催となります。

  開場:15:00、開宴:15:10

会員相互の親睦や講師、理事とのご歓談をお楽しみください。音楽タイムには恒例となっております

日本フィル首席奏者による演奏を予定しているほか、例年通り福引もご用意いたします。詳細は事務

局まで。

                                   

*中部経済倶楽部 6月は28日(水)が経済評論家の山崎 元氏(会場:名古屋国際ホテル)を予定しています。7月は10日(月)が鎌田浩毅・京都大学大学院教授(同:名古屋国際ホテル)、25日(火)が第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏(同:名古屋国際ホテル)です。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 4月からは西部劇名画特集です。6月23日はジョン・ウェイン主演の『マクリントック』です。14時40分開始。上映時間は125分です。

事務局便り 2017.6.16

トランプ政権が発足して半年近くになりました。選挙期間中に掲げてきた公約を大統領令などの形で実行に移そうとしてきましたが、そのほとんどが司法や議会の壁に阻まれ、実現できない状況に陥っています。その一方で、TPPやパリ協定からの離脱を断行し、国際社会からの孤立も進んでいます。選挙期間中のロシア政府との「不適切」な関係については、側近が辞任に追い込まれただけでなく、特別検察官による捜査が開始されています。CIA長官の罷免による反撃も、果たして吉と出るのかどうか、はなはだ疑問です。日本では断片的にしか報道されないトランプ批判ですが、本国では連日厳しいメディアの攻撃にさらされているのが現実です。本日は改めて中岡さんにアメリカ政治においてトランプ政権を位置付けていただきます。

*銷夏パーティーについて

  開催日:7月21日(金) *定例講演会の終了後の開催となります。

  開場:15:00、開宴:15:10

会員相互の親睦や講師、理事とのご歓談をお楽しみください。音楽タイムには恒例となっております

日本フィル首席奏者による演奏を予定しているほか、例年通り福引もご用意いたします。詳細は事務

局まで。

                                   

*中部経済倶楽部 6月は28日(水)が経済評論家の山崎 元氏(会場:名古屋国際ホテル)を予定しています。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 4月からは西部劇名画特集です。6月16日はゲーリー・クーパー主演の『真昼の決闘』です。14時40分開始。上映時間は84分。

事務局便り 2017.6.9

安倍政権は政権与党の圧倒的な数の力と国民の高い支持率を背景に長期政権への道を歩んでいます。しかし、国会においては、その強引な政治手法と説明責任を無視した乱暴な答弁が目立っています。政治の安定と着実な政策の実行を望む国民の支持も、その結果として獲得された権力がその権力に連なる一部の「お友達」の利害のために恣意的に使われ、期待された改革が実は遅々として進んでいないことに気づけば、急速に失われていくことになるでしょう。対抗する民進党が弱いことで支えられている一強ですが、実は党内の実態は面従腹背なのです。満ちた月は必ず欠けていきます。安倍政権の賞味期限はいつ切れるのか。本日は時事通信の山田さんに解説していただきます。

*事業所見学会について

  開催日:6月21日(水)

  見学先:今回は野田市にあるキッコーマン「もの知りしょうゆ館」をメインとして、終戦時の首相、鈴木貫太郎氏の記念館やアサヒビールの茨城工場を訪問します。

ご昼食:懐石「あた宕」(江戸時代後期から醤油醸造を始めた茂木房五郎氏(キッコーマン創業家一族)の旧宅です。屋敷内を見学の後、仕出し料理をご賞味頂きます。

 野田市野田721 ℡ 04-7126-6711)                            (参加希望の方は事務局まで)

*中部経済倶楽部 6月は28日(水)が経済評論家の山崎 元氏(会場:名古屋国際ホテル)です。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 4月からは西部劇名画特集。6月9日はモーリン・オハラ主演の『荒野のガンマン』です。14時40分開始。上映時間は93分です。

事務局便り 2017.6.2

欧米におけるテロの頻発や北朝鮮の相次ぐミサイル発射など、キナ臭い世界情勢が続いています。そんな中でも、世界経済は絶好調のアメリカと欧州の着実な回復、そして中国のバブル景気とさえ思われる回復に支えられ、明るさを強めています。ただ、金融緩和政策の修正に動き始めた欧米に対して、日本はいまだ超金融緩和に頼り切ったままです。世界経済は本当にこの調子で走り続けることができるのか。そして景気の屈折への転機はどのように現れるのか。本日は、おなじみの佐治さんに世界経済のマクロ動向を解説していただきます。

*事業所見学会について

  開催日:6月21日(水)

  見学先:今回は野田市にあるキッコーマン「もの知りしょうゆ館」をメインとして、終戦時の首相、鈴木貫太郎氏の記念館やアサヒビールの茨城工場を訪問します。

ご昼食:懐石「あた宕」(江戸時代後期から醤油醸造を始めた茂木房五郎氏(キッコーマン創業家一族)の旧宅です。屋敷内を見学の後、懐石料理をご賞味頂きます。現在、国の登録有形文化財になっています。 野田市野田721 ℡ 04-7126-6711)

                                   (参加希望の方は事務局まで)

*中部経済倶楽部 6月は8日(木)が寺島実郎・(財)日本総研理事長(会場:東京第一ホテル錦)、28日(水)が経済評論家の山崎 元氏(同:名古屋国際ホテル)を予定しています。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 4月からは西部劇名画特集です。6月2日はジョン・ウェイン主演の『三人の名付親』です。14時40分開始。上映時間は106分です。