事業所見学会(2018前半)

春というには毎回梅雨時になってしまう事業所見学会ですが、2018年前半は6月20日に成田国際空港を見学しました。当日も朝から雨模様で、成田国際空港の前に立ち寄った成田山新勝寺の辺りでは本降りとなり、傘を差しての見学、参拝となりました。その後、空港に向かい、空港内にあるレストハウスで昼食をとりました。ここは外国航空会社向けに機内食を作っている企業が経営しており、今回はビジネスクラス対応のステーキランチを食しました。さて、成田国際空港というと、何をいまさらという感じですが、今回見学したのは日頃立ち寄る機会の多い出発・到着ロビーではなく、貨物エリアと旧管制塔でした。空港内の移動は東京から乗ってきた大型バスで行いました。「空港内の制限区域に入るので、本人確認の際、必要な顔写真付きの身分証明書の携帯をしてください」とアレンジしてくれた成田国際空港株式会社の担当者から言われていましたが、幸いそういう場面には遭遇しませんでした。貨物エリアは各航空会社の駐機場に隣接しており、積み込む貨物が並べられているのが見えました。印象としては静かな築地市場といった趣です。次に旧管制塔に移りました。ここはかつて成田空港に反対する過激派が、それこそ開港の数日前に占拠して、室内の機材を破壊し、開港日時を遅らせた曰くつきの場所です。現在は隣接地に新しい管制塔が建設され、実際の管制業務はそちらで行われており、旧管制塔は見学や研修用に使われているものですが、仕事の性質上、空港全体が見渡せる高さと場所にあり、空港会社の担当者から管制業務に関して丁寧な説明を受けました。しかし、今回のハイライトはなんと言っても、旧管制塔から滑走路に向かい、成田国際空港で一番長いA滑走路(4000m)の脇でバスを降りてジェット機の離発着を見学したことです。折から雨も上がっていたうえ、午後3時過ぎで、東南アジア方面からトランジットで成田に飛来するジェット機とこれから飛び立つ各国のジェット機とがそれこそ分単位で離発着を繰り替していました。滑走路の遠くに小さく見えていたジェット機がそのエンジン音が次第に大きくし、最後は一気に体を震わせるような轟音に変わると同時に、地響きをあげて我々の眼前を離陸してゆく姿はなんとも感動的で、参加者一同、しばし度肝を抜かれたように見つめていました。

事業所見学会(2017後半)

秋の事業所見学会では11月14日にライオン小田原工場を見学しました。日頃使用している歯磨きの原料からチューブ詰めに至る工程を見学。併せて大磯にある旧吉田茂邸にも立ち寄りました。吉田邸は一時火災で本館を焼失していましたが、この度再建され、4月から一般公開されていました。館内では、大きなガラス窓越しに、相模湾と富士山の両方を望める食堂などが目を引きました。また、ガイドさんの吉田氏は小柄だったとの説明には、葉巻をくわえた写真のイメージとのギャップを感じました。ライオン工場の見学後は秦野で酒麹にモーツアルトを聴かせていると一時話題になった日本酒の醸造会社、金井酒造に立ち寄り、醸造工程の見学と試飲をして東京への帰路につきました。

事務局便り 2018.7.6

最近の脳科学の研究の進展によって、人間の脳の働きが次第に明らかになりつつあります。我々がこれまで信じてきたことが、新しい研究成果によって次々と覆されています。人体の持つ神秘はまだまだ計り知れないパワーを秘めています。特に脳に関しては、人類が明らかにできていることは、まだその働きの一部でしかないと言えるでしょう。したがって、AIが人間の脳を凌駕するなどという思い込みもまた、その働きのごく一部を指すものでしかありません。なによりも、われわれは脳の持つパワーを十分に活かしているのでしょうか。便利な機器の開発と普及によって、人類はますます脳をスポイルし、その働きを封じ込めてしまうことになっているのではないでしょうか。本日は最新の脳科学から脳を活かす方法を池谷先生に教えていただきます。

*銷夏パーティー  7月20日の定例講演会後にホールで開催します。開場:午後3時、開宴:午後3時10分、終了は午後5時を予定しています。今回の音楽タイムでは久しぶりですが、世界的なオーボエ奏者、渡辺克也氏に演奏して頂きます。会費はお一人様5000円。詳細は事務局までお願いします。

*中部経済倶楽部 7月の定例講演会は17日(火)がコリアレポート編集長の辺真一氏による「北朝鮮 最新情勢分析」です。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 黒澤明特集第4回目の6日は『生きる』。 主演は志村喬、小田切みき、金子信雄         上映時間は143分。 午後2時40分頃の開始予定です。

 

事務局便り 2018.6.29

安倍政権発足とともに始められた日銀の超金融緩和は、その後たびたび強化され、米欧の金融当局が出口戦略を模索する中で、そうした流れに背を向けるかのように頑なに既定路線を維持し続けています。インフレ目標2%については、達成時期を明記しなくなりましたが、当初宣言された目標時期が実際達成されなかったのですから当然といえば、当然です。もともと短期的な措置であった超金融緩和がこれだけ長引けば、副作用が大きくなるのは当然です。何よりも日本の短期金融市場は機能不全に陥り、すでに死にたいとなっています。金融機能を窒息死させたツケはいずれ払わなくてはならないでしょう。借り手は金利をろくに払わず、貸し手は金利を取れない世の中は、ある意味ではモラルハザードの温床です。そうしたもろもろのことを当たり前にしてしまったことこそが最も罪深いのではないでしょうか。本日は加藤さんに日本の金融・財政の現状について解説していただきます。

中部経済倶楽部 7月の定例講演会は3日(火)が第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏で「内外経済見通し」、17日(火)がコリアレポート編集長の辺真一氏による「北朝鮮 最新情勢分析」です。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 6月15日からは黒澤明特集です。29日は『椿三十郎』。主演は三船敏郎、仲代達矢、加山雄三         上映時間は96分。 午後2時40分頃の開始予定です。

 

事務局便り 2018.6.22

数々の疑惑と不祥事にもかかわらず、安倍政権の一強体制は揺らいでいません。9月までに日朝首脳会談を実現させ、拉致問題に一定の区切りをつけて総裁三選を確かなものにするというシナリオが着々と進行中のようです。支持率を不支持率が上回る状態が続く中で、逆境をものともしない強靭な精神は、ある意味では盟友であるトランプ米大統領と共通したものがあります。これまでも政権の危機を自ら打って出ることで立て直してきた安倍首相にとって、米朝首脳会談の「成功」は、自らの政権基盤の立て直しにとっての千載一遇の好機なのでしょう。日大アメフト部やレスリング協会など、力による支配があちこちで綻びを見せていますが、どちらも抜本的な体制の一新には背を向けて、ほとぼりの覚めるのを待つ姿勢のようです。日本社会に巣くう権力構造の不合理は、恐らく政治の世界でもっとも根強くはびこっているのではないでしょうか。本日は塩田さんに安倍政権の現状と今後を分析していただきます。

中部経済倶楽部 6月の定例講演会は28日(木)が田中秀征・福山大学客員教授の「ここからの政治・政局分析」、7月3日(水)が第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏で「内外経済見通し」です。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 6月15日からは黒澤明特集です。22日は『用心棒』。主演は三船敏郎、仲代達矢         上映時間は110分。 午後2時40分頃の開始予定です。

 

事務局便り 2018.6.15

歴史的な米朝首脳会談実現によって北東アジアの均衡は大きな転換点を迎えました。これまで接触を断つことで圧力と威嚇の応酬に終始してきた米朝が直接対話に舵を切ったことで日朝関係の進展も大きな節目を迎えたことは間違いありません。北朝鮮に指摘されるまでもなく、日本は太平洋戦争の戦後処理と朝鮮支配の清算という未解決の課題を抱えています。拉致問題の解決を要求する一方で、この過去の清算をいかに行うかについて自らの責任で提起しなくてはなりません。一方、日米関係は貿易問題を巡ってこれから厳しい交渉が始まります。ひたすらトランプ政権に迎合することでは、解決不可能な状況が確実に眼前に迫って来ます。一方的な貿易規制の不当性を指摘し、理不尽な要求を跳ね返す政治的な自立が安倍政権に求められます。自動車を買っているのは米国民です。正当な価格で売っている側が非難されるいわれは全くないのです。上乗せ関税のツケは間違いなく米国民自身に跳ね返るでしょう。願わくは日本政府が堂々と渡りあわんことを。本日は吉崎さんに地政学リスクと今後の日本経済についてお話いただきます。

中部経済倶楽部 6月の定例講演会は28日(木)が田中秀征・福山大学客員教授の「ここからの政治・政局分析」、7月3日(水)が第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏で「内外経済見通し」です。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 6月15日から「黒沢 明」特集になります。第1回目の本日は『羅生門』です。主演は三船敏郎、森雅之、京マチ子         上映時間は88分。午後2時40分頃の開始予定です。

 

事務局便り 2018.6.8

安倍政権にとって、憲法改正と並ぶ最大の課題が日ロ平和条約の締結と北方四島の返還でした。しかし、度重なる両国首脳会談や相互訪問の実現にも関わらず、両国の関係改善には目立った成果を残していません。一見華やかに演じられてきた安倍外交ですが、最も重要であるべき近隣外交においては、関係改善も信頼関係の構築も、みるべき成果はなかったと言えるでしょう。ただ、同じ隣国であってもロシアが中国や韓国と決定的に異なるのは、一般市民の対日感情が極めて良好であることです。極東ロシアの開発に積極的に協力して緊密な経済関係を築くことができれば、アジアにおける日本外交は新たな地平を切り開くことができるでしょう。どのような形であれ、日本人の対ロ感情の改善を阻害している北方領土というトゲを抜き取るのは政治と外交の責任です。本日はポストプーチンと今後の日ロ関係について石川さんに分析していただきます。

*事業所見学会  今年5月で開港40周年を迎えた成田国際空港を見学します。添付された別紙をご参照ください。締め切りは本日、6月8日(金)になります。

中部経済倶楽部 6月の定例講演会は28日(木)が田中秀征・福山大学客員教授の「ここからの政治・政局分析」です。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 4月からしばらくは「小津安二郎」特集。8日は「戸田家の兄妹」を上映します。

主演は佐分利信、葛城文子、高峰三枝子       上映時間は106分。午後2時40分頃の開始予定です

事務局便り 2018.6.1

米国に次ぐ経済大国に成長した中国が、経済成長の急減速と高齢化時代への移行により、早くも成長の屈折点を迎えています。これに対して、近い将来の新たな経済大国として注目されているのがインドです。人口の面でもいずれ中国を上回るとみられ、特にIT分野でのパワーはよく知られています。カースト制度など古い社会制度の存在などが、成長の足かせになるとみられてきましたが、裏を返せばそれだけ潜在的な発展の余地を残しているともいえるでしょう。しかも共産党一党独裁の中国と比べると、選挙によって選ばれた政権が国政を担う民主国家であり、社会の安定度は比べるまでもありません。ただ、日本人にとっては、情報が乏しいベールにつつまれた国でもありました。本日は小島先生にインドの政治経済の現状を解説していただきます。

*事業所見学会  今年5月で開港40周年を迎えた成田国際空港を見学します。添付された別紙をご参照ください。締め切りは6月8日(金)です。

中部経済倶楽部 6月の定例講演会は7日(木)が富坂聰・拓殖大学教授の「中国最新情勢」、28日(木)が田中秀征・福山大学客員教授の
「政治・政局分析」です。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 4月からしばらくは「小津安二郎」特集です。1日は「一人息子」を上映します。
主演は飯田蝶子、日守新一           上映時間は87分。午後2時40分頃の開始予定です。

事務局便り 2018.5.25

世界の注目を集めている米朝首脳会談が果たして予定通りに実施されるのでしょうか。北朝鮮からはブラフともけん制ともとれる発言が目立っています。一方のトランプ大統領は、意外な物分かりの良さを演出しているように見えますが、果たして真意はどこにあるのでしょうか。トランプ氏の言動のすべては選挙対策なのだという見方も増えていますが、次第に近づいてきた米国の中間選挙の行方はどうなっていくのでしょうか。そして議会とトランプ政権の関係は本当のところどうなっているのでしょうか。また、米中の貿易交渉が一応の合意をみた後、日米の貿易関係はどのような展開が予想されるのか。本日は中林先生に、米国議会とトランプ政権の深層を解き明かしていただきます。

*事業所見学会  今年5月で開港40周年を迎えた成田国際空港を見学します。添付された別紙をご参照ください。締め切りは6月8日(金)です。

中部経済倶楽部 5月の定例講演会は29日(火)が曽我豪・朝日新聞編集委員の「ここからの政治・政局動向」、6月は7日(木)が富坂聰・拓殖大学教授の「中国最新情勢」です。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 4月からしばらくは「小津安二郎」特集です。25日は「長屋紳士録」を上映します。

主演は飯田蝶子、青木富雄、小沢栄太郎   上映時間は72分。午後2時40分頃の開始予定です。

事務局便り 2018.5.18

国会の空転がやっと終わって、与野党揃っての審議が再開されました。「森友・加計問題」は、校正かつ客観的合理性のもとで行われるべき、国民の財産の売却や行政による許認可が政権の意向を反映して恣意的に決定されたのではないかという疑惑です。問題の根っこにあるのは権力の長期化によって官僚が権力になびき、権力におもねる弊害です。政権がころころ変わるのは好ましくないとしても、権力の長期化はその土台を腐らせることになります。総裁の三選を認めない制度を作った自民党の先輩議員たちはそのことをよくわかっていたのでしょう。第二次安倍政権誕生からあしかけ6年、新しい体制で再出発することが必要だと思われます。本日は時事通信の山田さんに安倍政権の行く末を見通していただきます。

*事業所見学会  添付された別紙をご参照ください。

中部経済倶楽部 5月の定例講演会は29日(火)が曽我豪・朝日新聞編集委員の「ここからの政治・政局動向」、6月は7日(木)が富坂聰・拓殖大学教授の「中国最新情勢」です。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 4月からは「小津安二郎」特集です。18日は「お茶漬けの味」です。主演は佐分利信、木暮美千代   上映時間は115分。午後2時40分頃の開始を予定しています。