事務局便り  2019.2.8

世界の成長市場として、発展著しいアジア地域ですが、政治体制の面では極めて多様性に富んでいます。中国や北朝鮮のように一党独裁を維持している国があるかと思えば、日本や韓国、フィリピンなどのような民主国家も存在しています。東南アジアの諸国は、政治体制のみならず、経済発展の度合いも極めて多様ですが、地域共同体としての発展を遂げています。最大の強国である中国の影響力が拡大していることは否めませんが、南シナ海の領有権を巡るベトナムやフィリピンと中国の紛争は依然として燻り続けています。東アジアと東南アジア、それにインドなど南アジアの諸国の関係はこれからもより緊密なものになっていくでしょう。しかし、関係の発展の前提として必要なのは、「法の支配」に対する共通理解です。二国間であれ、多国間であれ、契約や協定に対する共通の理解なしには、関係の深化はあり得ません。本日はアジア平和貢献センターとの共催シンポジウムで、その点を考究します。

*中部経済倶楽部 2月の定例講演会は12日(火)が笹川平和財団上席研究員の渡部恒雄氏(会場:東京第一ホテル錦)、26日(火)が国際金融マーケット研究家の豊島逸夫氏(同:東京第一ホテル錦)を予定しています。ご都合のつく方はご参加下さい。

*映画鑑賞会  本日はシンポジウム開催のためお休みです。

 

事務局便り  2019.2.1

英国のEU離脱問題は、EU側と交渉を重ねてきたメイ首相の提案が議会で否決され、混迷を深めています。合意なしの離脱になれば、英国に進出している外国企業を含めて英国の産業界は極めて深刻な打撃を受けることになるでしょう。しかもEU加盟国であるアイルランドとの間の国境封鎖は長年英国を苦しめてきた北アイルランド問題を再燃させることになりかねません。英国にとって何の利益にもならないEU離脱をなぜ選択してしまったのか。国民投票で民意を問うことの危うさを改めて気づかせてくれました。そして英知を結集できない英国議会の惨状は、とりもなおさず、議会制民主主義の危機でもあります。こうした事態を引き起こした無責任な政治家のデマゴーグにあおられたポピュリズムは大陸の欧州諸国にも広がっており、大戦の反省から生まれた欧州統合の理念は最大の危機に直面しています。欧州はこれからどこに向かうのか。本日は庄司先生に解読していただきます。 

*中部経済倶楽部 2月の定例講演会は12日(火)が笹川平和財団上席研究員の渡部恒雄氏(会場:東京第一ホテル錦)、26日(火)が国際金融マーケット研究家の豊島逸夫氏(同:東京第一ホテル錦)を予定しています。ご都合のつく方はご参加下さい。

*映画鑑賞会  本日は米国映画『緑園の天使』です。 監督:C・ブラウン 主演:ミッキー・ルーニー、エリザベス・テイラー   上映時間124分。午後2時40分頃開始します。

 

 

事務局便り  2019.1.25

米中貿易戦争は現在一時休戦状態ですが、円満解決の見通しは立っていません。米トランプ政権による中国への非難は、当初の貿易不均衡に加えて、中国による米国の知的財産権の侵害が大きくクローズアップされています。米国は中国のIT大手企業の幹部の身柄をカナダ政府に依頼して拘束するなど、強硬姿勢を強めていますが、IT産業の育成は習近平政権にとっても最大のイシューであり、この問題の収拾は、貿易不均衡問題以上な困難なものになるでしょう。日本にとって中国は米国と並ぶ重要な貿易相手国です。中国の対日姿勢の軟化は歓迎すべきものですが、かといって同盟国米国との関係悪化は絶対に避けなくてはなりません。どちらに向かっても日本の立場を正確に伝え、どこまで是々非々で対処することができるのか。まさに外交の神髄が問われています。本日は、会津大学で日本のIT教育に力を注ぐとともに、日中のIT連携に現場から取り組んでおられる程先生にお話を伺います。

*中部経済倶楽部 1月の定例講演会は29日(火)が加藤出・東短リサーチ社長(会場:名古屋国際ホテル)、2月は12日(火)が渡部恒雄・笹川平和財団上席研究員(同:名古屋国際ホテル)、26日(火)が国際金融マーケット研究家の豊島逸夫氏(同:名古屋国際ホテル)を予定しています。ご都合のつく方はご参加下さい。

*映画鑑賞会  本日は米国映画『雨の朝巴里に死す』です。 監督:リチャード・ブルックス 主演:エリザベス・テイラー、ヴァン・ジョンソン   上映時間116分。午後2時40分頃開始します。

 

事務局便り  2019.1.18

米国の金融引き締め政策の余波で、米ドルの新興国から米国への還流が始まり、新興国通貨の下落など世界同時好況に暗い影が差し始めています。加えて、米中貿易戦争など、保護主義の高まりが、世界の通商に大きなマイナス要因にもなり始めました。その一方でITとインターネットの発展は、金融サービスを大きく変容させつつあります。なかでも、ビットコインの普及と結びついたインターネットサービスの拡大は、世界の経済社会で起きている革命的変化の核心であると言えます。しかもそれが米中の覇権争いの最大の焦点でもあります。本日はビットコインと資本主義の将来を岩井克人先生に解読していただきます。

*中部経済倶楽部 1月の定例講演会は29日(火)が加藤出・東短リサーチ社長(会場:名古屋国際ホテル)、2月は12日(火)が渡部恒雄・笹川平和財団上席研究員(同:名古屋国際ホテル)、26日(火)が国際金融マーケット研究家の豊島逸夫氏(同:名古屋国際ホテル)を予定しています。ご都合のつく方はご参加下さい。

*映画鑑賞会  本日は米国映画『黄金の腕』です。監督:オットー・プレミンジャー 主演:フランク・シナトラ エリノア・パーカー   上映時間119分。午後2時40分頃開始します。

 

事務局便り  2019.1.11

2018年はトランプ政権の予測不能な動きに世界が振り回された一年でした。しかし、トランプ政権の登場は米国だけの特異な現象ではありません。英国のEU離脱や欧州主要国における排外主義の高まり、トルコ、フィリピン、ブラジルなどでの強権政治家の政権奪取など、東西冷戦終結後に信じられてきたグローバル化と民主化の流れが大きく変わろうとしています。ポピュリズムが次々に強権政治家を生み出しつつあります。グローバル化の影の部分を際立たせることで、グローバル化に取り残された人々の感情に専ら訴える勢力の力が急速に強まっています。知性と理性に訴えるのではなく、根拠のないデマゴーグによって大衆を扇動する手法は決して新しいものではありません。しかし、現在の秩序に不満を持つ人たちには、それが福音のように感じられるのでしょう。2019年の世界はどこに向かうのか。年の初めの本日は、藤原先生の分析を伺います。

*中部経済倶楽部 1月の定例講演会は10日(木)がノンフィクション作家・評論家の塩田潮氏(会場:名古屋国際ホテル)、29日(火)が加藤出・東短リサーチ社長(同:名古屋国際ホテル)を予定しています。ご都合のつく方はご参加下さい。

*映画鑑賞会  本日は米国映画『静かなる男』です。監督:ジョン・フォード 主演:ジョン・ウェイン 上映時間129分。午後2時40分頃開始します。

 

 

事務局便り  2018.12.21

本日は今年最後の講演会です。2018年の世界はこれまでの流れが大きく変わろうとする節目の年になりました。当たり前のように自明と考えてきた秩序や物の考え方が大きく揺らぎ始めています。世界に混乱をもたらしているのは米国のトランプ大統領だけではありません。英国のEU離脱問題をはじめとして、多くの国で国際協調ではなく、国内保護と排外主義を主張する勢力が力を強めています。ロシアのプーチン、中国の習近平だけでなく、トルコ、フィリピン、ポーランド、ブラジルなどで民主主義の手続きを無視する強権政治がまかり通っています。盤石と見えたドイツのメルケル政権も揺らいでいます。そこに共通しているのは、巧みな言葉で大衆の心をつかみ、自らの主張を実現するためには、手段を選ばないスタイルです。最早まともな政権は日本しか残っていないと言う人達もいますが、どうでしょうか。政策遂行や国会運営の在り方を見ると、世界の新しい動きを最も体現しているのが日本の安倍政権なのかもしれません。本日はお馴染みの寺島さんに2019年を読み解く視座を語っていただきます。

*ご挨拶 本年も経済倶楽部の活動へのご支援、有難うございました。よいお年をお迎えください。2019年もよろしくお願いします。年初の講演会ご参加の方には栄太楼紅白饅頭をお持ち帰りいただきます。

*中部経済倶楽部 1月の定例講演会は10日(木)がノンフィクション作家・評論家の塩田潮氏(会場:名古屋国際ホテル)、29日(火)が加藤出・東短リサーチ社長(同:名古屋国際ホテル)を予定しています。ご都合のつく方はご参加下さい。

*映画鑑賞会  本日は米国映画『民衆の敵』です。監督:ウィリアム・ウェルマン 主演:ジェームズ・ギャグニー 上映時間83分。午後2時40分頃開始します。

 

事務局便り  2018.12.14

早いもので今年も余すところ僅かになりました。米国経済の好調と欧日経済の緩やかな回復によって、比較的穏やかな好天の中でスタートした2018年でしたが、後半に入るにしたがって雲行きが怪しくなってきました。米国の出口戦略の進行によってマネーが新興国から米国へ還流、新興国経済が早くも暗転し始めています。加えて、トランプ大統領が進める保護主義的政策が世界の通商に大きな混乱をもたらしました。なかでも対中国との貿易摩擦は高額の輸入関税の上乗せなど厳しい措置によって中国経済に深刻な影響を与えつつあります。米国の制裁措置の第二弾は、習近平政権の懇請でとりあえず休戦状態に持ち込まれましたが、根本的な解決の道筋は見えていません。こうした状況の中で始まる2019年の世界経済はどうなるのか。今年も嶋中さんに精緻な分析をしていただきます。

*忘年パーティー 本日、午後3時開場、同10分開宴。日本フィルのハープとフルート奏者による共演や福引大会を予定しています。    参加費はお一人様 6000円

*中部経済倶楽部 12月の定例講演会は20日(木)が真壁昭夫・法政大学大学院教授を予定しています。ご都合のつく方はご参加下さい。

*映画鑑賞会 本日は忘年パーティー開催のため、映画鑑賞会はお休みさせて頂きます。

 

事務局便り  2018.12.7

年齢を重ねるにしたがって身体のいろいろな箇所に不調を覚えるようになるのは、誰もが経験することです。長年使ってきたのですから、経年変化に対応した働きを身体が自ら行うのは、人間の身体の持つ人智を超えた神秘といえるかも知れません。老年期に入れば、血管が次第に固くなり、それを補うべく血圧が次第に上昇するのも人間の身体の持つ摂理であると言えるでしょう。年齢を無視して一律の基準に従って杓子定規に薬を投与することにいかなる意味があるのでしょうか。生活習慣病という言葉は、健康な生活を送り続けるために、健康を害する生活習慣を改めるということであれば大変有意義なことです。しかし、生活習慣病の予防と称して基準数値を超えた人をすべて病人とみなして安易に副作用のある薬を投与する在り方には、疑問を感じざるを得ません。本日は大櫛先生に最も身近な生活習慣病とされる高血圧症の罠についてお話いただきます。

*忘年パーティー 日時:12月14日(金) 定例講演会後の午後3時開場、同10分開宴。今回は音楽タイムで日本フィルのハープとフルート奏者による共演があります。また、恒例の福引タイムも予定しています。    参加費はお一人様 6000円       詳細は事務局までお問い合わせ下さい。

*中部経済倶楽部 12月の定例講演会は20日(木)が真壁昭夫・法政大学大学院教授を予定しています。ご都合のつく方はご参加下さい。

*映画鑑賞会 引き続き洋画名作シリーズで、本日は『深夜の告白』(監督 ビリー・ワイルダー 主演 バーバラ・スタンウィック フレッド・マクマレイ 上映時間107分)。午後2時40分頃の開始となります。

 

事務局便り  2018.11.30

産業社会の未来を決定づける最先端技術としてAIがクローズアップされています。将棋や囲碁の世界ではAIがプロ棋士を破ったことが話題になり、AIが人間を超える日が遠からず来ると言った議論もあちこちで耳にします。しかし、こうしたきちんとした論証もなされないままに世の中を思い込みだけで闊歩する議論の拡散は極めて危険です。そもそもAIとは何なのか。その限界と可能性をどのように考えたらよいのか。AIの普及は人間社会をどのように塗り替え、人間はそうした社会の変化にどう対処していけばよいのか。こうしたAIを巡る様々な問題は、決して将来の問題ではありません。すでに現代社会を変えつつあるITとインターネットサービスの発展の不可逆的な進化こそがAIと結びついているのです。本日は本年の石橋湛山賞受賞者である新井紀子さんに記念講演をお願いします。

*忘年パーティー 日時:12月14日(金) 定例講演会後の午後3時開場、同10分開宴。今回は音楽タイムで日本フィルのハープとフルート奏者による演奏があります。また、恒例の福引タイムも予定しています。参加費はお一人様  6000円         詳細は事務局までお問い合わせ下さい。

*中部経済倶楽部 12月の定例講演会は3日(月)が柯隆・東京財団政策研究所研究員、20日(木)が真壁昭夫・法政大学大学院教授を予定しています。ご都合のつく方はご参加下さい。

*映画鑑賞会 先週から通常の洋画名作シリーズです。本日は『レベッカ』(監督 アルフレッド ヒチコック 主演 ジョーン・フォンティン ローレンス・オリヴィエ  上映時間130分)。午後2時40分頃の開始となります。

 

事務局便り  2018.11.16

米中間選挙は下馬評通り、下院で民主党が多数を制する結果になりました。トランプ氏は、この結果に満足していると相変わらず強気のようですが、議会におけるねじれは、政権運営を一段と困難なものとするのは間違いありません。もともと保護貿易に傾き勝ちの民主党の力が増すことによって、トランプ政権の保護主義が一層激しさを増し、その矛先が日本にも向けられる可能性も無視できません。その一方で、ロシアゲートなどトランプ政権の不祥事の火種は依然としてくすぶり続けています。民主党の下院制覇は、トランプ政権の不安定化を一段と促進することになるでしょう。本日は、お馴染みの中岡さんに、中間選挙の結果を踏まえたトランプ政権の今後を読み解いて頂きます。

*忘年パーティー 日時:12月14日(金) 定例講演会後の午後3時開場、同10分開宴。今回は音楽タイムで日本フィルのハープ奏者による演奏のほか、恒例の福引を予定しています。詳細は事務局までお問い合わせ下さい。

*中部経済倶楽部 日時:11月は27日(火)が第一生命経済研究所エコノミストの田中理氏による「2019年のEUの政治・経済展望」を予定しています。ご都合のつく方はご参加下さい。

*映画鑑賞会 黒澤明特集の最後になる本日は『姿三四郎』(主演 大河内伝次郎、藤田進、轟由紀子 上映時間97分)。午後2時40分頃の開始となります。