事務局便り 2011.02.10号

晴れれば寒く降ると暖かいというのは2月の宿命でしょうか。まだ「一雨ごとに暖かくなる」ところまでは行きませんが、もうすぐでしょう。ところで明日11日は建国記念の日。昔の紀元節と言っても戦前・戦中派にしかわかりません。神武天皇即位の日だそうですが、史実というわけではなく、昭和40年頃、改めて祝日化したときに大論争になったのも今は昔です。
さて今日は伊藤元重先生の明快なお話。
来週は後藤謙次さんによる政局見通しです。お聞き逃しなく。
今日の映画サロンは「エリン・ブロコビッチ」です。

今月の映画紹介はこちらから
     倶楽部映画サロン2月

3月の講演会予定
 3月2日(金) 東洋英和女学院大学教授・中岡望氏「迷走する共和党予備選挙 ―オバマ再選の決め手は何か」
 3月9日(金) 神戸大学大学院教授・三品和広氏[成長ありきの戦略は幻想になった ―どうする?日本企業」
 3月16日(金) 山梨学院大学教授・小菅信子氏「放射能とナショナリズム ―<フクシマ>と<福島>のあいだ」

*平野藤一郎著『誠意が国を越えて人を動かす』(財界研究所)は残部2冊です。ご希望の方はスタッフへ。
*奥村洋彦・学習院大学教授の論文抜刷り「場の歴史的変容と経済分析」を2名様に差し上げます。
*三井記念美術館の「茶会への招待」の割引券を用意中です。もうしばらくお待ちください。