事務局便り 2017.12.15

早いもので本日は2017年最後の講演会となります。今年も、このところ恒例になりました嶋中さんの新年経済見通しで年納めにしたいと思います。新興国経済の底入れで世界経済に明るさが見え始め、日本経済もようやく輸出と設備投資が上向き始めています。新年はこうした流れがさらに力強さを増すのか。それとも世界各地で懸念が高まっている各種の不測の事態が世界に暗い影を落とすことになるのか。はたまた、日本経済は持続可能な未来を切り開くことができるのか。本日は嶋中さんに足元の動きをしっかりと見据えたうえで、新年を大胆に展望していただきます。

中部経済倶楽部 12月は19日(火)が双日総研チーフエコノミストの吉崎達彦氏で「2018年の国際情勢展望」。1月は18日(木)が東短リサーチ社長の加藤出氏で「2018年の日本経済展望」です。いずれも会場は名古屋国際ホテルになります。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 12月15日はヘンリー・フォンダ主演の『荒野の決闘』です。上映時間は97分。午後2時40分頃から開始します。