事務局便り 2018.6.22

数々の疑惑と不祥事にもかかわらず、安倍政権の一強体制は揺らいでいません。9月までに日朝首脳会談を実現させ、拉致問題に一定の区切りをつけて総裁三選を確かなものにするというシナリオが着々と進行中のようです。支持率を不支持率が上回る状態が続く中で、逆境をものともしない強靭な精神は、ある意味では盟友であるトランプ米大統領と共通したものがあります。これまでも政権の危機を自ら打って出ることで立て直してきた安倍首相にとって、米朝首脳会談の「成功」は、自らの政権基盤の立て直しにとっての千載一遇の好機なのでしょう。日大アメフト部やレスリング協会など、力による支配があちこちで綻びを見せていますが、どちらも抜本的な体制の一新には背を向けて、ほとぼりの覚めるのを待つ姿勢のようです。日本社会に巣くう権力構造の不合理は、恐らく政治の世界でもっとも根強くはびこっているのではないでしょうか。本日は塩田さんに安倍政権の現状と今後を分析していただきます。

中部経済倶楽部 6月の定例講演会は28日(木)が田中秀征・福山大学客員教授の「ここからの政治・政局分析」、7月3日(水)が第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏で「内外経済見通し」です。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 6月15日からは黒澤明特集です。22日は『用心棒』。主演は三船敏郎、仲代達矢         上映時間は110分。 午後2時40分頃の開始予定です。