事務局便り 2018.7.27

参議院の定数増とカジノ法案が成立して、延長国会が閉幕しました。甚大な被害を出した西日本豪雨と熱中症による死者を毎日出している酷暑が日本列島を襲っている最中の出来事でした。数々の疑問を残したまま、十分な議論も行わずにひたすら多数決によってこの2つの法案を成立させた国会は、日本の憲政史上に大きな汚点を残すものと言えるでしょう。そもそも民主主義は多数決原理だけで成り立つものではありません。少数派の意見に耳を傾け、その考え方を国政に取り込むことも、多数派の政権の大きな役割であるはずです。しかも、選挙制度の変更は与野党の十分な議論とある程度の合意が前提のはずですし、カジノ法案に至っては世論調査で国民の75%が「必要ない」と答えています。この状況をいかに打破するか。本日は立憲民主党代表の枝野さんにお話しいただきます。

☆8月は夏休みで定例講演会は休会とさせていただきます。事務局は館内清掃日の8月13日~15日以外は出社しております。よろしくお願いします。

 

*懇親ゴルフ「青空会」 10月2日(火)に開催します。場所は昨年同様、相模原ゴルフクラブです。詳細は事務局まで。

*中部経済倶楽部 8月の定例講演会はお休みですが、特別講演会として3日(金)午後1時から経済評論家の杉村富生氏のよる「ここからの株式市場をどうみるか」

(会場:名古屋国際ホテル)を予定しています。ご都合のつく方はご参加ください。

*映画鑑賞会 20日と27日の映画鑑賞会は銷夏パーティーの開催や講演時間変更のためお休みです。次回は9月7日(金)の『隠し砦の三悪人』

(主演は三船敏郎、上映時間139分)からとなります。