事務局便り  2019.3.15

低成長ながら景気の拡大が続いてきた日本経済ですが、いよいよ景気腰折れのリスクが高まっています。インフレ目標を達成できずに、超金融緩和政策からの出口を見いだせないまま景気後退が鮮明になれば、あとは消費増税の延期と財政投入しか道は残されていません。それを好機として参議院と併せて衆議院のダブル選挙を行うのが安倍政権の狙いなのかも知れません。しかし、それは日本経済の土台を食い散らす衆愚政治にほかならないでしょう。人事権を振りかざした政権に阿る官僚と政権維持のために強弁を繰り返す政治に変化を与えなければ、日本の将来は転落の一途とを辿るしかないでしょう。本日は元祖アホノミクスを唱えて有名な浜矩子先生に日本経済の現状と将来を喝破していただきます。

*中部経済倶楽部 3月は20日(水)がTBSキャスターの星浩氏(同)を予定しています。ご都合のつく方はご参加下さい。

*映画鑑賞会  本日はロバート・ロッセン監督、ブロデリック・クロフォード主演の1949年の米国映画『オール・ザ・キングスメン』です。上映時間109分。午後2時40分頃開始します。