事務局便り  2019.7.12

「人生百年」と言われるように長寿社会が到来した日本ですが、老後の生活は決してバラ色ではありません。年金問題など老後の生活資金の問題には個々人の努力でなんとか対処するとしても、健康寿命を余命いっぱいまで伸ばせなければ、けっして幸福な老後とは言えないでしょう。健康を維持するための努力は様々ですが、適度な運動による体力の維持に加えて、適切な栄養の摂取による健康維持が欠かせません。しかし、われわれがこれまで学んできた健康のための食事の在り方は、どうも次第に時代遅れである疑いがあります。栄養学の発展は日進月歩であり、これまで信じられてきた常識が通用しなくなっているからです。本日は順天堂大学の小林弘幸先生に長生きのための最新の栄養学についてお話いただきます。

8月の休暇について  8月中の定例例講演会はお休みとなります。また、東洋経済報社が一斉休暇となり、東洋経済ビルの玄関が閉まる2日及び経済倶楽部館内清掃日の13日、14日、15日は経済倶楽部事務局が休暇となります。

銷夏パーティー 7月19日(金)の定例講演会後に開催します。開場:15:00 開宴:15:10

恒例の日本フィル楽団員による音楽タイム、福引大会も予定しています。 詳しくは事務局まで。

中部経済倶楽部 7月は25日(木)が田中秀征・元経済企画庁長官(会場:名古屋国際ホテル)に参議院選挙後の政治・政局動向についてご講演頂きます。また8月は名古屋の定例講演会はお休みとなりますが、8日(木)に経済評論家の杉村富生氏の株式講演会(同:名古屋国際ホテル)をお願いしています。ご都合のつく方はご参加下さい。

*映画鑑賞会 本日はジョージ・シートン監督、エドマンド・グウェン主演の「三十四丁目の奇蹟」です。上映時間96分。午後2時40分頃開始します。