事業所見学会(2016後半)

2016年後半の事業所見学会を11月8日(火)に開催しました。今回の参加者数は事務局も入れて31名でした。目的地はつくば市にあるロボットスーツのサイバーダインスタジオです。午前中は貸し切りバスを途中下車して、ギネスにも登録されている牛久大仏を拝観。立像としては世界3位。ブロンズの立像としては世界最大で、その高さは、20㍍の台座も入れると120㍍にもなります。その後は日本で最初のワイン醸造家でもある神谷伝兵衛の醸造所を作り替えた「シャトーカミヤ」のレストランキャノンで昼食をとりました。昼食後は、一路、つくば市にあるダイワハウス工業が運営する「iiasつくば」に向い、館内にあるサイバーダインスタジオを見学しました。お目当ては装着型ロボットのHAL(Hybrid Assistive Limb)です。これは筑波大学の山海嘉之教授が開発したもので、身体機能を改善、補助するロボットです。人間は脳で考えると、脳から神経を通じて、非常に微弱な”生体電位信号”が皮膚の表面から漏れ出します。それを皮膚に貼り付けたセンサーがキャッチし、装着したパワーユニットが装具を動かすという仕組みで、手や足を思い通りに動かせるように補助をします。館員にひと通り解説して頂いた後は、会員の皆それぞれがロボットを一部装着して、試してみました。たしかに、頭で手を動かすと考えただけで、腕に装着したロボットスーツが動くことを体験しました。2015年11月に医療用下肢タイプが厚生労働省によって国内販売が承認されたことで、筋ジストロフィーやALS(筋萎縮性側索硬化症)など8つの難病に適応されるようにもなっており、歩行機能を改善する医療機器として、病院だけでなく、介護施設などでの活用が見込まれています。見学後は東京への戻る途中でキリンビール取手工場でビール醸造工程を見学、最後にビールの試飲をして岐路につきました。

事業所見学会(2016前半)

6月7日に奥多摩の小澤酒造と本田技研埼玉製作所狭山工場を見学しました。関東地方は数日前に梅雨入りしたこともあり、空模様が心配されましたが、見学会を通じて雨には見舞われずに済みました。小澤酒造は元禄15年(1702年)の創業で、都内に八か所ある造り酒屋のひとつ。因みに八か所のうち、北区にある小山酒造(丸真正宗)以外はすべて多摩地区にあります。そのうち奥多摩にあるのが小澤酒造。同酒造は秩父山系の伏流水と奥多摩の地下水をベースに酒造りをしているほか、豆腐・湯葉会席の「ままごと屋」を併営しています。一行は酒蔵を見学した後、「ままごと屋」で昼食をとりましたが、湯葉も豆腐も奥多摩の清らかな川水同様、まろやかな味わいでした。その後は本田技研の狭山工場に向かい、約2時間をかけて、ロボットによる溶接ラインや輸出用の「オデッセイ」の組立ラインを見学。活発な質疑応答のあと、全員で記念撮影し、お土産としてライン見学中に各自に渡されて被っていたホンダのマーク入りのキャップをいただきました。

秋の事業所見学会2015

2015年秋の事業所見学会は11月17日に催行しました。今回は千葉県市川市にあるTOYOTA L&Fの自動倉庫とトヨタ生産方式と連動した物流システムを見学しました。昼食は市川市内の料亭「栃木屋」でとり、その後はラムサール条約に登録されている谷津干潟を見学、さらに近郊のアサヒビール千葉工場に伺い、帰路につきました。

春の事業所見学会2015

2015年春の事業所見学会は、山梨県甲州市勝沼にありますシャトーメルシャンの体験型ワイナリーを見学しました。併せて甲府市にある「石橋湛山記念館」にも伺いました。帰路では、桔梗屋信玄餅工場に立ち寄りました。

*開催日 :6月3日(水) 8時00分集合 18時帰着
*見学地 :シャトーメルシャン、石橋湛山記念館、桔梗屋工場
 

詳細はこちら⇒春の事業所見学会2015

 

秋の事業所見学会2014

今秋の事業所見学会は10月28日(火)に開催致します。今回は一路、小田原に向かい、富士フイルム神奈川工場小田原サイトを見学します。併せて、近隣にあるアサヒビール神奈川工場でも見学と試飲を行う予定です。

★ご家族の方の参加も可能です

*開催日 :10月28日(火) 9時45分集合 18時帰着
*見学地 :富士フイルム神奈川工場 アサヒビール神奈川工場
*参加費 :6500円(昼食代、バス代、高速料金、保険料、その他を含みます)

◇◇ 申込み受付:10月17日(金)10時開始

参加ご希望の方は電話・FAXにて連絡をお願いします。
   tel 03-3270-0681 fax 03-3270-0987

詳細はこちら事業所見学会2014秋

春の事業所見学会2014

恒例の「春の事業所見学会」は、食品業界のキューピー五霞工場を訪問し、マヨネーズの生産ラインを見学します。併せて、古河城下町散策「古河歴史博物館、古河文学館、篆刻美術館」などミュージアム巡りをしたいと思います。また、人形の町、岩槻では雛人形、五月人形や市松人形をはじめする多彩な収蔵品が展示されている「人形博物館」を見学いたします。
★ご家族の方の参加も可能です

*開催日 :5月27日(火) 9時45分集合 18時帰着
*見学地 :キューピー五霞工場、人形博物館 、古河城下町散策
*参加費 :6500円(昼食代、バス代、高速料金、保険料、その他を含みます)

◇◇ 申込み受付:4月21日(月)10時開始

参加ご希望の方は電話・FAXにて連絡をお願いします.
tel 03-3270-0681 fax 03-3270-0987

詳細はこちら事業所見学会2014

秋の事業所見学会2013

恒例の見学会は、世界最大級のLNG基地・東京ガス袖ヶ浦工場を見学します。その後、老舗の味処で食事、午後はドイツ村で秋咲きバラ5000株などをめで、木更津アウトレットを探訪します。

*開催日 :11月12日(火) 8時30分集合 18時帰着
*見学地 :東京ガス 袖ヶ浦工場・東京ドイツ村、三井アウトレットパーク木更津

 
◇◇ 申込み受付:10月23日(水)10時開始

参加ご希望の方は電話・FAXにて連絡をお願いします.
tel 03-3270-0681 fax 03-3270-0987

詳細はこちら⇒事業所見学会案内 2013/11/12(※10/25改訂)

春の事業所見学会2013

恒例の春の事業所見学会は、遠出をいたします。世界遺産暫定リストに登録された史跡富岡製糸場、榛東(しんとう)村にあるメガソーラー発電所という新旧事業施設を見学に群馬県に参ります。

*開催日 514日(火) 8時出発 18時帰着
*見学地 ・史跡・重要文化財 旧富岡製糸場   ・八州高原・ソフトバンク榛東ソーラーパーク

◇◇ 申込み受付:4月24日(水)10時開始  tel 03-3270-0681 fax 03-3270-0987

詳細はこちら⇒事業所見学会20130514

春の事業所見学会「国立印刷局小田原工場」「鈴廣かまぼこの里」ご案内

恒例の「春の事業所見学会」は、お札印刷を見学します。1万円紙幣で1億円の重さはどれくらいか、確かめてみては?併せて近隣の老舗かまぼこ店、鈴廣本店を訪れ、昼食をお楽しみいただきます。

開催日
 2012年4月17日(水) 8時45分集合 18時~18時半帰着

申し込み開始日
 3月29日(月)10時  tel 03-3270-0681 fax 03-3270-0987

見学地
 ・国立印刷局 小田原工場工場(日本銀行券印刷、用紙の製造)
 ・「鈴廣かまぼこの」を見学の後、老舗の直営店で昼食

参加費
5500円(大型バス貸切代、高速道路代、昼食代、旅行保険料、その他)

○東洋経済ビル前を大型貸し切りバスで出発した後、首都高から東名道に入り、小田原厚木道路から目的地の小田原に向います。午前は「鈴廣蒲鉾本舗」へ。
  鈴廣かまぼこの里  小田原市風祭り245 tel 0456-24-3141

○かまぼこの里の一角にある専門店でご昼食。

  鈴廣かまぼこの里  小田原市風祭り245 tel 0456-24-3141

日本料理専門店ならではの厳選された素材による、ご膳(メインは赤目鯛ですが、揚げ物、刺身、板わさ、豆腐、香の物など)をご賞味いただけます。

○その後、午後2時ごろから国立印刷局小田原工場を見学します。概要説明等の後、見学を経て質疑応答。

  国立印刷局小田原工場  〒256-0816 神奈川県小田原市酒匂 tel 0465-49-8225 

○終了後バスで帰途につきます。道路事情にもよりますが、5時半をメドに東京駅、東洋経済ビルまで戻ります。なお、帰途に途中下車はできませんので、あらかじめご了承ください。

経済倶楽部事業所 見学会訪問先一覧「1999年11月から2011年11月まで」

経済倶楽部は年2回、春と秋に事業所見学会を開催しています。
構成としては、主目的である事業所、その訪問の前後に近くの名所・旧跡、あるいは話題のスポットなどを組み合わせております。

現在までの訪問先一覧 をご紹介します。

見学会一覧表