談話室2022年9月号

映画雑感18   柴生田  晴四

読書通信2022年9月号

■ 日本の国力低下が著しいが、その原因の一つに科学研究力の凋落があるのは間違いない。大学も研究機関も中研も予算難で定員や研究費は減る一方だ。そんな惨状を共同通信社取材班『日本の知、どこへ』(日本評論社、1980円)は詳細に取材し、問題の所在を明らかにする。本書からは、大学予算を減らしてきた文科省の責任もさることながら、その後ろで予算削減を主導し、ノーベル賞学者や大学学長たちの説得にも聞く耳もたぬ財務省幹部の姿が浮かぶ。
小泉改革の頃から「大学間、研究者間の競争が足りないから成果が上がらない」のだとする新自由主義的な政策が浸透し始めたのが致命的だった。要するに予算を立てる側(政治家、役人、経営者)の懐具合と思いつきに日本の科学研究が振り回されてきたのだと記者たちは断言してはばからない。ことは国や経済社会の根幹に関わる。そして軌道修正するに残された時間はほとんどない。本書の報告と危機感は貴重である。
■ ひと晩で10万を超える命を奪った東京大空襲。その指揮官はカーティス・ルメイだった。彼の前任の航空隊指揮官だったヘイウッド・ハンセルは爆撃機に安全な高高度で日本上空を飛行させ搭載した精巧な照準器で軍需工場を精密爆撃しようとするが、強い偏西風と曇天に阻まれ惨憺たる結果しか残せなかった。マルコム・グラッドウェル『ボマーマフィアと東京大空襲』(光文社、1870円)はこの2人を主人公にしたドキュメンタリーとして抜群に面白い。
ルメイは夜間、B29に低空で帝都に侵入させ、延焼力、殺傷力の強いナパーム弾を大量かつ無差別に投下することで大戦果を挙げた。かくして一方は英雄、一方は失意の人となる。だが一般人の無差別殺戮は戦争ならば許されるのか。空爆のあり方、兵器の許容範囲とは、そして戦争とは。今、改めて思いは広がってやまない。 続きを読む »

編集後記 2022年9月号

【編集後記】 安倍元首相の暗殺は、旧統一教会と自民党との長年にわたるただならぬ関係をあぶりだす結果になりました。この問題への対処を議員個人個人の問題として矮小化した岸田首相には党首としての自覚と責任が微塵も感じられません。案の定、内閣支持率は急落しました。上から下までこの問題に真摯に向き合おうとする動きが全く見えないところに自民党の衰弱の深刻さがうかがえます。
次号は三浦瑠麗氏「変革を迫られる日本、分断する世界」、垣内俊哉氏「バリアバリュー―障害を価値に変える」、高原明生氏「党大会を迎える習近平政権の動向」を掲載予定です。

経済倶楽部講演録2022年9月号  No.883

2022年9月号目次

危機の時代と岸田政権の対応力
―コロナ・ウクライナ・参院選の行方
ノンフィクション作家、評論家 塩 田  潮

有事の世界経済を読み解く
双日総研チーフエコノミスト 吉 崎 達 彦

<夏季特別企画>百年戦争の予想(昭和16年5月講演)
東洋経済新報社社長 石 橋 湛 山

〔談話室〕映画雑感18      柴生田 晴四
〔会員の広場〕映画鑑賞の楽しみ      田川 修司

経済倶楽部便り
読 書 通 信(No.211)
バックナンバーのご案内/編集後記

読書通信2022年8月号

■ ドラッカーはもちろん経営学者だが、経営学者という以上に、もっとスケールの大きな学者だった。そうでなければ没後17年になってもその業績がこれほど繰り返し深掘りされることはないだろうと感じる。経営学は奥が深いともいえるが、それ以上に「さすが」と思うことが多い。そしてまた佐藤等『ドラッカーに学ぶ人間学』致知出版社、1760円)が刊行された。未来を切り開く組織のために、組織の文化が花開くために、人が組織の中で最高の仕事をするために。そんな問題提起で本書は編集されている。気に入った箴言は多々あるが、「これからは、とくに秀でた才能もない普通の人たちが、自らをマネジメントしなければならない」は至言である。知識労働者は自ら考え、決定し、行動しなければならない。ドラッカーは明治維新と戦後復興をとくに賞賛した。今の日本を見たらきっと落胆するだろう。今こそ個の確立こそが求められているのに、指示待ち、横並びは相変わらずだ。終章「日本の強みを生かしてポストコロナの社会を再生する」もタイムリーである。
■ 日米関係を重視していく路線に異論はあまりないだろう。だが日米地位協定を今のままにして日米関係は強固でありうるのだろうか。基地をめぐる日米不平等協定をこのままにして、基地提供側の不満はいずれ臨界点に達するのではないか。山本章子・宮城裕也『日米地位協定の現場を行く』岩波新書、990円)はその意味で示唆するところ大の貴重な書である。著者たちは三沢基地、首都圏の米軍基地、岩国飛行場、築城基地、新田原基地、馬毛島、嘉手納基地の周辺を歩き回り、住民たちがどんな思いで生活しているか、事故の時の米軍の言動はどうだったか、など調べ上げていく。その不平等性は占領軍並みであり、憲法で認められた基本的人権を下回ると言って過言ではない。本書の問題提起を、基地から遠く住む人々みなが重く受け止めることが求められていると思う。 続きを読む »

談話室2022年8月号

円安がもたらす国民窮乏化 柴生田  晴四

編集後記 2022年8月号

【編集後記】 巷では新型コロナウイルスの感染が急拡大し、第7波に見舞われていることが大きく報じられています。今のところ、政府は行動制限を伴う感染防止対策には否定的ですが、その一方で欧米諸国のようなマスク着用もいらない日常への復帰にも踏み切れないでいます。新たな変異株は感染力が強まる一方で毒性が薄まっている現状を踏まえれば、一刻も早く第2類相当から第5類への変更に踏み切るべきです。政府の優柔不断は経済の停滞と財政の悪化によって日本の国力を一段と弱めることになるでしょう。
次号は塩田潮氏「危機の時代と岸田政権の対応力――コロナ・ウクライナ・参院選の行方」、吉崎達彦氏「有事の世界経済を読み解く」、〈夏季特別企画〉石橋湛山氏「百年戦争の予想」(昭和16年講演)を掲載予定です。

経済倶楽部講演録2022年8月号  No.882

2022年8月号目次

ロシア・ウクライナ戦争とアメリカの戦略
笹川平和財団上席研究員    渡部 恒雄

株式市場の本当の話
証券ジャーナリスト      前田 昌孝

ロシアのウクライナ侵攻と旧ソ連空間の動き
慶應義塾大学総合政策学部教授    廣瀬 陽子

〔談話室〕円安はもたらす国民窮乏化 柴生田 晴四
〔会員の広場〕三陸・岩手を旅する         高田 英生

経済倶楽部便り
読 書 通 信(No.210)
バックナンバーのご案内/編集後記

読書通信2022年7月号

■ 世界は今いろいろな意味で危機にある。自然破壊などの地球環境、絶滅危機に直面する動植物、パンデミックや貧困に苦悩する人類。地球温暖化だけ言っていればいいというものではない。ジェーン・グドールほか『希望の教室』海と月社、1760円)で取り上げられる「危機」は多岐にわたりかつ多彩である。共著者ダグラスの絶妙な話の引き出し方にグドール博士が見事に応えて本書は構成される。
グドールはチンパンジーなど動物行動学の第一人者で、世界を歩き回って調査研究してきた。87歳の今も各国で講演するスーパーウーマンである。その見聞録、体験談はとても面白く、説得力に富む。書名からは希望の持ち方の授業かと思われそうだが、それより彼女が将来に希望を捨てない理由が主テーマで、理由は「人間の知力」「自然の回復力」「若者の力」「人間の不屈の精神力」の4つ。「一緒ならできる、一緒にやろう」がグドールのメッセージで、ほんとに若々しい。我らも負けてはいられない。そう思った。
■ 昔から全体主義は苦手だ。ヒットラー、スターリン、東条英機。全体のため個が否定される社会だけは住みたくない。というわけで適菜収『ニッポンを蝕む全体主義』祥伝社新書、924円)が書店ですぐ目に飛び込んできた。出だしは「全体主義は近代人がかかる病」と「大衆が指導者を生み出す」。確かにそうだ。
前半はオークショット、フロム、アレント、トクヴィルはじめ多くの言説を丁寧に紹介しつつ、全体主義は大衆の所産であることを繰り返し論じていく。まさにポピュリズムであり、歴史的にも大いに啓発される。ところが後半は一転、維新の会(とくに橋下徹)と安倍晋三批判の部分では著者のボルテージが急上昇する。こうして整理されると、彼らの暴言がなぜ看過され続けてきたのか首をかしげざるをえない。全体主義の萌芽はすぐ足元にあることを知る。 続きを読む »

編集後記 2022年7月号

【編集後記】 為替相場は歴史的な円安局面に突入しています。米国が景気の過熱と資源価格の急騰によるインフレ対応で急ピッチの利上げに動き、欧州各国も金融引き締めに動く中で開かれた日銀の政策決定会合は、ゼロ金利政策の継続を決定、円安がさらに進行しています。日米金利差の拡大から考えても円安には歯止めがかからない可能性が高く、日本の物価上昇もさらに深刻なものになるでしょう。日銀は低金利政策の継続の理由として景気回復に水をさすリスクをあげていますが、そもそも低金利政策が経済の停滞に対して基本的に効果がなかった事実を無視し続けています。
次号は渡部恒雄氏「ロシア・ウクライナ戦争とアメリカの戦略」、前田昌孝氏「株式市場の本当の話」、廣瀬陽子氏「ロシアのウクライナ侵攻と旧ソ連空間の動き」を掲載予定です。