談話室2020年7号

映画雑感12     柴生田  晴四

読書通信 2020年7月号

■ 安倍政権のもとでの公文書の秘匿、廃棄、そして改ざん。こんなことがいつまで続くのか。黒川東京高検検事長の人事に関連しては記録(公文書)さえ残されていない。これでは事実確認も後日の検証もできるはずがなく、民主主義の崩壊につながりかねないと思っていたら、毎日新聞取材班『公文書危機 闇に葬られた記録』毎日新聞出版、1650円)が目に入った。
冒頭、財務官僚が「財務省の力の源泉は何か」と問い、記者の(まっとうな)答えを否定して「違います、記録です」と言う。そうなのだ。役所にとって記録こそ力であるのに、それを作らせなかったり、改ざんしたり、廃棄したりでは自殺者が出るのも無理はない。政治家の責任は無限大だ。日米関係を重視する政治家なら、せめて米国の公文書重視に学んでほしい。鳩山友紀夫、福田康夫、前川喜平、御厨貴ほかの人たちへのインタビューには考えさせられた。
■ 映画監督のオリバー・ストーン、アメリカン大学教授のピーター・カズニック、元首相の鳩山友紀夫、鹿児島大学教授の木村朗、4氏の対談、鼎談で構成されるO・ストーンほか『もうひとつの日米戦後史』詩想社新書、1155円)は、米側2氏の対米(対日ではない)批判の厳しさに圧倒された。原爆投下の狙いから、ケネディ暗殺の背景、冷戦の主役、クリミアでの策謀、イスラム差別、等々まで軍産複合体、ネオコン、米国政治に対する告発は論理的で、これに反論するのは容易でないだろう。
日本人は米国の本当の姿をまるで知らないと言われているように感じる。確かに米国という国は一筋縄ではいかない。安倍対トランプでは役者が違う。本書で米国という国を確認することは意義深いことだ。ところで米側2氏が評価する政治家はヘンリー・ウォレス(戦時中の米副大統領)とJFKである。ヒラリーとトランプ論(日本側2氏の評価との違いも)も興味深い。 続きを読む »

編集後記 2020年7月号

【編集後記】コロナ禍による集会の自粛が長引き、この講演録まで待てないという声にこたえるため、講演後に動画配信で講師のお話を直接視聴できるシステムを導入しました。なお、講演後の質問は事務局長と理事長が行っております。会員の方が出席しているわけではありませんので誤解なきよう。皆様に直接お会いできる日を千秋の思いで待っておりますが、現状ではいつ通常の再開ができるか、確たる見通しは得られていません。今しばらくご辛抱いただきたいと存じます。
次号は、佐々木俊尚氏「ポスト・コロナ時代のライフスタイルとテクノロジー」、熊野英生氏「アフターコロナの日本経済」、吉崎達彦氏「コロナショック下の米大統領選」を掲載予定です。

経済倶楽部講演録2020年7月号 No.857

2020年7月号目次

コロナ・五輪政局の見通し
「インサイドライン」編集長 歳川 隆雄

国際経済情勢と日本
慶應義塾大学教授 白井 さゆり

米大統領選挙の行方と日本を取り巻く国際情勢の変化
早稲田大学社会科学部教授 中林 美恵子

新型コロナ蔓延の中東域内政治に与える影響
千葉大学法政経学部教授 酒井 啓子

〔談話室〕映画雑感12 柴生田 晴四
〔会員の広場〕  小さな花園      坂本 正治

経済倶楽部便り
読書通信(No.186)
バックナンバーのご案内/編集後記

談話室2020年6号

コロナ禍の後     柴生田 晴四

読書通信 2020年6月号

■ 新刊旧刊問わず感染症や伝染病の本がよく売れているらしい。便乗してハウツー本のような感じの長尾和宏『歩くだけでウイルス感染に勝てる!』山と渓谷社、1320円)を買い求めたが、案外まともで大いに参考になった。人は歩くことで抵抗力が増す。これが本書の一貫した主張だ。食事・睡眠・気・運動を免疫力の基本とする評者の主義からすると歩くだけでいいのかと突っ込みを入れたくなるが、歩くことの重要性には十分、説得力がある。免疫力が低下している高齢者ほど歩くことが重要で、歩けば自律神経が調えられ、感染症に対する抵抗力は増していく、と著者の自信は揺るぎない。座ってばかりでは感染に弱くなる、5分でも10分でも歩いてセロトニンを分泌し日に当たろう。これが先々まで有効な(たぶん)本書の提案である。そして数年後には新型コロナはありふれたウイルスになるとも。それまで永い付き合いだとすれば、座してワクチン開発を待つよりも、歩けるうちは近場を歩き回ることにしよう。
■ 感染症の本をもう一冊。著者は例のクルーズ船に乗り込んで二次感染を警告し厚労省の職員とトラブルを起こして下船した専門家だが、警告が正しかったことを否定する人は今いないだろう。岩田健太郎『感染症は実在しない』インターナショナル新書、1078円)は、感染症をどう捉え、これにどう対処するべきかという、今、最も重要なテーマを論じている。感染症を「こと」でなく「もの」として捉えては(大半の医療関係者がそうらしい)検査も治療も間違える可能性が大きいと著者は力説する。状況に学んで自分の意見を変え方針を変えることのできない厚労省の役人や学者、医者には無謬性信奉が強く、プランBを用意することができない、これが感染症対策の最大の問題である、という指摘は重要だ。医療体制を見直す上で本書から教えられることは少なくないだろう。 続きを読む »

編集後記 2020年6月号

【編集後記】 コロナ騒ぎのどさくさに紛れて検察庁法改正が強行されようとしています。政府は「他省庁の定年延長に合わせるため」と説明していますが、それならなぜ内閣や法務大臣の判断でさらに定年を延長できる規定が新たに盛り込まれたのか。もともと1月に安倍首相に近いとされる黒川東京高検検事長の定年延長を閣議決定による法解釈変更で強行したことへの辻褄合わせとしかいいようのない改正案です。行政からもっとも中立であるべき検察の人事に時の権力が介入できるようになれば、ただでさえ危うい日本の三権分立は根底から揺らぐことになるでしょう。次号は、歳川隆雄氏「コロナ・五輪政局の見通し」、白井さゆり氏「国際経済情勢と日本」、中林美恵子氏「米大統領選の行方と日本を取り巻く国際情勢の変化」、酒井啓子氏「新型コロナ蔓延の中東域政治に与える影響」を掲載予定です。

経済倶楽部講演録2020年6月号 No.856

2020年6月号目次

日本の経済政策と民主主義
明治学院大学国際学部教授 熊 倉 正 修

日本人の価値観の違いをさぐる
山猫総合研究所代表 三 浦 瑠 麗

「異次元緩和7年後」の真実
富士通総研前エグゼクティブ・フェロー
早 川 英 男

〔談話室〕コロナ禍の後         柴生田 晴四

〔会員の広場〕   ベネチアのマスク        濱田 義文

経済倶楽部便り
読 書 通 信(No.184)
バックナンバーのご案内/編集後記

談話室2020年5号

政治の責任     柴生田    晴四

読書通信 2020年5月号

■ コロナでうやむやになっていいとは思えないのが「桜を見る会」の真実である。モリカケも問題だが、桜のほうは政治資金規制法にもろに関わる。そんなわけで毎日新聞「桜を見る会」取材班『汚れた桜』(毎日新聞出版、1320円)でおさらいしてみた。昨年11月に参議院予算委で田村智子議員が爆弾質問して以来の一部始終が明快である。桜をめぐって何が起き、何が問題なのかが手際よく整理されている。
多くは新聞報道などで断片的に頭に入っていたことだが、この問題を最初から体系的にみてみると物語は極めて単純なことがわかる。新聞記者たちの心中や取材現場が描かれるのもよい。招待名簿の廃棄だとか、前夜祭での会費支払いのうやむやだとか、状況証拠からすれば安倍首相側は限りなくクロだが、それにしてもこんなことで国会という大事な政策論議の場が空転を続けていく日本という国が情けなくなる。
■ 沖縄のことを、筆者も含め「本土」の人々はわかっているつもりでいても実はほとんどわかっていない。少なくとも沖縄の人はそう思っている。これを被害者意識などといってすませてはいけないと、阿部岳『ルポ沖縄 国家の暴力』朝日文庫、814円)を読んで思った。
名護市の北隣にある東村にヘリパッドが建設されることになり、抗議する人々を排除するために機動隊員が500人も全国から集められた、その攻防の記録である。著者は沖縄タイムス記者で、現場に本土の記者は現れない。だから本土の人たちはこの一部始終をまるで知らずに終わった。ヘリパッドは首尾よく完成したのだが、その1カ月後、オスプレイが近くの海に、1年後には今度はヘリが近くの牧草地に、墜落した。そのときの高圧的な米軍の行動に著者は憤る。そして沖縄での作家百田尚樹の唖然とするような言動にも。沖縄の悩みはますます深い。 続きを読む »