大恐慌を防いだか? ―経済危機後の日本・世界経済を展望する

4月13日(金) 第3978回   早稲田大学政治経済学術院教授 若田部 昌澄氏

東日本大震災から1年、そしてリーマンショックから3年半。大恐慌以来といわれた経済危機はどう展開しつつあるのか。ユーロ圏はじめ世界経済の不透明な行方を気鋭の経済学者が明快に抉ります。

講師略歴

1965年神奈川県生まれ。87年早稲田大学政治経済学部卒業。同大学院経済学研究科、Toronto大学経済学大学院博士課程修了。Cambridge大学、George Mason大学客員研究員。2005年早稲田大学教授。編著書に『「日銀デフレ」大不況』(講談社、10)、『伝説の教授に学べ!』(共著、東洋経済新報社、10)、『「環境主義」は本当に正しいか?』(監修、日経BP社、10)、『日本の危機管理力』(編、PHP研究所、09)、『危機の経済政策』(日本評論社、09=石橋湛山賞受賞)、『再分配とデモクラシーの政治経済学』(共著、東洋経済新報社、06)、『改革の経済学』(ダイヤモンド社、05)、『昭和恐慌の研究』(共著、東洋経済新報社、04=日経経済図書文化賞受賞)、『経済学者たちの闘い』(東洋経済新報社、03)

≪午餐会メニュー≫松花堂弁当 山形県の郷土料理をアレンジして