世界経済の潮流と日本経済の行方

3月10日(金)第4195回           熊谷  亮丸氏(大和総研チーフエコノミスト)

米国のトランプ大統領の政策を巡る不透明感が広がっています。今後、トランプ政権はどこに向かうのか?中国経済はどうなるのか?世界経済の潮流を踏まえた上で、日本経済や金融市場の展望について多面的に考察します。

講師紹介
1966年生まれ。筑波大学付属高校を経て89年東京大学法学部卒業。日本興業銀行(現みずほFG)入行。東京大学大学院政治学研究科修士課程修了、調査部などを経て2007年大和総研入社。10年以来チーフエコノミスト。著書に『パッシングチャイナ-日本と南アジアが直接つながる時代』(講談社、13)、『消費税が日本を救う』(日経プレミアムシリーズ、12)、『世界インフレ襲来』(東洋経済新報社、11)など。