文系軽視・理系偏重は日本を滅ぼす

11月24日(金)第4225回         佐和  隆光氏(京都大学名誉教授)

2015年6月に人文社会学系学部・大学院の廃止・転換を求める文部科学大臣通知が86国立大学長宛に届きました。近年の日本の産業競争力低下は、半世紀に渡る「理系学部の教育の偏向」が原因であることを論証します。

講師紹介
1942年生まれ。65年東京大学経済学部卒業。67年同大学院経済学研究科修士課程修了。同大学助手を経て、71年東京大学経済学博士。80年教授に昇格。この間、スタンフォード大学研究員、イリノイ大学教授等を務める。その後、京都大学経済研究所所長を経て2000年から2016年まで、滋賀大学学長。現在、京都大学名誉教授、滋賀大学特別招聘教授。主な近著に『経済学のすすめ』(岩波新書、2016)、『日本経済の憂欝 デフレ不況の政治経済学』(ダイヤモンド、2013)、『グリーン資本主義-グローバル「危機」克服の条件』(岩波新書、2009)、『佐和教授 はじめての経済講義』(日本経済新聞社、2008)がある。