編集後記 2021年1月号

【編集後記】 全国の自殺者数は7月以降5カ月連続で増加しています。1月から11月までの累計では1万9101人で前年同期比426人の増加です。自殺者は昨年まで10年連続で減少を続けていました。まさにコロナ対策としての新生活様式が自殺者急増をもたらしていることは疑いようがありません。命の大切さを声高に叫ぶのであれば、自殺者対策こそが全てに優先されるべきでしょう。
次号は山田惠資氏「菅政権は何を目指すのか」、中山俊宏氏「2020年米国大統領選挙考察――アメリカは何を選択したのか?」、嶋中雄二氏「2021年日本経済の展望」、寺島実郎氏「コロナ問題の本質とコロナを超える視座」を掲載予定です。

経済倶楽部講演録2021年1月号 No.863

2021年1月号目次

2020年トランプとアメリカの命運
米国弁護士 湯 浅    卓

コロナショック下の日本経済 現状と将来展望
大正大学地域構想研究所教授 小 峰 隆 夫

イノベーションと科学の同時危機はなぜ起きたのか?
京都大学名誉教授・産学官連携本部特任教授
山 口 栄 一

米中貿易戦争の新たな展開と中国経済の展望
―グローバルサプライチェーンのあり方
東京財団政策研究所主席研究員 柯  隆

〔談話室〕映画雑感13    柴生田 晴四
〔会員の広場〕 吾が輩も猫である  深 瀬  拡

経済倶楽部便り
読 書 通 信(No.191)
バックナンバーのご案内/編集後記

談話室2020年12月号

いつまで恐怖をあおるのか    柴生田  晴四

読書通信 2020年12月号

■ 環境問題は今や聖域となりSDGsを否定するには相当の覚悟がいる。しかし斎藤幸平『人新世の「資本論」』集英社新書、1122円)によるとSDGsなんて生ぬるい、そんなことで気候変動は止まらぬどころか、それで満足してしまうという意味で反歴史的なアリバイ作りにすぎないのだそうだ。レジ袋削減やマイボトル、ハイブリッドカー志向なども自己満足にすぎず有害でさえある、と挑発的ですらある。強烈な物言いの裏には環境危機は今や待ったなしの決定的地点にあるという信念が感じられる。
ではどうするか。マルクス最晩年の著作を探求する中で「資本主義的」成長を止めるしかないという結論が導き出される。ピケティが言い始めた「参加型社会主義」もその線上にある。いわゆる「コモン」の提唱であり「グローバル・サウス」と称される世界への深い思い入れがそこにはある。温暖化への強烈な危機感が全体を貫いているのをどう受け止めるかに尽きるともいえるが、論理に同調するか、決め付けに反発するか、今年注目の書であることは確かだろう。
■ 7年前に刊行されて話題になった佐々木実『竹中平蔵 市場と権力』講談社文庫、990円)が文庫化された。政治と深く関わって利権を得ている商人を政商というが、学者の場合は何というのだろう。小泉政権での入閣以来、竹中平蔵という学者は「改革」の指導者としてすっかり定着し、新自由主義で夜も日も明けない。
本書は生い立ちから開銀時代(とくに著作でのスキャンダル)、米国留学の内幕、学者への道の曲折、政治家との相思相愛など、毀誉褒貶の一部始終を見事に描いている。著者が師事した宇沢弘文氏とあまりに対照的なその言動に対し、筆致こそ抑制的ながら人物評価は熾烈の一語である。前政権に続いて現政権にも深く食い込んでいる人物だけに、多くの人に読まれてしかるべき内容であると改めて痛感した。 続きを読む »

編集後記 2020年12月号

【編集後記】 今年も師走を迎えました。例年であれば出席する忘年会も全て中止となり、ひっそりと年を越すことになりそうです。コロナ禍の一年がこれまでの生活を見直し、リセットする機会になれば、無駄な一年ではなかったと言えるかも知れません。それは間違ってもお役所の言うところの新たな生活様式などではありません。感染防止に翻弄されるのではなく、人生と社会の行く末を冷静に見つめ直す機会にしたいものです。
次号は、湯浅卓氏「2020年トランプとアメリカの命運」、小峰隆夫氏「コロナショック下の日本経済――現状と将来展望」、山口榮一氏「イノベーションと科学の同時危機はなぜ起きたのか?」、柯隆氏「米中貿易摩擦の新たな展開と中国経済の展望」を掲載予定です。

経済倶楽部講演録2020年12月号 No.862

2020年12月号目次

ゼロ次予防-認知症の少ない社会をつくる
千葉大学予防医学センター教授 近 藤 克 則

難題山積の中、始動した菅政権
毎日新聞社専門編集委員 与 良 正 男

日本経済に現状と課題
立正大学学長 吉 川  洋

ニューノーマルな時代のグッドガバナンス
アフラック代表取締役会長 チャールズ・レイク

〔談話室〕   いつまで恐怖をあおるのか      柴生田 晴四
〔会員の広場〕    政治の王道             鈴 木 元

経済倶楽部便り176
読 書 通 信(No.190)
バックナンバーのご案内/編集後記

編集後記 2020年11月号

【編集後記】内閣府の景気の山と谷を判定する有識者会議「景気動向指数研究会」は7月30日に景気の拡大が18年10月に終了し後退局面に入ったと暫定的に認定しました。戦後最長記録を更新する20年2月のかなり前から景気は後退していたことになります。データを基にした専門家の判定に対して官邸から山の時期を20年2月まで繰り下げるように圧力がかかったそうです。幸いにもメンバー全員が辞任覚悟で拒否して事なきを得ましたが、安倍政権の中枢部が極めて危険なご都合主義に毒されていた事実に暗然とします。菅政権がこうした体質を受け継がないこと、そして関係者が勇気をもって不当な圧力に屈しないことを願うばかりです。
次号は、近藤克則氏「ゼロ次予防―認知症の少ない社会をつくる」、与良正男氏「難題山積の中、始動した菅政権」、吉川洋氏「日本経済の現状と課題」、チャールズ・レイク氏「ニューノーマル時代のグッドガバナンス」です。

読書通信 2020年11月号

■ 日米安保は大事だと思う人ほど日米地位協定にもっと関心を持ってほしいと思う。7年前に前泊博盛『本当は憲法よりも大事な「日米地位協定入門」』(創元社)を読んでその思いを強くし、今年は山本章子『日米地位協定』(中公新書)が石橋湛山賞を受賞してそれは確信に変わった。そしてダメ押しは近刊の平良隆久『まんがでわかる日米地位協定』小学館、1870円)だ。全体の4割を占める漫画は高校生が自由研究で日米地位協定を調べるという趣向だが、残る文章部分が予想以上に充実している。
ドイツ、イタリア、韓国が米国と頑張って交渉のうえ確保した管制権や平時における指揮権に比べ、日本だけが世界で唯一、地位協定によって米軍の思うままになっている国であることをはじめ、国民の多くはまだ知らないだろう事実がたくさん書かれている。沖縄の苦難は想像に余りあるが、首都圏の空(米軍が支配する横田空域)もひどい。こんな無茶な日米地位協定を放置すれば、いずれ反米感情が急拡大してしまうのではないか。それが冒頭の謂である。
■ 現憲法は米国に押し付けられたものだという意見は今も根強くある。だがそう単純なものではないことが中路啓太『ゴー・ホーム・クイックリー』文春文庫、968円)を読み進むとわかってくる。内閣法制局の佐藤達夫を主人公に、政治家や官僚がGHQとやりあいながら憲法文案を作り上げていった過程が克明に描かれる。ノンフィクションとはいえ細かな用語や法律論が延々と登場してくるので少し飽きる人もいるかもしれないが、現実はそれだけ厳しく知力や腕力を要したのだ。とくに翻訳つまり日本語の機微とGHQとの駆け引きは本書最大の読みどころである。書名の英語は吉田茂が好んだ冗談でGHQと関係があるのだが、さて。
続きを読む »

談話室2020年11月号

不都合な真実     柴生田  晴四

経済倶楽部講演録2020年11月号 No.861

2020年11月号目次

政治とメディアを考える
TBS「NEWS23」キャスター 星    浩

ウィズコロナ-新たな社会の見取り図
長崎大学熱帯医学研究所教授 山 本 太 郎

どうなる株、円、そして金
国際金融マーケット研究家 豊 島 逸 夫

〔談話室〕不都合な真実           柴生田 晴四
〔会員の広場〕 朝顔が、1385輪も咲きました         小長井  孝

経済倶楽部便り
読 書 通 信(No.189)
バックナンバーのご案内/編集後記