談話室2019年3月号

日本の暗黒大陸     柴生田  晴四

読書通信 2019年3月号

■ 現役政治家だった頃の野中広務には、率直にいってそれほど関心はなかった。こわもての政治家で右寄りだが、戦争の臭いには敏感な人、というのが個人的印象で、それ以上でも以下でもなかった。しかし菊池正史『「影の総理」と呼ばれた男』講談社現代新書、950円)を読んで、見方は一変した。地方政治家としても国会議員としても敵は容赦なくやっつけるが、その敵は永久的ではない。政治状況が変われば敵が友になることは野中にとってなんの矛盾でもない。そんな変幻自在な、しかし軸はぶれない政治家の姿は昨今、希少価値であるだろう。
「あの戦争に生き残り、生かされた私の使命は二度と戦争を起こさせないことだ」。そして「弱者を見捨てない」。この言葉を若い世代に伝えるべく全力を尽くしたのに、戦争を知らぬ政治家たちは集団的自衛権へと突っ走った。著者は日本テレビの政治部デスク。戦後政治史としても切れ味鋭いものがあり大いに勉強になった。良質の政治評論も立派だ。気骨の政治家の一生を描いて政治のありようを問うた力作である。
■ この先も日本企業の国際競争力は低下の一途なのだろうか。経営者か、社員か、組織のあり方か、欠陥はどこにあるのか。と考えていたら、熊野英生『なぜ日本の会社は生産性が低いのか』文春新書、950円)は先進国最低レベルとなった生産性の実態を経済学の基本に帰って解説してくれた。本書を通読すると、ワンオペ化とか長時間労働とか投資抑制とか最近の傾向が必然的に生産性低下を招いていることがわかってきた。人にもっと投資せよ。一見、単純だが的を射た提言である。本書を参考に早く手を打たないといけない。四半期決算ばかり気にせずに。働く上のヒントの数々もいい。 続きを読む »

編集後記 2019年3月号

【編集後記】 安倍首相は口を濁していますが、トランプ氏をノーベル平和賞に推薦したのはどうやら事実のようです。なにしろ当のトランプ氏が得意満面で報告してしまったからです。とにかくご機嫌をとっておくことがこれからの外交上で重要だということは分かりますが、人を推薦するということは、その人の見識が問われる問題です。世界の良識に背を向けて自分のことしか考えない人物を持ち上げる勇気には感嘆するしかないのでしょうか。
次号は、庄司克宏氏「ブレグジット・パラドックス――欧州統合の行方」、西原春夫氏・坂元茂樹氏・萬歳寛之氏・玉田大氏「東アジアにおける〈法の支配〉の構築に向けて」、八代尚宏氏「安倍政権の労働市場改革の現状と課題」、白川方明氏「中央銀行という存在について考える」を掲載予定です。

経済倶楽部講演録2019年3月号 No.841

2019年3月号目次

2019年の世界-脱グローバル化の時代
東京大学大学院教授  藤原 帰一

貨幣論から見たビットコインの将来と資本主義の将来
国際基督教大学特別招聘教授 岩井 克人

中国のハイテク産業・イノベーション教育と日中連携の課題
会津大学副学長、教授   程 子学

〔談話室〕          日本の暗黒大陸      柴生田 晴四
〔会員の広場〕 赤石岳の想い出   田川 修司

経済倶楽部便り
読書通信(No.169)
バックナンバーのご案内/編集後記

談話室2019年2月号

国を危うくする統計不信   柴生田  晴四

読書通信 2019年2月号

■ 最近、政治家や官僚の発言がますます軽くいいかげんになっている気がする。国会では野党が、記者会見では記者が、即座には発言の信憑性を追及するだけの材料は持ちえないにしても、少なくともその場で発言内容について念を押し、後日「誤解を招いたとすればお詫びする」とか「記憶違いだった」などと逃げられないように逃げ道をふさいでおくべきだろう。
南彰・望月衣塑子『安倍政治100のファクトチェック』集英社新書、907円)は森友・加計問題、アベノミクス、安全保障、憲法・人権問題などで安倍首相、菅官房長官、佐川理財局長らがどう発言し、そこに虚偽がなかったか検証している。こうしたファクトチェックは極めて重要で、よくぞこれほど出任せが語られるものよと驚かされる。「記憶の限りでは」が乱発されているが、後で「記憶違いだった」ですむのではウソの言い放題ということになりかねない。欧米のように侮辱罪とか罰則規定の適用がもっと厳しくあってしかるべきではないか。
■ 森友学園問題で活躍した元NHK記者によるノンフィクションである相澤冬樹『安倍官邸VS.NHK』文藝春秋、1620円)はとてつもなく面白い。NHKはこの本に対し虚偽が多く放送にかかわる機密を勝手に公表したとして批判したが、その具体的内容についてはその後、明らかにしていないので、内容は99%真実であると断じてよいのだろう。
50代半ばにして「生涯一記者」にこだわる敏腕の著者は大阪地検に食い込み、籠池理事長の信頼も得てスクープを連発するが、官邸に忖度する局長や部長によって記事は改変され番組は放送中止になったりする。取材から出稿、放送までのスリリングな過程が放送メディアの内幕(これも面白い)とともに詳細に語られる。書名の「安倍官邸」はほとんど登場しないが、検察の向こうにじわじわっと浮かび上がる。 続きを読む »

編集後記 2019年2月号

【編集後記】 世界中で吹き荒れている「反知性主義」の嵐は、これまで当然と考えられてきた常識をいとも簡単に吹き飛ばしてしまいます。これを社会の変化から取り残された無知蒙昧の輩たちの反乱とのみ受け取るのは誤りでしょう。何よりも知の劣化と怠慢がこうした流れを引き寄せたのです。社会の変化に対応した新たな規範の創出こそが知に課せられた役割です。 次号は、藤原帰一氏「2019年の世界――脱グローバル化の時代」、岩井克人氏「ビットコインの将来と資本主義の将来」、程子学氏「中国のハイテク産業・イノベーション教育と日中連携の課題」を掲載予定です。

経済倶楽部講演録2019年2月号 No.840

2019年2月号目次
高血圧症の罠
東海大学医学部名誉教授       大櫛 陽一

2019年日本経済の展望
三菱UFJモルガン・スタンレー証券景気循環研究所長
嶋中 雄二

2019年への視座-世界経済の構造変化の中での日本
(一財)日本総合研究所会長 寺島 実郎

〔談話室〕  国を危うくする統計不信                   柴生田 晴四
〔会員の広場〕2018年初夏、ロンドンで想うこと  夏目 敏夫

経済倶楽部便り
読書通信(No.168)
バックナンバーのご案内/編集後記

談話室2019年1月号

映画雑感8    柴生田 晴四

読書通信 2019年1月号

■ 恒例により昨年取り上げた47冊の中からベストテンを。ジャンルが偏らぬようにしたのと面白さを重視した点をお断りしたい(掲載順、〇数字は月号)。森功『悪だくみ』①、中島岳志『保守と立憲』③、ミヌーイ『シリアの秘密図書館』④、旗手啓介『告白』⑤、新井紀子『AI教科書が読めない子どもたち』⑥、新井勝紘『五日市憲法』⑦、福田直子『デジタル・ポピュリズム』⑦、牧野邦昭『経済学者たちの日米開戦』⑧、田中秀征『自民党本流と保守本流』⑨、神野直彦『経済学は悲しみを分かち合うために』⑨。番外として渡辺西賀茂診療所『京都の訪問診療所』⑪は医療介護の現実と理想を、秦新二・成田敦子『フェルメール最後の真実』⑪は想像を超える絵画と企画展の世界を知る。
■ 前著『知ってはいけない―隠された日本支配の構造』(講談社現代新書)はまさに目から鱗の本だった。続編2は副題に「日本の主権はこうして失われた」とあり、日本の外交や安全保障がアメリカの支配下にあり続ける理由を歴史的に丁寧に分析、解説している。 矢部宏治『知ってはいけない2』講談社現代新書、950円)は、日米関係は安保条約によって規定されているという常識を根底からひっくり返す。日米取り決めは驚くべき密約の数々によって動かされ変更される。著者は丹念に外交文書を掘り起こしていき、その改ざんの跡を提示する。結果として米軍はどんな日米取り決めも守らなくていいことが明らかになる。こんな国は世界にない。本書により、政治家、官僚に最低限のナショナリズムさえ失われている現状を知ることは重要なことであるだろう。決してすらすら読める内容ではないが、このくらい読み通せないでどうする、という気がした。 続きを読む »