談話室2018年7月号

映画雑感7   柴生田 晴四

読書通信 2018年7月号

■ 東京西部の<RUBY CHAR=”五日市”,”いつかいち”>町(現あきる野市)の土蔵から明治期の古文書が発見されてからちょうど50年が経った。今、それは「五日市憲法」と呼ばれ注目が集まっている。新井勝紘『五日市憲法』岩波新書、885円)は発見のいきさつ、起草者の千葉卓三郎の足どり、五日市という町、そして文書が埋もれていく過程まで、発見者であり研究者である著者ならではの生き生きとした筆致による貴重な記録である。
明治の初め、市井の人々が議論を重ねて憲法草案を起草したエネルギーには圧倒される。昨今のいかにも軽々しい憲法改正案の文言と比べるとき、権力と国民との関係を徹底的に論じ、理想の国のあり方を追求した真摯な姿勢から学ぶものは多い。「五日市憲法」の条文を読むと現憲法よりも優れていると思われる個所さえ散見されるなど、おおいに感服させられた。
■ <RUBY CHAR=”薪”,”まき”>を背負って歩きながら本を読む二宮金次郎の像(戦後も校門脇にあった)はいまだに印象深い。小澤祥司『二宮金次郎とは何だったのか』西日本出版社、1944円)は二宮尊徳の生涯と後継者たちによる報徳運動継承の努力を前半、地方改良運動のシンボルとして利用された戦中の「臣民の手本」としての尊徳を後半に構成されている。報徳運動の実際と、戦時下、国民に虚像が刷り込まれたことに加え、戦後、GHQ右派が逆に尊徳を民主主義者として利用しようとした話も興味深い。そして今、道徳教科書に尊徳の虚像が再び登場し始めている。 続きを読む »

編集後記2018年7月号

【編集後記】 国会の会期延長が与党のゴリ押しで決定して、いわゆるIR法案と公職選挙法改正が審議されています。IRといえばインベスターズ・リレーションのことだと思っていましたが、いつの間にか統合型リゾートが幅を利かせています。それも実態はカジノ賭博を合法化する法案なのです。これまでカジノ法案と呼でいたマスメディアまでが、いつのまにかIR一色になったのは一体どういうことなのでしょうか。
それに参議院の合区に対する該当選挙区向けの言い訳として持ち出された選挙法改正案に至っては党利党略そのものです。与党の良識は一体どこに行ったのでしょうか。
次号は、小島眞氏「成長著しいインドの政治経済の現状と展望」、石川一洋氏「ポストプーチンと日ロ関係」。吉崎達彦氏「地政学リスクと日本経済」を掲載予定です。

経済倶楽部講演録2018年7月号    No.833

2018年7月号目次

変動する中東域内関係
―IS後のシリア、イラクとエルサレム問題を中心に
千葉大学法政経学部教授 酒井 啓子

日本経済の現状と政策課題
大正大学地域創生学部教授 小峰 隆夫

安倍政権は継続か終焉か
時事通信社解説委員長 山田 惠資

中間選挙を控えたトランプ大統領とアメリカ
早稲田大学教授 中林 美恵子

〔談話室〕映画雑感7      柴生田 晴四
〔会員の広場〕人生最高の冒険旅行 田川 修司

経済倶楽部便り
読書通信(No.161)
バックナンバーのご案内/編集後記

読書通信 2018年6月号

■ 国体とは何か。戦前戦中なら天皇が統治する国柄または国民が天皇のために死ねる君主制というようなことだったろう。白井聡『国体論 菊と星条旗』集英社新書、1015円)の厳しい視線は戦後の「国体」に向けられる。つまり占領体制下の日米関係がその後60年以上も日本に定着し、世界にまれな「非独立国」であり続けているという指摘である。日米安保や日米地位協定のような対米従属の構図、トモダチ作戦や思いやり予算などの情緒的用語が戦後の国体を形成し、それが日本の行き詰まり状況を一貫して説明しうる最有力の概念だ、というのが著者の言い分である。石橋湛山賞受賞の『永続敗戦論-戦後日本の核心』をさらに展開させていて極めて論争的だ。戦後の国体へのアンチテーゼとしての平成天皇のおことばが高く評価されている。
■ 世はAIブーム。AIにできないことはないかのようだ。でも事はそう単純ではない。新井紀子『AI教科書が読めない子どもたち』東洋経済新報社、1620円)はとても刺激的で人につい話したくなる本である。「東ロボくん」こと東大入試に受かるためのAI開発の責任者である著者だからこそわかったAIの決定的弱点から、AIが人間を超える日は絶対にやってこないこと、そして肝心の小中高生の文章を読む力がスマホ漬けのおかげもあって驚くほど崩壊していることが明らかにされる。これほどの一大事はない。明快かつ説得的な内容で、子も親も祖父母も必読の一冊である。 続きを読む »

編集後記2018年6月号

【編集後記】 大谷翔平選手の活躍は本人の意思を尊重しバックアップした監督の存在があってこそ生まれました。世界のひのき舞台で成功している多くの選手の活躍は自立した前向きの姿勢から生まれています。その一方で選手を支配し、誤った指導を押し付ける古い体質の指導者も跋扈しています。権力に胡坐をかく存在は社会の害毒であるとしか言いようがありません。 次号は、酒井啓子氏「変動する中東域内関係」、小峰隆夫氏「日本経済の現状と政策課題」、山田惠資氏「安倍政権は継続か終焉か」、中林美恵子氏「中間選挙後のトランプ政権とアメリカ」を掲載予定です。

談話室2018年6月号

何のための働き方改革か    柴生田 晴四

談話室2018年5月号

慣例読みという迎合         柴生田 晴四

経済倶楽部講演録2018年6月号    No.832

2018年6月号目次

トランプ政権と中東
国際政治学者 高橋 和夫

トランプ政権はどこに向かうのか?
笹川平和財団上席研究員 渡部 恒雄

内外経済の動きについて
学習院大学国際社会科学部教授 伊藤 元重

日本の国際平和協力活動と憲法改正
東京外国語大学大学院教授 篠田 英朗

〔談話室〕何のための働き方改革か           柴生田 晴四
〔会員の広場〕山の不思議な話     須山 茂樹
経済倶楽部便り
読書通信(No.160)
バックナンバーのご案内/編集後記

読書通信 2018年5月号

■ とっくに本欄で紹介したつもりでいたが、そうでなかったことに気づいて書棚から引っ張り出した。これは絶対に見逃せない本だと思うので、今からでもぜひお読みいただければと。旗手啓介『告白』講談社、1944円)は読む者をカンボジアPKOの混乱の現場へと誘い込むのみならず、謎解きの面白さも味わえる。昨今、屈指のドキュメンタリーだろう。PKO(国連平和維持活動)で派遣された日本の文民警察は文民の名のとおり丸腰だった。政府として死傷者だけは避けたかった自衛隊は南部の安全地帯へ、対して警官は危険な北部のポルポト派支配地域などへ派遣される。案の定、高田警部補が銃撃に遭い死亡、重軽傷者も出た。だが時の宮澤政権はこれを単なる事故扱いとし、同僚警官には滞在時はおろか帰国後も一切の発言、記録執筆を禁じる。欧州各国は分厚い報告書を作成して国民に明らかにしたというのに、日本はひたすら隠蔽した。23年後の取材でようやく当事者や外国人に重い口を開かせた「NHKスペシャル」は数々の賞を受賞したが、著者はそのディレクター。PKOとは、権力の説明責任とは。多くを考えさせられる。
■ 中高生のスマホ普及率は7割以上だとか。川島隆太『スマホが学力を破壊する』集英社新書、799円)は親子必読で、スマホをやればやるほど学力低下が歴然の怖いデータが山盛りである。破壊的影響が明白なのは数学と理科。自宅学習中に音楽・ゲーム・動画・LINEを併せて行うマルチタスクは最悪で、いくら勉強しても少しも頭に入らない。スマホと脳の話も専門家ならでは。大いに納得がいく。スマホは亡国の玉手箱であり、人口減少などよりはるかに恐ろしいことに気づくべきだ。それも早いほどいい。大人の脳に関する言及も見逃せない。 続きを読む »