談話室2019年4月号

平成時代の位置づけ  柴生田  晴四

読書通信 2019年4月号

■ メガバンクから信金信組まで日本の金融機関の競争力は低下の一途のようだ。財務以上に金融機関としての精神の劣化が懸念される。その典型がスルガ銀行や商工中金で、実態はあきれるほどひどい。ダメな金融機関は融資残高など数字ばかりとろうとして、寒々としたノルマもどきが社内を支配する風土が広がっている。
人気の捨て銀シリーズ第3弾、橋本卓典『捨てられる銀行3 未来の金融』講談社現代新書、928円)は金融庁から末端の支店までジャーナリストならではの綿密な取材が光っている。数字に出ない世界こそ重要だと著者は言うが、確かに飛騨信組、鶴岡信金など共感を呼ぶ経営で成果を上げる実例は心強い。「地域金融マン必読」と帯に書かれているけれど、金融の世界だけの話ではなく多くの組織に役立つだろう。
■ 市職員への暴言で辞任し出直し選挙で信任を得た明石市長が2期8年の苦闘と成果をつづっている。子どもが生き生きとしている街、子育てがしやすい街にするためにはどうするか。泉房穂『子どものまちのつくり方』明石書店、1620円)は自画自賛に陥りかねないところだが、読後感はむしろさわやかである。
子ども医療費の無償化や第2子からの保育料無償化などを所得で線引きせず大多数の中間所得層にも喜ばれるようにしたのは立派だが、実は世間の常識は真逆である。あるいは「本のまち、明石」目指して駅前一等地のビルに図書館と大型書店を並存させ、移動図書館も巡回させるなど著者の永年の夢の実現へひた走る話もいい。わが町もこんな行政をやってほしいとつくづく思ったけれど、いや日本中の自治体が競って学んでほしいと言うべきなのだろう。 続きを読む »

編集後記 2019年4月号

【編集後記】 7月に衆参同日選挙が行われるとの観測がにわかに有力になっています。景気の先行きが不透明になり始め、消費増税の延期の是非を国民に問うことを大義名分として政権に有利な衆参同日選挙を強行するのではないかと言うのです。しかし、前回の衆議院解散にさいしても述べたことですが、衆院解散が「首相の専権事項」だというのは、そもそも憲法の条文を政権に有利に捻じ曲げた虚構の産物です。消費増税の延期は国民に選挙によって付託された議会が粛々と議論して決めればよいのです。
次号は、山内昌之氏「日本1・0とパクス・トクガワナ―日本人には戦略がないのか」、木村幹氏「朝鮮半島をどう見るか」、浜矩子氏「今、気になる『あれらの言葉』―経済的風景の危うさをどう読み解くか」、歳川隆雄氏「衆参同時選挙の可能性大」を掲載予定です。

経済倶楽部講演録2019年4月号 No.842

2019年4月号目次

ブレグジット・パラドックス~欧州統合のゆくえ
慶應義塾大学法科大学院教授 庄 司 克 宏

アジア平和貢献センター共催シンポジウム
東アジアにおける「法の支配」の構築に向けて
パネリスト1/アジア平和貢献センター理事長   西原 春夫
パネリスト2/同志社大学法学部教授   坂元 茂樹
パネリスト3/早稲田大学法学学術院教授   萬歳 寛之
パネリスト4/神戸大学大学院法学研究科教授   玉田  大

安倍政権の労働市場改革の現状と課題
昭和女子大学特命教授 八 代 尚 宏

中央銀行という存在について考える
前日銀総裁、青山学院大学特別招聘教授
白 川 方 明

〔談話室〕  平成時代の位置づけ  柴生田晴四
〔会員の広場〕世界遺産と昆虫と山野草(その2) 外山 興三

経済倶楽部便り
読書通信(No.170)
バックナンバーのご案内/編集後記

談話室2019年3月号

日本の暗黒大陸     柴生田  晴四

読書通信 2019年3月号

■ 現役政治家だった頃の野中広務には、率直にいってそれほど関心はなかった。こわもての政治家で右寄りだが、戦争の臭いには敏感な人、というのが個人的印象で、それ以上でも以下でもなかった。しかし菊池正史『「影の総理」と呼ばれた男』講談社現代新書、950円)を読んで、見方は一変した。地方政治家としても国会議員としても敵は容赦なくやっつけるが、その敵は永久的ではない。政治状況が変われば敵が友になることは野中にとってなんの矛盾でもない。そんな変幻自在な、しかし軸はぶれない政治家の姿は昨今、希少価値であるだろう。
「あの戦争に生き残り、生かされた私の使命は二度と戦争を起こさせないことだ」。そして「弱者を見捨てない」。この言葉を若い世代に伝えるべく全力を尽くしたのに、戦争を知らぬ政治家たちは集団的自衛権へと突っ走った。著者は日本テレビの政治部デスク。戦後政治史としても切れ味鋭いものがあり大いに勉強になった。良質の政治評論も立派だ。気骨の政治家の一生を描いて政治のありようを問うた力作である。
■ この先も日本企業の国際競争力は低下の一途なのだろうか。経営者か、社員か、組織のあり方か、欠陥はどこにあるのか。と考えていたら、熊野英生『なぜ日本の会社は生産性が低いのか』文春新書、950円)は先進国最低レベルとなった生産性の実態を経済学の基本に帰って解説してくれた。本書を通読すると、ワンオペ化とか長時間労働とか投資抑制とか最近の傾向が必然的に生産性低下を招いていることがわかってきた。人にもっと投資せよ。一見、単純だが的を射た提言である。本書を参考に早く手を打たないといけない。四半期決算ばかり気にせずに。働く上のヒントの数々もいい。 続きを読む »

編集後記 2019年3月号

【編集後記】 安倍首相は口を濁していますが、トランプ氏をノーベル平和賞に推薦したのはどうやら事実のようです。なにしろ当のトランプ氏が得意満面で報告してしまったからです。とにかくご機嫌をとっておくことがこれからの外交上で重要だということは分かりますが、人を推薦するということは、その人の見識が問われる問題です。世界の良識に背を向けて自分のことしか考えない人物を持ち上げる勇気には感嘆するしかないのでしょうか。
次号は、庄司克宏氏「ブレグジット・パラドックス――欧州統合の行方」、西原春夫氏・坂元茂樹氏・萬歳寛之氏・玉田大氏「東アジアにおける〈法の支配〉の構築に向けて」、八代尚宏氏「安倍政権の労働市場改革の現状と課題」、白川方明氏「中央銀行という存在について考える」を掲載予定です。

経済倶楽部講演録2019年3月号 No.841

2019年3月号目次

2019年の世界-脱グローバル化の時代
東京大学大学院教授  藤原 帰一

貨幣論から見たビットコインの将来と資本主義の将来
国際基督教大学特別招聘教授 岩井 克人

中国のハイテク産業・イノベーション教育と日中連携の課題
会津大学副学長、教授   程 子学

〔談話室〕          日本の暗黒大陸      柴生田 晴四
〔会員の広場〕 赤石岳の想い出   田川 修司

経済倶楽部便り
読書通信(No.169)
バックナンバーのご案内/編集後記

談話室2019年2月号

国を危うくする統計不信   柴生田  晴四

読書通信 2019年2月号

■ 最近、政治家や官僚の発言がますます軽くいいかげんになっている気がする。国会では野党が、記者会見では記者が、即座には発言の信憑性を追及するだけの材料は持ちえないにしても、少なくともその場で発言内容について念を押し、後日「誤解を招いたとすればお詫びする」とか「記憶違いだった」などと逃げられないように逃げ道をふさいでおくべきだろう。
南彰・望月衣塑子『安倍政治100のファクトチェック』集英社新書、907円)は森友・加計問題、アベノミクス、安全保障、憲法・人権問題などで安倍首相、菅官房長官、佐川理財局長らがどう発言し、そこに虚偽がなかったか検証している。こうしたファクトチェックは極めて重要で、よくぞこれほど出任せが語られるものよと驚かされる。「記憶の限りでは」が乱発されているが、後で「記憶違いだった」ですむのではウソの言い放題ということになりかねない。欧米のように侮辱罪とか罰則規定の適用がもっと厳しくあってしかるべきではないか。
■ 森友学園問題で活躍した元NHK記者によるノンフィクションである相澤冬樹『安倍官邸VS.NHK』文藝春秋、1620円)はとてつもなく面白い。NHKはこの本に対し虚偽が多く放送にかかわる機密を勝手に公表したとして批判したが、その具体的内容についてはその後、明らかにしていないので、内容は99%真実であると断じてよいのだろう。
50代半ばにして「生涯一記者」にこだわる敏腕の著者は大阪地検に食い込み、籠池理事長の信頼も得てスクープを連発するが、官邸に忖度する局長や部長によって記事は改変され番組は放送中止になったりする。取材から出稿、放送までのスリリングな過程が放送メディアの内幕(これも面白い)とともに詳細に語られる。書名の「安倍官邸」はほとんど登場しないが、検察の向こうにじわじわっと浮かび上がる。 続きを読む »