談話室2019年1月号

映画雑感8    柴生田 晴四

読書通信 2019年1月号

■ 恒例により昨年取り上げた47冊の中からベストテンを。ジャンルが偏らぬようにしたのと面白さを重視した点をお断りしたい(掲載順、〇数字は月号)。森功『悪だくみ』①、中島岳志『保守と立憲』③、ミヌーイ『シリアの秘密図書館』④、旗手啓介『告白』⑤、新井紀子『AI教科書が読めない子どもたち』⑥、新井勝紘『五日市憲法』⑦、福田直子『デジタル・ポピュリズム』⑦、牧野邦昭『経済学者たちの日米開戦』⑧、田中秀征『自民党本流と保守本流』⑨、神野直彦『経済学は悲しみを分かち合うために』⑨。番外として渡辺西賀茂診療所『京都の訪問診療所』⑪は医療介護の現実と理想を、秦新二・成田敦子『フェルメール最後の真実』⑪は想像を超える絵画と企画展の世界を知る。
■ 前著『知ってはいけない―隠された日本支配の構造』(講談社現代新書)はまさに目から鱗の本だった。続編2は副題に「日本の主権はこうして失われた」とあり、日本の外交や安全保障がアメリカの支配下にあり続ける理由を歴史的に丁寧に分析、解説している。 矢部宏治『知ってはいけない2』講談社現代新書、950円)は、日米関係は安保条約によって規定されているという常識を根底からひっくり返す。日米取り決めは驚くべき密約の数々によって動かされ変更される。著者は丹念に外交文書を掘り起こしていき、その改ざんの跡を提示する。結果として米軍はどんな日米取り決めも守らなくていいことが明らかになる。こんな国は世界にない。本書により、政治家、官僚に最低限のナショナリズムさえ失われている現状を知ることは重要なことであるだろう。決してすらすら読める内容ではないが、このくらい読み通せないでどうする、という気がした。 続きを読む »

編集後記 2019年1月号

【編集後記】 日本のキャッシュレス社会を切り開くものになるのではないかとの期待もあったペイペイですが、セキュリティコードの入力が無制限に繰り返せるところから、不正利用が横行し、結果的にキャッシュレス社会の危うさを浮き彫りにする結果になってしまいました。担当者の稚拙な言い訳から浮かび上がる危機意識の欠如はあきれ果てるしかありません。しかし、リスクを熟知していたはずのクレジット会社が、この新参者のシステムの欠陥をまるで見抜けなかったことにも驚かされます。この点に触れているメディアを目にしなかったことも残念でなりません。 次号は、大櫛陽一氏「高血圧症の罠」、嶋中雄二氏「2019年日本経済の展望」、寺島実郎氏「2019年への視座――世界経済の構造変化の中での日本」を掲載予定です。

経済倶楽部講演録2019年1月号 No.839

2019年1月号目次

世界経済の見通し
-米中貿易戦争は2020年で終わるのか
BNPパリバ証券チーフエコノミスト 河野 龍太郎

最近の中国の対日観と対日姿勢をどう見るか
元駐中国特命全権大使 宮本 雄二

米中間選挙の結果から読むトランプ政権の今後
東洋英和女学院大学客員教授 中岡 望

AIvs.教科書の読めない子どもたち
国立情報学研究所教授 新井 紀子

〔談話室〕   映画雑感8        柴生田 晴四
〔会員の広場〕 明治150年~児玉源太郎に学ぶ  松下 滋

経済倶楽部便り
読書通信(No.167)
バックナンバーのご案内/編集後記

談話室2018年12月号

戦時体制からの脱却    柴生田   晴四

読書通信 2018年12月号

■ サカナ世界と暴力団のかかわりは極めて深いらしい。だが新聞で実態が明らかにされることはまれだ。確かに新聞記者など怖くて取材も容易でなかろう。であればフリージャーナリストの出番である。鈴木智彦『サカナとヤクザ』小学館、1728円)の著者はヤクザ専門誌の編集部に入った後、独立して関連本を多数、出版してきた。本書でも闇の世界に接触する一方、隠密に現場で働いて実情に迫ろうとする。
三陸アワビや北海道ナマコの密猟から、ウナギの国際密輸シンジケートを追って九州、台湾、香港へ。さらに築地市場への潜入ルポや暴力漁港・銚子の戦後史など、どこにもヤクザの影がつきまとい、身の危険を感じること一度ならず。人々の食卓に魚介が届くまでにこれほどの密漁、乱獲、暴利があったとは。暴力団の資金源に私たちが一役買っているということでもある。アワビやウナギは少し控え目にしようか。
■ 政治家と官僚、どちらの劣化がはなはだしいのだろう。政治家は選ぶ国民にも責任があり、昨今のスキャンダルの多さからは官僚のほうが心配の度合いは高い気がする。佐藤優『官僚の掟』朝日新書、853円)は日本の官僚制についての明快な分析ととともに、数多くの事例により説得力が強まるのは著者ならでは。特に外務省の分析は自家薬籠中の物ともいえる。
中でも第4章「第二官僚の誕生」は重要である。かつては政治家と官僚の間に緊張感があった。政治家に知見と見識があり、官僚も時には直言した。しかし昨今、「経産省内閣」といわれるほど官邸に経産官僚があふれ実権を振るっている。他省庁は官邸の威の前にひれ伏さんばかりだ。ヒトラーの治世と同様、総統(今、総理)と一心同体の官僚が第二官僚である。ナチスと似た時代になってきたとすれば世は危うい。官僚の質はやはり政治次第なのだろう。 続きを読む »

編集後記 2018年12月号

【編集後記】 最後の内閣改造となるかもということで在庫一掃の大判振舞いをしたせいでしょうか。うそと言い訳と知性のかけらもない輩が国会中継を賑わしています。やはり任命権者の責任は重いと言うことですが、何よりも政治不信がより一層政治離れを加速させるとすれば、その罪は日本の将来に禍根を残すことになるでしょう。
次号は河野龍太郎氏「世界経済の見通し―米中貿易戦争は2020年で終わるか」、宮本雄二氏「最近の中国の対日観と対日姿勢をどう見るか」、中岡望氏「米中間選挙の結果から読むトランプ政権の今後」、新井紀子氏「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」を掲載予定です。

経済倶楽部講演録2018年12月号 No.838

2018年12月号目次

ポピュリズム時代の日本政治
政策研究大学院大学教授 飯尾 潤

AIの可能性と限界
早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問
野口 悠紀雄

欧州の経済・金融・政治動向の現状と展望
みずほ銀行チーフマーケット・エコノミスト
唐鎌 大輔

米国中間選挙・トランプ弾劾・日米貿易摩擦を読む
米国弁護士 湯浅  卓

〔談話室〕 戦時体制からの脱却   柴生田 晴四
〔会員の広場〕 ムクドリが教えてくれるもの  坂本 正治

経済倶楽部便り
読 書 通 信(No.166)
バックナンバーのご案内/編集後記

談話室2018年11月号

データ改ざんの深層          柴生田 晴四

 

読書通信 2018年11月号

■ 日本の金融・証券政策と銀証ビジネスほど錯誤を繰り返した例は珍しいのではないか。高度成長期には矛盾はさほど表面化しなかったが、この30年はさすがにいかんともしがたく、銀行も証券会社も世界に劣後した感は否めない。
 太田康夫『金融失策 20年の真実』日本経済新聞出版社、1944円)は、新聞記者としての取材をもとに誤算、失政、混迷の金融行政と業界の内幕を丹念に追っている。著者の立場は適度な自由主義というほどのものでおおむね異存はないが、官も民もこれほど失敗が続くということの本質をどう説明したらいいのだろう。要するに日本人には金融のセンスが欠如しているにすぎないのか。深く考えさせられた。
■ 国境なき記者団による報道の自由ランキングで米国は何位だろうか。この種のランキングを信じる気はさらさらないが、話の種に調べてみると45位だった(韓国43位、日本67位)。おそらく権力とメディアの関係が響いているのだろう。特にCIAは悪名高い。ニコラス・スカウ『驚くべきCIAの世論操作』インターナショナル新書、820円)を読むと、ここまでメディアを丸め込むのかと感心してしまう。
ベトナム戦争、コカイン犯罪、イラク戦争、グアンタナモ収容所で記者たちをCIAがどう操ったか。ハリウッドでは製作者、監督、俳優を取り込みCIAに都合の良い内容の映画を作らせる。これでは45位でも甘いかもしれない。日本の政官の驚くべき情報隠しなどを見ていると、他山の石として一読の価値はある。 続きを読む »