読書通信2017年4月号

■ トランプ大統領がメディアに登場する頻度は下降気味だが、トランプ旋風の意味を考える重要性はなんら低下していない。アメリカがどんな状況にあるのかをしっかり理解しておく必要はむしろこれから高まるのだろう。その意味で格好なのが金成隆一『ルポ トランプ王国』岩波新書、928円)で、著者は朝日新聞NY支局員として、メディアの予測とは真逆のトランプ陣営の異常な勢いに気づき、旧工業地帯や東部諸州を丹念に取材して歩く。
オハイオやヴァージニアで「生まれたときから」民主党支持だった(現・元)労働者や女性たちが熱烈なトランプ支持に変わっていく。その思いや生活実態が率直に語られる、庶民それぞれの発言はどれも軽視しえない種類のものである。ミドルクラスの消滅がたかだか20年かそこらの間にこれほどの勢いで進んだ理由、NAFTAの経済的影響は劇的でトランプのTPP反対が熱烈に受け入れられた背景などがよく理解できる。文章は読みやすく軽妙で、この春、見逃せぬ一冊である。 続きを読む »

編集後記2017年4月号

【編集後記】 都議会における豊洲問題に関する証人喚問は、豊洲移転の早期実現を主張する自民党議員と石原、浜渦両証人との波長が見事に一致する猿芝居でした。加えて東京都の豊洲市場における土壌汚染対策に関する専門家会議の平田座長は地下水が汚染されていても地上は安全だと援護射撃をしています。しかし、同じメンバーによる専門家会議は土壌汚染対策として盛り土を提案し、汚染物質が気化して上がってきても盛り土が吸収するとして盛り土を提言したのではなかったでしょうか。提言を受けて行われた盛り土が建物部分では行われていなかったこと、地下水に基準値の100倍を超えるベンゼンが含まれていることを考えると、この気化したベンゼンが地上部分に影響を与えることは、これまでの専門家会議の議論から当然導きだされる危険です。その危険をどのような対策で除去するのか。専門家会議は都民を納得させる義務があります。
次号は、歳川隆雄氏「安倍超長期政権の行方」、熊谷亮丸氏「世界経済の潮流と日本経済の行方」、出口治明氏「歴史を考える」、酒井啓子氏「トランプ政権のアメリカと中東情勢」を掲載予定です。

経済倶楽部講演録2017年4月号   No.818

2017年4月号目次
アジア平和貢献センター共催シンポジウム
ヨーロッパはどこへ行く
〈問題提起〉 早稲田大学政治経済学術院教授   縣 公一郎
基調報告1/フェリス女学院大学教授  上原 良子
基調報告2/東北大学名誉教授    田中 素香
基調報告3/早稲田大学政治経済学術院教授    福田 耕治
波乱の朝鮮半島情勢
―朴大統領の弾劾と日韓関係の行方、そして北朝鮮のICBM
コリア・レポート編集長 辺 真 一

2017年 日本経済の展望と課題
法政大学大学院政策創造研究科教授 小峰 隆夫

元医師だった父の上手な平穏死
医師、作家 久坂部 羊

〔談話室〕   税金にたかる寄生虫     柴生田晴四
〔会員の広場〕 忘れえぬ女     高野 力
経済倶楽部便り
読書通信(No.146)
バックナンバーのご案内/編集後記

読書通信2017年3月号

■ ポピュリズムは大衆迎合的政治という意味で使われがちだが、これは少々正確さを欠く。既存の政党政治を超えて幅広く国民に訴えようとする政治スタイル、あるいは既成の政治を批判する立場からの政治運動、いずれかの意味で使うのが正しい。水島治郎『ポピュリズムとは何か』(中公新書、885円)はポピュリズムの定義と背景を整理した上で、南米と欧州での近年の動きを詳説し、ポピュリズムがグローバル化していると指摘している。
しばしば右傾化として認識されがちだが実態は非常に多様で、ベルギーのポピュリズム政党VBのようにリベラルでありながらイスラム教徒の非民主主義性だけは厳しく排斥して勢力を拡大する例もある。スイスやオランダなどあまり知られていない政治勢力についての事例や日本への言及は興味深く、「デモクラシーという上品なパーティに飛び込んできた招かれざる泥酔客」という比喩もなかなか面白い。
■ 母方の祖父、岸信介との因縁はともかく、安倍首相には父系の祖父に安倍寛という政治家がいた。村民の敬愛の念は強く、戦時中、大政翼賛会に加わらず無所属から立候補した劣勢の寛を草の根的に当選させたりした。寛は反戦を貫く硬骨の政治家として活躍するが、惜しくも戦後初の総選挙目前で亡くなっている。
青木理『安倍三代』朝日新聞出版、1728円)は村民や同級生たちへの丹念なインタビューをもとに三代の政治家を探っている。右寄りと見られた晋太郎が意外にリベラルでバランス感覚にあふれていたこと、成蹊小から成蹊大までの晋三が凡庸で目立ったところもなく政治に対する感度もほぼゼロだったことが明らかにされる。それがなぜ一強と言われる存在になったのか。日本の政界はその程度なのか、本人が劇的に変化したのか。ただし孫は父と祖父にはなぜかほとんど言及しない…。力作である。 続きを読む »

編集後記2017年3月号

【編集後記】 お金を払って物を買い、物を売ってお金を受け取るという行為はそれぞれが等価交換です。売るものより買うものが多かったから自分は損をしたと考えるのは単純な算数すらできない愚か者でしょう。こんな人が米国の一流大学の卒業生だというのだから驚きです。そして自分の兄をなんの法的な根拠もなく、ただ存在が気に食わないからと言って抹殺する国家指導者が存在することも信じがたいことです。われわれは愚か者と狂人との核のゲームを見守るしかないのでしょうか。
次号は、上原良子氏「ヨーロッパ統合が目指してきたもの」、田中素香氏「英国のEU離脱とEUの将来」、福田耕治氏「英国EU離脱決定後の欧州政治とEU統合の行方」、辺真一氏「波乱の朝鮮半島情勢」、小峰隆夫氏「2017年日本経済の展望と課題」、久坂部羊氏「元医師だった父の上手な平穏死」を掲載予定です。

経済倶楽部講演録2017年3月号   No.817

2017年3月号目次
トランプのアメリカ-2017年の国際情勢
東京大学大学院教授                 藤 原 帰 一

トランポノミクスは世界を救うのか?-トランプ時代の世界経済と日本経済の行方
早稲田大学政経学部教授         若田部 昌澄

欧州懐疑派の台頭に揺れるEUの2017年展望
慶應義塾大学法科大学院教授 庄 司 克 宏

トランプ時代と日本
福山大学客員教授                       田 中 秀 征
〔談話室〕            「公僕」は死語になったのか     柴生田晴四
〔会員の広場〕     津波は、波にして波にあらず   小長井 孝
経済倶楽部便り
読 書 通 信(No.145)
バックナンバーのご案内/編集後記

読書通信2017年2月号

■ 宇沢弘文先生には7~8年前、経済倶楽部で年初に2度、講演していただいたが、80歳を超えてかくしゃく、奔放な話しぶりが印象的だった。亡くなられて2年余、残された2000本の論文の中から選び抜いて生まれたのが宇沢弘文『宇沢弘文傑作論文全ファイル』東洋経済新報社、4860円)である。著者が切り開いた社会的共通資本に関連する論文が多数収録されているが、個別テーマとしては環境、医療、教育、農業という柱が注目点だ。執筆当時の現状批判と理想像の提示が今なお新鮮で十二分に通用する点、本書の価値は極めて高い。
通奏低音として流れるのは市場原理主義的な思考や政策への強烈な批判であり、シカゴ大学時代のエピソードなどまたしても引き込まれた。宇沢経済学の特徴を一言で言えば、時代を先取りした問題提起と、弱者への温かい視点ということになろうか。420ページに及ぶ大著だが、倦むことなく通読し、今後は書棚の特等席に置いて折にふれて読み返したいと思った。 続きを読む »

編集後記2017年2月号

【編集後記】 豊洲新市場の地下水から9回目の最終調査で国の基準値を大幅に上回る有害物質が検出されました。今回の調査は入札で選ばれたこれまでとは異なる調査機関が行いました。なぜこれまでとは大幅にことなる結果が出たのか。諸説紛々ですが、これから何度調査しても今回の結果を消すことはできません。こうした状況に陥る将来のリスクを否定できないのです。地下水が基準値を超えたからといって地上で取引される生鮮品に危険が及ぶわけではないといった専門家の発言がありますが、まさに噴飯ものです。地下水が汚染されていれば気化した有毒ガスが地上に上がってくる。それを防ぐために盛り土をするということではなかったのか。そしてその盛り土は存在しないのです。この計画は白紙に戻すしかないでしょう。
 次号は、藤原帰一氏「トランプのアメリカ」、若田部昌澄氏「トランポノミクスとは何か」、庄司克宏氏「欧州懐疑派の台頭に揺れるEUの2017年」、田中秀征氏「トランプ大統領と日本」を掲載予定です。

経済倶楽部講演録2017年2月号 No.816

2017年2月号目次

2017年の世界と日本
青山学院大学特別招聘教授       榊 原 英 資
戦後日本の国際協力と日本の課題
東京大学東洋文化研究所教授 田 中 明 彦
2017年日本経済の展望
三菱UFJモルガン・スタンレー証券景気循環研究所長
嶋 中 雄 二
〔談話室〕    「片付け」という病         柴生田 晴四
〔会員の広場〕   カンボジア支援の旅   田川 修司

経済倶楽部便り
読 書 通 信(No.144)
バックナンバーのご案内/編集後記

読書通信2017年1月号

■ 年頭に当たり、昨年1~12月号で紹介した48冊の中からベストテンを選んでみた。ジャンルが片寄らないように心掛けたのと、知的な面白さを優先した点、ご了承いただきたい。知的という以上、当方の知的レベルが問われる点で忸怩たるものがあるけれど、もしお読みでない本があれば、バックナンバーでご確認を。
馬場錬成『大村智物語』(2)、上野千鶴子『おひとりさまの最後』(4)、中路啓太『ロンドン狂爛』(5)、樋口陽一・小林節『憲法改正』(6)、菅野完『日本会議の研究』(7)、福嶋聡『書店と民主主義』(9)、楊海英『逆転の大中国史』(10)、神奈川新聞『ヘイトデモをとめた街』(11)、竹村公太郎『水力発電が日本を救う』(11)、橋本明『知られざる天皇明仁』(12) (カッコ内は月号)
日本会議では青木理『日本会議の正体』(9)も加えておくのが公平だろう。ノンフィクションでのベストは『ロンドン狂爛』、エンタメならベストテンには加えなかったが立川談春『赤めだか』(2)が抱腹絶倒の「傑作」である。
続きを読む »